より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

米国・連続増配株へ投資する3つのメリット

更新日:

 

 

 

 

長期投資をするなら、米国の連続増配株への投資は優れています。短い期間で大金を稼ぎたいという人以外には、ほとんどの人におすすめできる投資方法です。

 

この記事では、米国・連続増配株への投資のメリットについて解説します。

 

 

アミ
お父さんは、米国の連続増配株に投資を始めたのよね。

 

うん。メリットが大きいからね。
ヒロヤス

 

アミ
どんなメリットがあるの?

 

下の3つかな。↓
ヒロヤス

 

 

米国・連続増配株への投資のメリット

①配当で安定的な不労所得がつくれる

②比較的、暴落に強い

③暴落しても、あまり関係ないと思える

 

 

アミ
どういうことか、くわしく教えて!

 

偉そうに教えるのは気が引けるけど、アミならいいか。
ヒロヤス

 

 

 

米国・連続増配株への投資 3つのメリット

 

それでは①~③について、順番に解説していきます。

 

 

①配当で安定的な不労所得がつくれる

 

「ふつうの人は給料に焦点を当てる。一方、お金持ちは不労所得に焦点を当てる。」といわれます。

配当は、まさに不労所得です。

 

不労所得が増えれば、それだけ収入も増えます。不労所得が生活費を上回れば、働く必要もありません。

 

実際、米国株投資で早期リタイアをめざしている方も多くいます。早く始めた分だけ、有利になりますね。

 

早期リタイアとはいかないまでも、安定的に給料をもらいながら、配当を増やし、全体の収入を飛躍的にアップしている人もたくさんいます。

よく言われることですが、自分が働いている間に、お金にも働いてもらうわけです。

 

 

配当はただの収入ではなく、不労所得!このことは意識しておきましょう!

 

 

アミ
不労所得って、あまり意識したことなかったわ。

 

お父さんの場合、定年が近いから早期リタイアはないけど、収入源を増やすことができる。
ヒロヤス

 

アミ
でも、なんで米国株なの?日本株じゃダメなの?

 

ダメとは言わないけど、実績からの判断かな。
ヒロヤス

 

 

配当ねらいの長期投資の場合、重要なポイントは、その企業が、今後もずっと配当を出し続けてくれるかどうかです。

 

現在の配当利回りも重要ですが、すぐに配当が出なくなってしまっては意味がありません。

 

では、どのような企業が今後も安定的に配当を出してくれるのでしょうか?

 

現在の業績が安定していることはもちろんですが、これまでの実績というのも評価のポイントになるでしょう。

これまで安定して配当を出し続けている企業は、今後の配当も期待できます。

 

米国企業には、何十年も増配をしている企業がたくさんあります。

有名なところで、例を挙げます。

 

企業名 連続増配年数
P&G 62
スリーエム 60
コカ・コーラ 56
ジョンソン・エンド・ジョンソン 56
マクドナルド 42

 

コカ・コーラやマクドナルドは、日本の子どもでも知っている企業ですよね。

これらの企業は、100年に一度の金融危機といわれたリーマンショックでも増配しているわけです。

 

連続増配している日本企業もありますが、その実績には差があります。ちなみに日本株の最長は、花王の29年です。(2018年現在)

 

 

こう見るとやはり、長期の配当をねらうなら、現在の業績も安定していて、すばらしい実績をもつ米国の連続増配株への投資が無難という結論になります。

 

しかも、増配が続いていけば、配当額は年々増えていくことになります。たとえ数%の増配率でも、それが何年も続けば大きな違いになってきます。

 

 

アミ
40~60年以上、配当を増やしているってすごいわね。

 

こういう銘柄なら今後も安定的な配当が期待できそうだよね。
ヒロヤス

 

 

 

②比較的、暴落に強い

 

株式投資をして一番心配なのは、株価が暴落することではないでしょうか。

 

株価の成長を見込んで買った株が、暴落に直面すると再起不能になるほどのダメージを受けることも考えられます。

 

しかし、米国・連続増配株は比較的、暴落に強いといえます。

業績が安定していて基盤が強い企業は、株価が下がりにくく、下がったとしても先に回復してきそうだということは感覚的にもわかると思います。

 

 

実際、リーマンショックのときも、連続増配株は強さを見せています。コカ・コーラの例で見てみましょう。

 

リーマンショックの時期において、S&P500は高値から約ー56%となりました。そして、暴落前の高値を更新するのに、約4年2か月かかりました。

 

一方、コカ・コーラは、同じ時期に高値から最大ー42%で、暴落前の高値を更新するのにかかったのは、約1年9か月でした。

 

この数字を比較すると、米国・連続増配株が比較的、暴落に強いということが言えそうです

 

 

 

アミ
コカ・コーラ株すごいわね!

 

お父さんも有力投資先として検討中だよ。
ヒロヤス

 

 

 

③暴落しても、あまり関係ないと思える

 

米国・連続増配株が暴落に強いということをみました。下落への耐久性も回復力も強めでしたね。

 

そして、さらにこの投資のいいところは、そもそも株価が下がってもそれほど気にならないということです。

 

なぜかというと、最初から、ねらいは配当だからです。株価が上がろうが下がろうが、配当が減らないなら関係ありません。毎年の不労所得の額に影響はありません。

 

これが、株価の成長が命の投資なら、話は別です。暴落したら、ほぼゲームオーバーです。

そもそも行っているゲームの種類が違うわけです。

 

もちろん、株価も下がらず、上がっていくことが理想です。配当金をもらいながら、株価の値上がりを待つということも可能です。

 

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン10年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

↑ ジョンソン・エンド・ジョンソンの株価の推移です。株価も順調に成長していますね。

 

 

アミ
「株価が下がっても、かんけーねー!」って言えたら気楽だね。

 

うん。だからお父さんには、短期トレードは向かないかな。
ヒロヤス

 

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

米国・連続増配株への投資のメリットは以下の3つ

①配当で安定的な不労所得がつくれる

②比較的、暴落に強い

③暴落しても、あまり関係ないと思える

 

暴落が怖くて、投資ができない人も選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

アミ
この先も、ずっと配当を出してくれるものを選ぶのが大事ね。

 

そう。あと、割安かどうかも検討しよう。
ヒロヤス

 

 

 

米国株の長期投資に関してはこれらの記事も参考にしてください。↓

高配当株に長期投資する! 父・米国株に挑む!連続増配戦術AT&T

米国株に投資すればいい。長期投資の答えは出ている。

長期投資が一番確実! ~株初心者必見の投資スタイル~

長期投資はプランがすべて!長期投資にプランが必須である3つの理由

 

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.