より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】バークシャー・ハサウェイ株を紹介!1株3300万円以上する株!

更新日:

 

 

 

今回はバークシャーハサウェイを紹介します。

 

2019年6月25日時点の株価は、312700ドルです。

1株3300万円以上します。

 

アミ
え?やば!

 

バークシャー・ハサウェイはウォーレン・バフェットが会長を務める米国の投資会社です。

 

「バフェットが何に投資しているか。」つまり、「バークシャーはどこに投資しているか。」は、よく注目されます。

 

しかし、バークシャーハサウェイの株を買ったという話はそれ程聞かないのではないでしょうか。

 

バークシャー・ハサウェイ株について学習してみましょう。

 

バークシャーハサウェイ

 

ウォーレン・バフェット(出所:Wikipedia)

 

バークシャー・ハサウェイはアメリカの投資会社です。

 

CEOは世界一の投資家と言われるウォーレンバフェットです。

バフェットは筆頭株主でもあります。

バフェットと言えば、世界トップレベルの大富豪ですが、その資産のほとんどはバークシャーの株です。

 

(こちらも→世界の富豪ベスト5を紹介!その資産額は?

 

バークシャーハサウェイは、もともとホレイショ・ハサウェイという人によって創設された繊維業を営む企業でした。

 

それがバフェットによって1960年代に買収されたわけです。

 

以後は投資業を拡大し、現在は金融や保険事業を行う企業を傘下に持つ巨大企業になっています。

 

アミ
もとは別の人がつくった全然違う業種の会社だったんだ。

 

株価(BRK-A)

 

2019年6月25日現在、バークシャーハサウェイ(BRK-A)の株価は312700ドルです。

 

1ドル=110円とすると、34,397,000円です。

 

バークシャーハサウェイ(BRK-A)株価

バークシャーハサウェイ(BRK-A)株価(出所:ヤフーファイナンス)

 

上は10年チャートです。

 

2010年に100000ドルだった株価が、現在300000ドル以上になっているということですね。

 

配当は出ていません。

 

確か1度だけ配当を出したことがあるのですが、それ以外は配当を出さずにバークシャーによって再投資されているわけです。

 

アミ
それにしても、1株3400万円以上って、一般市民には話になりませんわ~。

 

シン
そこで、もう1種類の株式が発行されているのです。

 

バークシャーハサウェイは2種類の株式を発行しています。

 

BRK-AとBRK-Bです。

Aランク株とBランク株があるというイメージです。

 

バークシャー・ハサウェイの株式は値嵩株で、株式を買いたくても買えない人がたくさんいました。

(値嵩株とは、株価がとても高い株のことです。日本株でいうとファーストリテイリング(ユニクロ)などが代表的なものになるでしょうか。)

 

バフェットが経営権を握って以降、株価も順調に上昇していきました。

 

しかし、バークシャー・ハサウェイは高値でも株式分割をしませんでした。

 

その理由は、投機の防止と長期保有できるグレードの高い投資家にだけ保有して欲しかったという理由のようです。

 

しかし、株価が高すぎて一般の個人投資家が保有できないことや投資信託をつくろうとする動きが出たことなどによって、B種株式を発行することになったようです。

 

株価(BRK-B)

 

バークシャーハサウェイ(BRK-B)の株価は208ドルです。

 

バークシャーハサウェイ(BRK-B)株価

バークシャーハサウェイ(BRK-B)株価(出所:ヤフーファイナンス)

 

こちらのBRK-Bは日本でも投資ができます。

 

アミ
この株価なら、なんとかなりそう。

 

BRK-Bの発行価格はBRK-Aの1500分の1で、BRK-BはBRK-Aの議決権の10000分の1の議決権が与えられているということです。

 

 

 

 

 

投資実績

 

気になるバークシャーハサウェイの投資実績ですが、圧倒的な数字です。

 

バフェットが1965年にバークシャー・ハサウェイの経営権を握ってから2014年現在までの約49年間に、バークシャー・ハサウェイの株価は約183万%上昇しているそうです。

 

アミ
え?183万%?

 

株価が約18300倍になっている計算です。

 

これは複利計算で年率で22%以上の増加が49年間連続して続いているのと同じ上昇率です。

 

圧倒的な実績であって、世界一の投資家と言われる所以です。

 

ちなみに、同じ期間のS&P 500の上昇率が約11,200%です。

(112倍の上昇)

 

多くの投資家がS&P500の成績を上回ることができないわけですが、そのS&P500を圧倒する成績です。

 

シン
すごすぎですね。

 

バフェットの投資理念はシンプルで、「価値のある企業を安く買う」というのが基本になっています。

 

まとめ

 

まとめです。

 

・バークシャーの株式は2種類ある。

・A株はB株の1500倍の株価

・バークシャーの株価は49年間で18300倍

・配当は出ていない。

・S&P500を上回る成長実績を出し続けてきた。

 

私自身は、高配当株を中心に投資しているわけですが、こういう株もあるわけです。

 

グロース株として、保有していてもいいのかもしれませんね。

 

今回は以上です。

 

 

こちらの記事も参考に↓

【米国株】高配当投資の方法 連続増配株をひたすら買う!

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者000人を超えました!ありがとうございます!)

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.