より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株・高配当】AT&Tを紹介!配当利回り6%以上!

投稿日:

 

 

高配当米国株で有名なAT&Tを紹介します。

 

インカムゲインねらいがメインとなりそうな銘柄です。

 

シン
それでは具体的に見ていきましょう。

 

AT&T

 

AT&Tは、米国の大手通信企業です。

有名な発明家であるグラハム・ベルのベル電話会社が前身です。

 

同じく通信大手のベライゾンコミュニケーションズと米国内では2強になっています。

2018年に、タイムワーナー(アメリカの大手メディア・エンターテイメント企業)を買収するという大型の投資をしています。

成長戦略による投資です。ただ、これもあって大きな負債があります。

 

アミ
ベルさんって知ってる!そんなところまでつながりがあるのね。

 

シン
今後も財政状況は注目しておきたいところですね。

 

株価

 

AT&Tの株価は2019年6月11日現在で、32.11ドルです。

30ドルを切っていく場面もありましたが、少し戻してきています。

 

AT&Tチャート

AT&T5年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

PERは10.27倍で、これだけ見る限り割安な水準といえそうです。

 

株価の上昇に期待するというよりは、長期投資でインカムゲインをねらうことがメインとなりそうです。

 

私自身も保有している銘柄ですが、配当をひたすらもらいたいと思っています。

 

シン
次に配当を見てみましょう。

 

配当

 

1株当たりの配当は0.51ドルで、配当利回りは、約6.3%です。

連続増配は35年です。

 

配当を維持し続ける限り、とても魅力的な数字ではあります。

 

1株当たり配当金
2019 0.51ドル
2018 0.50ドル
2017 0.49ドル
2016 0.48ドル
2015 0.47ドル

 

アミ
高配当ですね!

 

先ほども書きましたが、注意しておきたいのがAT&Tのかかえている負債です。

その額は約20兆円です。

 

今後も安定的に配当が期待できるかが重要なポイントなので、ここが気がかりなところでしょう。

通常、利回りの高さは、それに準じるリスクがあるのです。

 

年初来リターン

 

年初来リターンは約12.5%です。

 

一時30ドルを切っていた株価が、戻ってきたことが大きいです。

 

AT&T1年チャート

AT&T1年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

当たり前のことですが、できるだけ安く買うことが重要ですね。

 

そこを逃さないことがけっこう難しいことです。

 

シン
一時、26ドル代まで下がっていました。

 

 


 

今回は以上です。

 

 

 

こちらの記事も参考に↓

【米国株】AT&Tとベライゾンも追加投資!

 

【米国株】高配当投資の方法 連続増配株をひたすら買う!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者000人を超えました!ありがとうございます!)

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.