より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株・高配当】ベライゾンを紹介!配当利回り4%の連続増配銘柄!

投稿日:

 

 

前回の記事で高配当米国株で有名なAT&Tを紹介しました。

(こちら→AT&Tを紹介!配当利回り6%以上!

 

今回はAT&Tのライバル企業であるベライゾン・コミュニケーションズを紹介します!

 

こちらも高配当の連続増配銘柄です。

 

シン
それでは見ていきましょう。

 

ベライゾン

 

ベライゾン・コミュニケーションズは米国の通信大手企業です。

米国ではAT&Tと2強で、世界最大級の規模を誇ります。

 

2015年にはネット大手のAOLを買収し、2017年には米ヤフーのネット事業を買収しました。

ネット事業で力をつけたいのが伝わってきます。

 

2018年には家庭用5Gサービスを開始しています。

 

シン
5Gは2019年以降、本格化していく予定です。

 

アミ
日本でも進められているのよね。

 

 

株価

 

ベライゾンの株価は2019年6月15日現在で、58.28ドルです。

 

ここ数年50ドル前後で推移してきましたが、最近少し上昇しています。

 

ベライゾン5年チャート

ベライゾン5年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

ぱっと見、横ばいという感じですね。

 

ただ、配当利回りを考えても、緩やかにでも上昇を続けられるようなら、十分なリターンになりそうです。

 

PERは11.51倍で、これだけ見る限り割安な水準といえそうです。

 

ベライゾンは、私自身も保有している銘柄です。

こちらも配当をもらい続けますが、株価が上昇するならそれもそれでよしです。

 

シン
やはり配当ねらいがメインになりそう。

 

配当

 

1株当たりの配当(年4回)は0.6025ドルで、配当利回りは約4.14%です。

連続増配は14年です。

 

4%程の配当が維持されているなら悪くはないと思います。

もしくは、株価の上昇によって3%代になっても悪くはありません。

 

1株当たり配当金
2018 2.38ドル
2017 2.33ドル
2016 2.29ドル
2015 2.23ドル
2014 2.16ドル

 

アミ
少しずつ増えていますね。

 

今後も、持続的に配当が続けばいいです。

配当性向は以下のようになっています。

 

配当性向
2018 63.3%
2017 31.7%
2016 71.3%
2015 51.0
2014 89.3

 

年によって変化がありますが、業績をみると売上高の予想も下がっていませんので、増配を継続してくれるのではと思います。

 

年初来リターン

 

年初来リターンは約3.66%です。

 

ベライゾン1年チャート

ベライゾン1年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

1月から見ると、下げ・上げをくり返して横ばいくらいということです。

 

このような動きをずっと繰り返していても、安定して配当が入ってくるならよしという感じで投資することになると思います。

やはり安く買うということがとりわけ重要です。

個人的には、大きく下がることがあるなら追加投資を考えたいです。

 

シン
それでも50ドル前後から、60ドル近辺まで来ています。

 

 

こちらの記事も参考に↓

【米国株】AT&Tとベライゾンも追加投資!

 

【米国株】高配当投資の方法 連続増配株をひたすら買う!

 

【配当金生活】配当利回り4%になるポートフォリオ

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者000人を超えました!ありがとうございます!)

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.