より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】バフェットも認めたアマゾン株!

投稿日:

 

 

 

ウォーレンバフェットが会長を務める米バークシャー・ハサウェイが初めてアマゾン株を取得したことを明らかにしました。

 

今のところ、購入のタイミングや投資額については明らかになっていません。5月末の株式保有に関する四半期報告で明らかになる予定です。

 

長年ハイテク株から距離を置いてきたバークシャー・ハサウェイですが、投資の姿勢が変化してきています。

 

バフェットの投資姿勢に変化があったといわれるようになったのは、2018年のアップル株の大量取得が理由としてあります。

2018年5月の株主総会前に7500万株を追加で購入し、持ち株比率5%の大株主になっていました。

 

これまでバフェットは「事業内容が理解できないものには投資しない」という方針を貫き、長らくハイテク関連への投資には消極的でした。

 

しかし、アップルの国際的なブランド力などは疑いようがなく、iPhoneで客を囲い込み、音楽や決済で稼ぐビジネスモデルも評価していたため、アップルを主力銘柄としました。

 

 

さらに、今回のアマゾン株取得で、これまでの投資の方針からの変化がより強く感じられるようになりました。

 

ただ、もともとアマゾンの国際的ブランド力や影響力も疑いようがなく、バフェットも「もともとファンだった。」「買わなかったのは愚かだった。」と述べているようです。

 

また、アマゾンCEOのジェフベゾスの手腕も高く評価しています。

 

 

投資家に根強い人気で株価が支えられていたアマゾンですが、さらに盤石になっていくのか注目していきたいと思います。

 

 

 

アマゾン株価↓

アマゾン株価  (出所:ヤフーファイナンス)

 

 

5月3日の終値で約1,962ドルです。

 

1株購入するのに約21万8000円くらいです。

 

 

現在、配当は出ていません。

 

というのも成長を優先した経営戦略をとっているからです。

 

アマゾンは次々に事業を拡大しており、新規事業への投資も積極的です。

 

その事業を見ているだけでも、アマゾンが革新的と言われる理由がよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GAFAの一角であり、時代をリードしていこうとするアマゾンのビジネスは意識してチェックしておいていいでしょう。
 

アマゾンは、次に何をやるんだろうという期待感がありますね!

 

 

 

 

米国株投資に関してはこちらも参考に↓

【米国株】高配当投資の方法 連続増配株をひたすら買う!(具体的な銘柄紹介あり)

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.