より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】コカ・コーラは優秀!バフェット銘柄のPEGレシオ!

投稿日:

 

 

出所:ウィキペディア

 

 

前回の記事で、株価の割安性を調べる指標として「PEGレシオ」を紹介しました。

(PEGレシオについては→【PEGレシオ】割安株を見つける!ワンランク上の投資家へ!

 

PEGレシオ=予想PER÷予想EPS成長率

株式投資で大きなリターンを出していきたいのであれば、知っておきたい指標です。

 

 

今回は、世界最強の投資家、ウォーレンバフェットが投資している主要銘柄のPEGレシオを調べてみました!

 

 

バフェットの主要銘柄はこちらです↓

 

銘柄 ポートフォリオの比率
アップル 21.51%
バンク・オブ・アメリカ 12.06%
ウェルズ・ファーゴ 10.74%
コカ・コーラ 10.35%
アメリカン・エキスプレス 7.89%
クラフト・ハインツ 7.66%
USバンコープ 3.23%
JPモルガン・チェース 2.67%
バンク・オブ・ニューヨーク・メロン 2.08%
ムーディーズ 1.89%

 

これら10銘柄のPEGレシオを調べてみました。

 

結論からいうと、コカ・コーラ、ウェルズファーゴ、バンクオブニューヨークメロンあたりが優秀です。

 

 

 

シン
それでは上から順番に見ていきましょう!

 

 

 

アップル

 

アップルはご存知、巨大IT企業です。

 

予想PER ・・・17.21倍

EPS成長率・・・-7.7%

PEGレシオ・・・-2.23倍

 

PEGレシオがマイナスですので、これはあまり指標に価値がありません。

来期の予想EPSでみると、成長率がマイナスになるためこのような計算になります。

(もっと長い期間で見ると、EPS成長率もプラスになるかもしれません。)

 

ちなみに、今回調べたバフェット銘柄の中では唯一PEGレシオがマイナスでした。

 

 

 

バンク・オブ・アメリカ

 

バンク・オブ・アメリカは、アメリカの巨大銀行です。

 

予想PER ・・・10.11倍

EPS成長率・・・9%

PEGレシオ・・・1.12倍

 

PEGレシオは、適切な水準と言えます。

 

全体的に見て、いい数字が並んでいるように思います。

 

 

 

ウェルズ・ファーゴ

 

ウェルズ・ファーゴは、絶大なブランドをもつ大手銀行です。

 

予想PER ・・・9.79倍

EPS成長率・・・13.5%

PEGレシオ・・・0.73倍

 

PEGレシオをみると割安と言えます。(一般に1倍以下は割安)

 

PERを見ても、一桁第で割安です。EPS成長率も高いです。

 

かなり優秀な数字が並んでいます!

ウェルズ・ファーゴは連続増配銘柄としても有名です。

 

 

 

コカ・コーラ

 

コカ・コーラは世界最大級のソフトドリンク企業です。

 

予想PER ・・・21.94倍

EPS成長率・・・35%

PEGレシオ・・・0.62倍

 

PEGレシオをみると割安です。

 

PERだけをみると割高なので、そこだけみると判断を誤ることがありますね。

 

EPS成長率が高くなっています。企業のここ数年間の投資が報われてくるという予想だと思われます。

 

コカ・コーラは、50年以上の連続増配をしている配当王でもあります。

バフェット株としても一番有名かもしれませんね。

 

 

 

 

 

アメリカン・エキスプレス

 

アメリカン・エキスプレスは、世界的に有名なクレジットカード会社です。

 

予想PER ・・・13.52倍

EPS成長率・・・10%

PEGレシオ・・・1.35倍

 

PEGレシオは、適正な水準です。

 

 

 

クラフト・ハインツ

 

クラフト・ハインツは、巨大食品メーカーです。

 

予想PER ・・・11.44倍

EPS成長率・・・134%

PEGレシオ・・・0.08倍

 

PEGレシオはとても低いです。EPS成長率がとても高いためです。

しかし、これは今期のEPSが大きくマイナスだったということも影響しています。

 

指標を見るときに、極端な数字になっている場合は、他の面からも分析をした方がいいです。

 

クラフトハインツは、配当額も下がる予想なので、そのあたりも加味して判断していきましょう。

 

 

 

USバンコープ

 

USバンコープは、アメリカの地銀です。

 

予想PER ・・・11.51倍

EPS成長率・・・4%

PEGレシオ・・・2.87倍

 

PEGレシオは、割高と言えます。

 

PERでみるとどちらかと言うと、割安なので注意が必要ですね。

 

 

 

JPモルガン・チェース

 

JPモルガン・チェースは、アメリカの銀行持株会社です。

 

予想PER ・・・10.87倍

EPS成長率・・・7%

PEGレシオ・・・1.55倍

 

PEGレシオは、適正な水準と言えます。

 

 

 

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン

 

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは、投資信託などを主力として扱う金融機関です。

 

予想PER ・・・12.13倍

EPS成長率・・・18%

PEGレシオ・・・0.67倍

 

PEGレシオをみると割安です。

 

今後のパフォーマンス次第では、ポートフォリオの割合が上がるかもしれません。

 

 

 

ムーディーズ

 

ムーディーズは、債権の格付けを行っている企業です。

 

予想PER ・・・25.02倍

EPS成長率・・・14%

PEGレシオ・・・1.78倍

 

PEGレシオは適切な水準と言えます。

 

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

バフェットの主力銘柄のPEGレシオ等↓

銘柄 予想PER EPS成長率 PEGレシオ
アップル 17.21倍 -7.7% -2.23倍
バンクオブアメリカ 10.11倍 9% 1.12倍
ウェルズファーゴ 9.79倍 13.5% 0.73倍
コカ・コーラ 21.94倍 35% 0.62倍
アメリカンエキスプレス 13.52倍 10% 1.35倍
クラフトハインツ 11.44倍 134% 0.08倍
USバンコープ 11.51倍 4% 2.87倍
JPモルガンチェース 10.87倍 7% 1.55倍
バンクオブニューヨークメロン 12.13倍 18% 0.67倍
ムーディーズ 25.02倍 14% 1.78倍

 

 

PEGレシオで見ると、コカ・コーラ、ウェルズファーゴ、バンクオブニューヨークメロンあたりが割安です。

配当実績や国際的なブランド力を加味すると、コカ・コーラが強いかなと思います。

 

アップルはもう少し長期で見たら、EPS成長率がプラスになることは全然あり得るので、これだけ見てダメというわけではありません。注意してください!

 

 

 

いずれにせよ

PERで見ると割安だが、PEGレシオでみると割高ということもある(その逆も)

 

ということがわかりましたね。

 

単純には判断できないのが、株式投資の難しいところであり、おもしろいところですね!

参考にしてください!

 

 

 

PEGレシオやその他の指標は、楽天証券で簡単に調べることができます。

詳しくはこちら↓

【PEGレシオ】割安株を見つける!ワンランク上の投資家へ!

 

 

米国株投資に関してはこちらも参考にどうぞ↓

米国株・ポートフォリオの組み方【具体例を示します】【初心者も必見】

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.