より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

自己投資

メンタルを強くする必要なし!コミュニケーションの技術で成功できる!

投稿日:

 

 

 

人に強くなるために、メンタルを強化したい。

自分はメンタルが弱いから成功できない。

どんな分野でも、成功するためには強いメンタルが必要。

 

このように思っている人は多いです。

そして、メンタルを強化するために本を読んだりセミナーに参加したりします。

しかし、それでもメンタルの問題を改善できずに悩んでいる人が多いのも事実です。

 

確かに、メンタルが強いことは重要です。本当にメンタルを強くするには、本気で練習して技術を習得する必要があります。

 

ただ、人には得手不得手があります。

メンタルの話の場合、ここの部分はあまり語られないのですが、メンタル面の技術を高めることが苦手な人もいるのです。絵を描くのが得意な人もいれば苦手な人もいます。特性によって、上達が早い人もいれば遅い人もいます。

 

メンタルを強くすることも、技術的なことですので、苦手な人もいるのです。

ならば、別のルートを通った方が、成功への近道かもしれません。

 

では、「別のルート」とはどのようなものがあるでしょうか?

いろいろありますが、ここではコミュニケーションの技術(ちょっとしたテクニック)を習得するルートを紹介します!

 

 

 

コミュニケーションの技術を高めることで、メンタルの問題を改善することもできますよ。
タナカ先生

 

アミ
解説お願いします!

 

 

 

メンタルが弱いとは

 

 

 

メンタルが弱いというのは、なかなか決断ができなかったり、大事な場面で力を出せなかったりすることを指す場合が多いと思います。

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか。

それは大きく以下の2つが原因です。

①知識や経験が不足している。

②人を過剰に意識してしまっている。

 

 

①知識や経験が不足している

 

人はよくわからないものに対して、恐怖や不安をおぼえます。

例えば、まったく投資をしたことがない人にとって、100万円を株式に投資するというのは、大きなプレッシャーかもしれません。

「この1クリックで、100万円が動く。」と思うと、引き返したくなるかもしれません。

 

あるいは、今は全く平気でも、中学生くらいのときには、初めて入るお店で服を買うのは勇気のいることだったかもしれません。

 

このように、人間が緊張せずに物事を行うには、慣れがもっとも重要だといえます。

そのため、過度に「自分はメンタルが弱い。」と思う必要はありません。

 

実は、「よく知らないから怖い」「慣れていないから緊張する」だけなのです。成功している人も、みんなが初めから、うまくできているわけではありません。

 

そのため、必要なのは、自分の成功したい分野について勉強し、実際に動いて経験を積むことです。

失敗を気にする必要はありません。むしろ、失敗しないということは、いつまでたっても目標に近づいていないということです。

 

 

やるべきこと↓

・自分の成功したい分野をもっと徹底して勉強する

・失敗を恐れず、動いて経験を積む

 

 

今、成功している人もたくさん失敗しています。それでもやめずに続けただけです。
タナカ先生

 

アミ
先生も、たくさん失敗したんですか?

 

もちろんです。
タナカ先生

 

 

②人を過剰に意識してしまっている

 

知識・経験不足以外で、人が緊張するのは、他人を過剰に意識しているときです。

 

他人の評価や他人との比較によって、余計な緊張が生じているのです。

 

しかし、身もふたもないことを言いますが、他人はあなたが思っているほど、あなたに関心がありません。

人間は自分への関心は非常に高いですが、それとは比較にならないくらい他人への関心は低いものです。

 

つまり、過度に他人の評価を気にする必要はありません。そして、他者と自分を比較することもやめましょう。比較はムダな慢心やコンプレックスを生むだけです。まさに百害あって一利なしです。

 

あなたができるのは、今より自分を成長させることだけです。そして、今やるべきことに集中することだけです。

人間は、集中しながら緊張することはありません。

緊張するのは、集中力が切れているときです。

 

 

やるべきこと↓

・他人の評価を気にしない。

・今できることに集中する。

 

 

思いのほか、他人はあなたに関心がないのですね。
タナカ先生

 

アミ
言われてみればそうかもしれませんね。でも、人の評価はやっぱり気になっちゃいますよ~。

 

はい。そこでコミュニケーションの技術です。
タナカ先生

 

 

 

相手の言葉に耳を傾ける

 

他人の評価を過度に気にしてしまうのは、結局のところ「自分の評価を下げたくない」という心理によります。

他人との比較も同じです。他人と比較し、自分の重要感が下がることを恐れているのです。

 

つまり、気にしているのは自分の評価が下がらないかということです。

ここでの問題は、関心が自分にしか向いていないところにあります。だから、必要以上に自分の評価が下がることを恐れてしまうのです。

 

 

そこで、関心を他者に向けてみましょう。

相手の立場から物事を考えるクセをつけるのです。

 

そして、コミュニケーションにおいては話すことよりも、聞くことを重視しましょう。

これまでよりも意識して、相手の言葉に耳を傾けるのです。これをすることで、自然と関心が他者にむき、相手の立場で物事が見れるようになります。

 

すると、他人の評価を気にしすぎたり、他人との比較に苦しんだりすることは激減します。

他人と競争する意識が弱まるからです。

自己評価を気にするのは、この競争意識が強いことによります。

相手の立場で考えることで、相手を敵ではなく、味方にすることができます。

つまり、競争関係ではなく、協力関係です。

 

これに近いことは、有名なアドラー心理学でも言われています。

 

 

 

やること↓

・相手の立場で考える

・もっと、相手の言葉に耳を傾ける

 

 

コミュニケーションにおいては、聞くことを重視してみましょう。
タナカ先生

 

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

メンタルを強くするにも得手不得手がある。

 

メンタルが弱いと感じる原因は

①知識や経験が不足している。

②人を過剰に意識してしまっている。

 

メンタルが弱いと思う人がやるべきことは

・自分が成功したい分野について、もっと勉強し、経験を積む

・他人の評価を気にせず、今できることに集中する

・相手の立場から考え、もっと相手の言葉に耳を傾ける

 

 

アミ
私も意識して実践していきます!

 

大きな効果を実感するはずですよ。
タナカ先生

 

 

こちらの記事も参考にしてください。↓

メンタルが弱くても、人を動かして成功する人の特徴【聞き上手になるだけ!】

 

 

 

 

こちらもどうぞ。↓

【世界幸福度ランキング2019】1位はフィンランド。日本は58位。

 

 

こちらの動画(youtube)もどうぞ!寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

 

 

-自己投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.