より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

米中第一段階合意!ダウは29000ドルへ!

更新日:

 

 

 

米中両国は、貿易交渉の第1段階合意に署名しました。

 

一部関税措置取り下げの他、中国がアメリカがからモノとサービスの輸入を拡大させることなどが盛り込まれました。

 

・アメリカは中国に対する関税を引き下げる。(15%→7.5%へ)

・中国は2年間で2000億ドルのモノ・サービスをアメリカから追加で購入する。

・アメリカ企業から中国企業への技術移転の強要を禁止

・中国の金融サービス解放を進める。

など

 

 

2年間で2000億ドルについては、今まで輸入していたところに追加するということです。

 

工業製品(777億ドル)、エネルギー(524億ドル)、サービス(379億ドル)、農産物(320億ドル)で、合計2000億ドル(約22兆円)です。

 

中国にとってはかなり大きな規模になります。

 

金融サービスの解放についても、大きな影響があるかもしれません。

 

中国でキャッシュレス化が進んでいることは有名ですが、カード市場の規模は間もなく世界トップになると言われています。

 

カード会社はもちろんのこと、それに準じる企業にとっても市場が大きく拡大することになるかもしれません。

 

 

一方、米国の関税については第2段階の合意に達したら解除するとのことです。

 

第2段階は、第1段階合意の内容が実践されていることを確認してから順次進めていくとみられています。

 

 

 

 

米中の第1段階の合意を受けてダウは29000ドルを突破しました。

 

ダウ1年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

 

長きにわたって市場を心配させ続けてきた米中問題ですがとりあえず、進展をみせました。

 

しかし、合意内容が適切に実行されていかなければ、それに対する対抗措置も考えられます。

 

第2段階まですんなりといくのかどうかは、まだわからない部分があります。

 

米中間の駆け引きはまだまだ続きそうです。

 

自分はそれでもこれまで通り積み上げていくだけです。

 

今回は以上です。

 

 

 

以下の記事も参考に↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

『インデックス投資は勝者のゲーム』を紹介!【S&P500に投資して永久保有】)

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者27000を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.