より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【長期投資】米国株の為替リスクはどうなのか?

投稿日:

 

 

 

米国株投資を行う上で為替リスクが気になるという人もいると思います。

 

例えば、為替が1ドル=110円のときに、1万ドル(110万円)分の米国株を買ったとします。

 

その後、株価はそのままで、為替が1ドル=100円になったとすると、株の円での評価額は100万円になってしまいます。

 

このように、株価は下がっていないのに、為替の変動によって評価額が下がることがあるわけです。

 

これが為替リスクです。

 

逆に言うと、株価が変わらず、円安(1ドル=110円→1ドル=120円など)になれば円での評価額は上がります。

リスクとリターンは裏返し、一方的にリスクがあるわけではない。

 

 

自分自身は米国株の長期投資において、あまり為替リスクを気にしていません。

 

理由は以下のようなものがあります。

 

・円の価値が減少していく可能性

・米国株のリターンが優れている

・日本株に為替リスクがないわけではない

 

順番に見ていきます。

 

 

円の価値が減少していく可能性

 

ドル円はここ10年間、1ドル80円~120円で推移しています。

 

出所:ヤフーファイナンス

 

 

およそ20年程この範囲で推移しており、今後もこの傾向が続くと考えらえます。

 

 

米国の平均インフレ率は2%です。

 

一方で日本の場合、近年はほとんどインフレしていません。

 

インフレになるほど通貨の価値が減少することを考えれば、円で保有していた方が有利に思えます。

 

しかし、円はドルに対して強くなっているわけではありません。

 

ドルがインフレで2%弱くなったのに対して、2%円が為替で強くなっているのなら同価値です。

 

しかし、現在の状況を見ると円が強くなっている(円高になっている)わけではありません。

 

例えば、1ドル=100円で、アメリカのインフレでドルの価値が2%下がったとします。

 

しかし、為替で円が強くならず、1ドル=100円のままなら実質的に円の価値も下がっていることになります。

 

価値の下がったドルとそのままのレートで交換できるわけですからそうなりますね。

 

 

このように円の価値が実質的に下がっていくことが考えられるので、自分はむしろ「ドルベースの資産をもつことによって為替分散できる」くらいに考えています。

 

日本の一人当たりGDPも賃金上昇率もそれほど上がっていないことを考えると、安定的なリターンが期待できる資産運用の必要性を改めて感じます。

 

 

米国株のリターンが優れている

 

 

 

次の理由としては米国株のリターンが優れているということがあります。

 

為替リスクを考慮しても、投資する価値があるなら投資したほうがいいでしょう。

 

 

米国株の過去100年間の名目リターンは約10%です。

インフレを考慮した実質リターンは約6~7%です。

 

これだけみても十分優秀な数字なのがわかります。

 

米国株に広く分散したインデックスに長期投資していれば、これだけのリターンが期待できるのですから、為替リスクを考慮しても投資します。

 

そして繰り返しですが、為替リスクは一方的なリスクではなく、円安になって円ベースでプラスに働くこともあります。

(実際、直近10年は円安の影響でプラスに働いている。)

 

 

米国は世界経済の中心であり、株式の中心も米国株です。

 

イノベーションが起こるのも大体アメリカからです。

 

人口減少もしばらくなく、経済成長が続くと考えられます。

 

実際、株価も現在高値を更新中なわけです。

 

 

日本株に為替リスクがないわけではない

 

 

 

米国株には為替リスクがあると言われますが、日本株にも為替リスクがあります。

 

ご存知の通り、日本の大企業の多くにとって円高になると業績が圧迫される原因になります。

 

そのため日本株が上昇するには円安がいいと言われていますが、この時点で為替リスクがあることがわかりますね。

 

日本の時価総額1位はトヨタ自動車ですが、トヨタの利益は1ドル110円から1ドル=111円と、1円円安にになるだけで利益が400億円以上上がるそうです。

完全に為替の影響を受けています。

 

トヨタは多国籍企業として有名ですが、大企業はグローバルに活動する企業が多いです。

 

そのため企業の売り上げはドルだったりユーロだったりします。

ここでも為替の影響を受けます。

 

グローバル社会において、投資をするなら為替リスクは避けられない面があるといえます。

 

 

まとめ

 

 

今回は米国株の長期投資において、自分があまり為替リスクを気にしていないということについて書きました。

 

理由は以下の3つ。

 

・円の価値が減少していく可能性

・米国株のリターンが優れている

・日本株に為替リスクがないわけではない

 

 

 

ということで、今後も米国インデックスを中心とした積み立てをコツコツ継続していきます。

 

今回は以上です。

 

 

 

以下の記事も参考に↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

『インデックス投資は勝者のゲーム』を紹介!【S&P500に投資して永久保有】)

 

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者22400を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.