より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

暴落したらどうする?って投資する前に考えておくこと。

更新日:

 

 

 

暴落を恐れる人は多いですが、明確な投資方針がなく行き当たりばったりな投資をしていると特に不安になりやすいです。

 

長期的な視点に立ち明確な方針をもっていれば、いずれ大きな調整がくるであろうことは想定しているので夜も眠れないということはないでしょう。

 

特にまだ投資期間が長いのならなおさらです。

 

そもそも国際分散したインデックスを軸として永久保有する戦略ならば「どうしよう?」と悩むこともほとんどありません。

 

もとからずっと保有し続けるという方針のもとに、それにふさわしいもを買っているからです。

 

ただし、実際に暴落が起きたときに自分だけが余裕しゃくしゃくで冷静でいられるとも思わないほうがいいです。

 

周りがパニックになれば自分も投資方針など忘れてしまうかもしれません。

 

そのため、定期的に自分の方針について確認をして備えておくのがいいと思います。

 

準備こそがいざというときの助けになるはずです。

 

長期投資を実践する人が日々の株価の変化にとらわれてはいけません。

 

20年30年と投資を継続していこうというのに、1日1日の株価の上下に一喜一憂していたらとても疲れてしまいます。

 

自分は米国連続増配株に投資していますが、わりと安心して長期保有できます。

 

ITバブル崩壊やリーマンショックで暴落しても配当を増やし続けてきた銘柄たちです。

 

また、S&P500や全世界株式インデックスはより気楽に永久保有できます。

 

暴落が恐かったら初めから、長期で保有できると確信できるものを買うといいです。

 

国際分散インデックスなら安心して永久保有できます。

 

これだけで世界の経済成長を自分のリターンとして取り込み、市場平均並みのリターンを得続けることが確定します。

 

特に初心者には最初にこの戦略を学んでほしいと思っています。

 

 

 

 

今回は以上です。

 

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者25000を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.