より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】アップル最高値更新! iPhone11が好調!

投稿日:

 

 

 

米アップルの株価が史上最高値を更新しました。

 

アップルは2018年にいわゆる「アップルショック」で株価を大きく下げていました。

 

その後、徐々に株価を戻してきていましたが、米中関係が不安定なこともあり、上下をくり返していた印象です。

 

今回、米中通商交渉が部分的にでも合意に至ると思われるということが好感されたのか、株価が一気に伸びていきました。

 

アップルは利益の3割ほどを中国で稼いでおり、生産においても中国に依存している面があるので、両国の関係は非常に重要な意味をもちます。

 

 

アップル5年チャート

アップル5年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

 

2018年後半に大きく下落していたこともありますが、年初来のリターンが40%を大きく超えており、ダウ構成銘柄の中でも上昇率がトップです。

 

アップル株といえば、世界一の投資家であるウォーレンバフェットの主力銘柄でもあります。

 

ポートフォリオの約3割を占めているようなので、バフェットの資産額も大きく伸びたことでしょう。

 

アップルの時価総額は1兆ドルを再び超え、トップのマイクロソフトに迫っています。

 

 

 

 

アップルは、先日、新型iPhoneの発売を行ったところです。

 

この新たに発売された3機種の売上は好調のようです。

 

2019年末までの生産台数を1割程度増やす予定です。

 

確かに、iPhone11の広告はよく見かけますね。

 

iPhone11の好調さが、株価の上昇を後押ししていると言えるでしょう。

 

さらに、動画配信サービスを始めるため、個々の部分でも注目を集めています。

 

動画サービスは、ネットフリックス、アマゾンをはじめとして強力なライバルがいますが、アップルは月額4.99ドルという安さがひとつの売りとなっています。

 

動画サービスも順調にいくのならば一段と株価が高くなることもあるかもしれません。

 

 

私自身としては、2018年後半のアップルショックで大きく株価が下がったあとでアップルに投資したので、そこそこタイミング的には良かったのかもしれません。

 

しかし、短期的な株価の上昇で浮かれているようではダメで、今後も長期的に保有できたらと思っています。

 

長期投資家は、株価の短期的な動きに一喜一憂せず、着実にやるべきことをやっていくことが大事です。

 

アップルは配当が1%代ですが、今後どんどんと配当が増えていくことを楽しみにしておきましょう。

 

今回は以上です。

 

 

 

アミ
こちらの記事もどうぞ↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

 

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者10800を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.