より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】シスコ・システムズを紹介!安定配当の米国株!

投稿日:

 

今回は米国株、シスコシステムズを紹介します。

安定配当株として有名です。

 

「高配当ETF」で人気のVYMにも上位で組み込まれている優良銘柄です。

(こちら参考に↓)

【米国株・ETF】VYMを紹介!みんな大好き高配当ETF!

 

アミ
人気ETFに上位で組み込まれているっていうのはそれだけ魅力があるってことね。

 

シン
それではシスコシステムズについて以下で具体的に見ていきましょう。

 

 

シスコシステムズ

 

 

シスコシステムズは、米国のコンピュータネットワーク機器開発会社です。

設立は1984年です。

 

IPベースのネットワーク製品やそれに関連する通信製品を世界的に展開しています。

IP(インターネットプロトコル)とは、コンピュータ同士を通信可能にするためのシステムです。

 

また、シスコシステムズのITプロフェッショナル認定制度や教育サービスも提供しており、他のサービス提供事業と相乗効果が出ています。

 

セキュリティ対策のサービス面でも強みを持っています。

 

総じて世界トップの通信機器メーカーと言えます。

(会社の時価総額はトヨタの約1.1倍)

 

アミ
インターネット関連の道具をつくってる企業ってことね。

 

シン
あと様々なサービスも提供しているよ。

 

株価

 

シスコシステムズの株価は2019年8月1日現在で、約55.3ドルです。

 

シスコシステムズ10年チャート

シスコシステムズ10年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

10年間のチャートで見ると、しっかりと成長しています。

特に2017年あたりからの伸びは順調です。

 

PERは約20.6倍です。

 

近年の業績は以下のようになっています。

 

シスコシステムズ業績

出所:日経平均株価AI

 

近年の売上高は横ばいです。

営業利益率が高い傾向があり、効率的なビジネスができていると言えそうです。

 

今後は映像配信などのクラウド分野にも力を入れていくともいわれています。

この分野で業績を伸ばせれば、会社としてもさらに成長するでしょう。

ただクラウド分野は強力なライバルが多いです。

 

シン
次に配当について見てみましょう。

 

 

配当

 

現在の1株当たりの年間配当は1.4ドルです。

配当利回りは約2.48%です。

 

1株当たり配当金
2019 1.4ドル
2018 1.24ドル
2017 1.10ドル

 

連続増配は8年になります。

 

近年は増配率も10%以上を維持し続けています。

この増配率はとても魅力的に見えます。

 

配当性向も近年は40~50%代で推移しており、増配の余力はあると思います。

 

現在の配当利回りはそれ程高いとは言えないかもしれませんが、今後の伸びは大いに期待できそうです。

 

シン
さすが、VYMに上位で組み込まれているだけありますね。

 

 

リターン

 

年初来リターンは約27.8%です。

 

シスコシステムズ1年チャート

シスコシステムズ1年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

1年のトータルリターンでみると約33.8%です。

 

2018年後半の下落から回復し、その後も株価を伸ばしています。

 

先ほども言った通り高い増配率を維持していることもあって配当の伸びも期待できますし、状況によっては株価の伸びも期待できる銘柄かもしれません。

 

シン
今後の活動にも注目ですね。

 

まとめ↓

 

今回は以上です。

 

アミ
こちらの記事も参考に↓

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【米国株・ETF】VTIを紹介!ETFの代表的存在!楽天VTIでもおなじみ!

【米国株・ETF】QQQを紹介!世界最強の企業たちへ手軽に分散投資できる!

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者00人を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしていますので、フォローもお気軽にどうぞ!

 

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.