より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

令和の日経平均-335円スタートでも、年初来高値の大企業株!(ソニー・楽天)

更新日:

 

 

 

 

 

令和に入って、最初の営業日をむかえた5月7日の東京株式市場の日経平均株価の終値は、連休前の4月26日と比べ335円01銭安の2万1923円72銭でした。

 

トランプ米大統領が対中関税の引き上げをツイッターで表明しました。

 

「米中貿易摩擦が再燃したことで、投資家がリスク回避姿勢を強めた」と報じられています。

 

トランプ大統領は、中国からの輸入品2千億ドル(約22兆円)分への追加関税関税率を10日に10%から25%に引き上げると表明しています。

 

米中の経済問題は長らく投資家の行動に影響を与えています。

 

今回も大きく株価が動きました。

 

 

さて、大幅続落でスタートした令和ですが、そんな中でも年初来高値をつけた大企業もあります。

 

代表的なところでは、ソニーと楽天です。

 

配当の関係で投資することはないと思いますが、株価の動きは見ておこうと思う銘柄です。

 

 

 

 

注目大企業の株

 


 

ソニー

 

ソニーは4月26日に発表した今期(2020年3月期)の連結営業利益計画が3期ぶりの減益となる見通しです。

 

ただ、警戒されていたよりは良い見通しだったようです。

 

また、ゲーム事業や半導体事業の堅調さが評価されているようです。

 

 

出所:ヤフーファイナンス

 

 

PS4の販売台数は減少となる見通しだが、画像センサーを主力とする半導体関連の動きには注目しておきたいと思います。

 

 

 

楽天

 

2019年に入って、株価がずっと好調なのが楽天です。

 

出所:ヤフーファイナンス

 

 

楽天の事業については注目しています。

 

アマゾンをはじめ強大なライバルがいるなかで、どのように事業展開をしていくのかがポイントです。

 

強力なライバルはいますが、充実したサービスで根強い支持者を獲得している印象です。

 

 

ちなみに、証券口座の中でも楽天証券は使いやすいです。

 

 

 

腰を据えた長期投資を

 

 

 

日本株について書きましたが、7日午前のNY株式市場も大幅続落しています。

 

この影響を日本市場も受けるでしょう。

 

感情も株価には影響をするので、株価予想は本当に難しいですね。

 

 

株価に振り回されるのはしんどいので腰を据えて長期投資をしていきましょう!

 

 

 

 

株初心者の方はこちらを参考にしてください。↓

【株式投資】最速で自分の目的を達成する勉強法!(初心者必見)

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

 

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.