より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】おすすめ銘柄10選!【バフェット銘柄含む。2019年3月版】

更新日:

 

 

 

今回は米国株のおすすめ銘柄10選を紹介します。

 

配当を重視した長期投資を前提とします。(長期投資で着実に資産を増やすことをおすすめします。)

 

おすすめの銘柄は、以下のポイントを踏まえて選びました。

 

 

評価のポイント

①持続的な配当が期待できること

②EPS成長率が市場平均を上回っていること

 

①については、長期投資においてリターンを大きくしたい場合、配当がもっとも大事だということで考慮しています。配当利回りが高いだけでなく、今後もずっと配当が期待できるかが大切です。そのため、連続増配銘柄やバフェット銘柄などの実績のあるものから選んでいます。

 

②については、持続的な配当をもらいながらも、着実な株価の成長も期待したいということで、過去5年のEPS成長率が市場平均を上回っているものから選びました。

(過去5年のEPS成長率の市場平均(S&P500)は、5.76%です。)

 

 

銘柄選びの参考にしてください。

 

 

ヒロヤス
紹介するおすすめ10選はこちら。↓

 

 

米国株長期投資おすすめ銘柄10選

ベライゾン

AT&T

インテル

アッヴィ

マクドナルド

アップル

バンクオブアメリカ

バンクオブニューヨークメロン

アルトリア

アメリカンエキスプレス

 

 

それでは個別に見ていきましょう!
シン

 

 

 

 

ベライゾン

 

ベライゾン・コミュニケーションズは、世界最大級の通信サービス企業です。次に紹介するAT&Tと2強です。

 

配当利回り・・・4.12%

EPS成長率(過去5年平均)・・・9.21%

 

PER  (TTM)・・・11.59倍

 

配当利回りは4.12%で高いです。毎年増配もしています。

PERも低く、割安感がありますね。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

過去5年間、良く言えば非常に安定していますね。

 

 

 

AT&T

 

AT&Tは、世界最大級の通信サービス企業です。米国でベライゾンと2強です。

 

配当利回り・・・6.65%

EPS成長率(過去5年平均)・・・19.08%

 

PER  (TTM)・・・9.25倍

 

高配当株として有名です。連続増配も長く、配当貴族でもあります。

PERがとても低く、割安感がありますね。

ただPERの低さは裏を返すと、期待の低さの表れでもあります。

AT&Tは特に負債の面が気になるところです。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

株価はここ数年、下がっていますね。

配当利回りの高さが株価を下げるブレーキとして働くかもしれません。

 

 

 

インテル

 

インテルは米国の半導体メーカーの大手企業です。

 

配当利回り・・・2.32%

EPS成長率(過去5年平均)・・・13.84%

 

PER (TTM)・・・12.09倍

 

 

配当利回りは平均よりやや高いです。今後も安定的な配当は期待できそうです。

PERが低く、割安感があります。

さらなる成長に期待したいところです。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

株価はここ最近、上がってきていますね。

 

 

 

アッヴィ

 

アッヴィは、米国の大手バイオ製薬会社です。

 

配当利回り・・・5.26%

EPS成長率(過去5年平均)・・・27.01%

 

PER (TTM)・・・11.22倍

 

配当利回りはとても高いです。配当ねらいとしては魅力的な利回りです。

PERも低いです。

過去5年で見るとEPS成長率も高いです。今後の推移にも注目しておきたいところです。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

株価は最近、下がってきていますね。投資するならタイミングよくしたいところです。

 

 

 

マクドナルド

 

マクドナルドは世界最大の外食チェーンです。

 

配当利回り・・・2.50%

EPS成長率(過去5年平均)・・・9.42%

PER (TTM)・・・24.96倍

 

配当利回りは平均よりも高く、まずまずです。連続増配の配当貴族でもありますね。

PERは平均よりも高いです。ただし、これくらいなら許容範囲だと思います。

国際的なブランドをもっているのがマクドナルドの強みです。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

株価はここ数年、じりじりと上げてきていますね。

 

 

 

アップル

 

アップルは米国の巨大IT企業です。

 

配当利回り・・・1.57%

EPS成長率(過去5年平均)・・・13.09%

 

PER (TTM)・・・15.32倍

 

 

配当利回りは平均並みです。しかし、収益性は高く、持続的な配当が期待できそうです。

PERも低めです。

また、アップルも世界的なブランドをもっているのが強みです。

バフェットの主力銘柄でもあります。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

2018年末の「アップルショック」で株価を大きく下げましたが、全体的にみて順調な推移と言っていいと思います。

 

 

 

バンクオブアメリカ

 

バンク・オブ・アメリカは、米国の巨大銀行です。

 

配当利回り・・・2.05%

EPS成長率(過去5年平均)・・・48.95%

 

PER (TTM)・・・10.99倍

 

 

配当利回りは平均よりやや高いです。

PERは低く、割安感があります。

過去5年でみると、EPS成長率はすごく高いです。今後の推移にも注目しておきましょう。

バフェットの主力銘柄でもあります。バフェットのポートフォリオでも比率を高めました。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

株価は5年チャートで見た場合、上がっていると言えますね。

 

 

 

バンクオブニューヨークメロン

 

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは、投資信託などを主力として扱う金融機関です。

 

配当利回り・・・2.11%

EPS成長率(過去5年平均)・・・13.34%

 

PER (TTM)・・・12.70倍

 

 

配当利回りは平均よりやや高いです。

PERは低く、割安感があります。

過去5年のEPS成長率は市場平均を大きく上回っています。

バフェット銘柄です。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

株価は最近、下げていますが、長期で見ると上がっています。

 

 

 

アルトリア

 

アルトリアは、「マールボロ」などで有名な、大手タバコ企業です。

 

配当利回り・・・5.64%

EPS成長率(過去5年平均)・・・7.58%

 

PER (TTM)・・・14.24倍

 

 

配当利回りは5%を超えていて、高配当です。連続増配の実績もあります。

PERは市場平均と比べても低いです。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

株価は、最近で見るとやや下がってきていますね。

 

 

 

アメリカンエキスプレス

 

アメリカン・エキスプレスは、米国の世界的に有名なクレジットカード会社です。

 

配当利回り・・・1.37%

EPS成長率(過去5年平均)・・・7.28%

 

PER (TTM)・・・13.38倍

 

 

配当利回りは市場平均をやや下回る程度ですが、連続増配の実績があります。

PERは市場平均と比べても低いです。

バフェット銘柄でもあります。

 

株価の動きはこのようになっています。↓

出所:ヤフーファイナンス

 

株価は、ここ数年上がってきています。

 

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

米国株長期投資のおすすめ銘柄は↓

ベライゾン

AT&T

インテル

アッヴィ

マクドナルド

アップル

バンクオブアメリカ

バンクオブニューヨークメロン

アルトリア

アメリカンエキスプレス

 

米国株長期投資で着実にリターンを増やしていきたい方は参考にしてみてください!

 

 

ヒロヤス
配当は再投資しましょう!

 

最新情報のチェックもお忘れなく!
シン

 

 

米国株投資に関してはこちらも参考にどうぞ。↓

バフェットが投資している株の特徴【高リターンの秘密はEPS成長率】

米国株・ポートフォリオの組み方【具体例を示します】【初心者も必見】

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

↓こちらもどうぞ。

 

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.