より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

自己投資

【大学無償化】法律成立で授業料など減免!返済不要の奨学金もあり!

投稿日:

 

 

5月10日に「大学等就学支援法」が成立しました。

 

対象は、低所得世帯の大学・短期大学・高等専門学校・専門学校の学生です。

 

2020年4月から授業料を減免します。また、返済不要の給付型奨学金の支給もあります。

 

細かい支援額は政令で定められる予定です。

 

制度の概要

 

シン
制度の大枠について見ていきましょう。

 

授業料などの減免

 

<授業料などの減免>

授業料

(国公立)

入学金

(国公立)

授業料

(私立)

入学金

(私立)

大学 54万円 28万円 70万円 26万円
短期大学 39万円 17万円 62万円 25万円
高等専門学校 23万円 8万円 70万円 13万円
専門学校 17万円 7万円 59万円 16万円

 

返済不要の給付型奨学金

 

<給付型奨学金>

自宅生 自宅外生
国公立(大学・短大・専門学校) 35万円 80万円
私立 (大学・短大・専門学校) 46万円 91万円

※年額

 

世帯年収によって、3段階の支援額

 

上で見た「授業料の減免」「給付型奨学金」のいずれも世帯年収によって、支援額が変わります。

具体的には、以下の通り。

年収270万円未満 全額支援
年収270万~300万円未満 3分の2
年収300万~380万円未満 3分の1

 

財源

 

「大学無償化」の年間費用はおよそ7600億円です。

 

財源は消費税10%への引き上げによる増収分を充てる予定です。

 

ちなみに、消費税は2019年10月に、10%へ上がる予定。

 

アミ
10月!?忘れてた!

 

成績が悪いと打ち切りも

 

税金を財源に充てるため、支援する学生や学校には一定の要件が課されます。

 

例えば、学生は取得単位数が標準の5割以下など、成績が悪いと打ち切りになります。

 

学校は、実務経験のある教員の授業が一定以上行われること、情報の開示などの条件があります。

 

該当する世帯は最新情報のチェックを!

 

文部科学省は約75万人が支援を受けられると見込んでいます。

 

2020年4月から支援を受ける学生は、2019年度中に手続きをする必要があります。

 

最新の情報をチェックするようにしてください。

 

アミ
支援を受けられるなら有効に使いたいですね。

 

進路選択はしっかりと!

 

 

無償化の制度は必要な世帯・学生が有意義に使ってほしいと思います。

 

教育費は家計の大きな問題だと思います。

 

さて話は変わりますが、進路自体のほうもしっかり考えてほしいと思います。

 

正直なところ、あまり考えずに「みんなと同じ」ような進路を進んでしまう人が多いです。

 

私自身もそうでした。

 

しかし、高等教育の時間も費用もムダにするにはあまりにも大きな出費です。

 

「いい大学に入り、大企業に就職すればいい」という価値観は日に日に壊れていっている印象です。

 

「最高の学歴で最高の企業」に入ったはずの人が、不幸な現実に直面しているということは少なくありません。

 

社会の変化もものすごいスピードです。

 

従来の価値観が当てはまらない社会になってきて、それが加速していることはだれもが気づいているでしょう。

 

現に若い世代は「偏差値」「大企業」というものに価値を感じにくくなってきています。

 

そして、社会に出た人々も大切なのは大学の成績ではないというを知り尽くしていると思います。

 

高等教育に進学に関して、そこで使う時間に関しては真剣に考えてください。

 

ただ何も考えずに、偏差値の高い大学に入ればいいという時代は確実に終わりをむかえています。

 

ただ何も考えずに、大企業に入れば幸せ、公務員になれば安泰という時代は終わりをむかえています。

 

これから進路を決定していく若い人たちや、そういった子どもをもつ親の方々は、きちんと時間をとって考えてみてください。

 

 

こちらの記事も参考にどうぞ↓

副業で自分の価値を高める努力が必須の時代へ【早期退職求める企業続々】

 

社会人の勉強時間短い。平均6分!? まずは読書から始めましょう!

 

 

 

-自己投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.