より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

【リブラ】フェイスブックの仮想通貨リブラを知れ!世界を変える力をもつ通貨。

投稿日:

 

 

フェイスブックの仮想通貨リブラをご存知でしょうか?

 

なんとなく聞いたことがあるという人も多いかと思いますが、説明しろと言われるとなかなか難しいのではないでしょうか。

 

このリブラは文字通り世界を変える可能性を秘めています。

 

「仮想通貨?自分は関係ないや。」というわけにもいきません。

 

そこで今回はリブラについてわかりやすく説明します。

 

リブラについて、全く知らないという人も理解を深めていきましょう。

 

アミ
「リブラ」って名前は聞いたことあるけど、それ以外は全然知らないわ。

 

シン
それじゃあ、いっしょに学んでいこう。

 

リブラとは

 

リブラ(Libra)とは、フェイスブックが提供する予定の仮想通貨です。

2020年にサービスを開始する予定になっています。

 

フェイスブック以外に28社の企業が参加しており、リブラコンソーシアムが組織されています。

このリブラコンソーシアムが、リブラの運営主体になります。

 

リブラコンソーシアムの中には、ビザやマスターカードといった世界的なクレジットカード決済シェアをもつ企業をはじめとして、名だたる企業たちが集まっています。

 

フェイスブックは金融事業を行う上で最強の仲間たちを集めていると言えます。

 

リブラコンソーシアム参加企業

リブラコンソーシアム参加企業(出所:リブラ公式HP)

 

サービスを開始する2020年までにリブラコンソーシアム参加企業を100社にまで増やすとしています。

 

通貨を発行し、国際的な金融システムを圧倒的な技術と信用力を用いて運営するための企業群を構成しているのです。

 

公式ページにはリブラのミッションが明確に掲げられています。

「Libraのミッションは数十億人のエンパワーメントにつながる、シンプルでグローバルな通貨と金融インフラを提供することです。
通貨のしくみを変える。世界経済を革新する。その結果、世界中の人の生活が向上する。」

 

 

世界には17億人の銀行口座をもっていない人々がいます。

また、国際間の送金には時間がかかり、手数料も高いです。

 

リブラはスマホで誰でも利用でき、決済時間も圧倒的に速く、手数料も極めて安くすることが可能です。

 

スマホでメッセージを送るような手軽さで、資金を送ることができるということです。

 

まさに、世界に新たな金融インフラを提供し、世界経済を革新するものだと言えます。

 

アミ
すごい。

 

リブラの特徴

 

出所:リブラ公式HP

 

 

リブラはブロックチェーンを基盤に設計されており、セキュリティを高めています。

 

ブロックチェーンを簡単に説明すると、取引データの一定まとまり(ブロック)を連なるように保存し、多数の人で管理するしくみです。

 

リブラの場合は、リブラに参加している企業がデータを管理することになります。

 

シン
要するに、ブロックチェーンはデータが改ざんされにくい仕組みなんです。

 

また、リブラは投機的な仮想通貨と異なり、価格が安定した通貨です。

 

「仮想通貨」というと、価格が乱高下する投機的なイメージがあるかもしれません。

 

しかし、リブラは価格が一定で、ドルなどの法定通貨と交換することができます。

 

これまでの仮想通貨は価格が安定せず、上がったり下がったりが大きかったので「通貨」として見るのが難しかったのです。

「今日は価値が100だったけど、明日には価値が半減しているかもしれない」というようなコインは「通貨」として機能できません。

 

しかし、リブラは巨大な企業群(リブラコンソーシアム)の資本力によって、信用を保証し価値を安定させています。

 

そのため、「仮想通貨」よりも「Suicaに入金されているお金」や「銀行の残高」などを思い浮かべたほうがイメージしやすいかもしれません。

 

 

今まで通貨を発行してきたのは国だけであり、通貨を中心的に管理してきたのは銀行でした。

 

その牙城をフェイスブックを中心としたリブラコンソーシアムが崩そうとしています。

 

アミ
まさに、フェイスブックが発行する新しいお金ってことですね。

 

シン
そんなイメージだね。

 

革命的な点

 

 

スマホひとつで管理ができて、

ラインでメッセージを送るような手軽さで世界中にお金を速く安く送ることができ、

価値が安定している通貨。

 

これが今まで世界になかったリブラの革新性です。

 

この革新性ゆえに、もしリブラが流通を始めたら世界に「革命」的な変化をもたらす可能性があります。

 

それはこのリブラがドルや円にかわって世界の中心的な通貨になるかもしれないことです。

 

フェイスブック社は「フェイスブック」の他、「インスタグラム」や「ワッツアップ」などのサービスを提供しています。

 

そのユーザー数の合計は世界で27億人ともいわれています。

これだけの人数が使うサービスを提供し、そこからデータを得るということはこれまでの人類史にはないことです。

 

これだけの人数がもしリブラを使うとなれば世界最大の通貨になります。

それだけの影響力をフェイスブックはもっています。

宣伝することも簡単でしょう。

 

さらに、ビザやマスターカードといった世界中で使われているブランドも仲間にいます。

それらの影響力も含めれば、30億人以上のリブラユーザーが見込めるかもしれません。

 

しかも、手数料は圧倒的に安いとなれば、誰もが使う通貨となっても不思議ではありません。

 

すると、ドルや円の代わりにみんながリブラを使うようになって、世界の中心的な通貨となります。

 

少なくとも、それだけの資本力、技術力をリブラコンソーシアムがもっていることは確かでしょう。

 

アミ
ドルや円の代わりにリブラが使われるようになるって確かに革命的ですね。

 

シン
ゆえに、黙っていない人たちもいるってことです。

 

国との闘い

 

通貨を発行し、コントロールするというのはいわば国の権力の象徴でした。

 

しかし、リブラが世界の中心通貨となり、ドルや円を必要としなくなったら国は困ります。

 

そのため、政治的な闘いは避けられないところで、実際にリブラに対する規制意識が強いのが現状です。

 

7月のG7財務相・中央銀行総裁会議は各国中央銀行代表で構成する作業部会が10月までに規制の在り方に関する報告書をまとめるとしています。

 

ヨーロッパやアメリカの要人による規制に関する発言も報道されています。

 

2020年にサービス開始を予定していましたが、それは無理ではないかという見方が強いようです。

 

現在の金融システムを根底から変えてしまう可能性があり、影響力が計り知れないので慎重になる気持ちもわかります。

 

 

ただ、金融システムの在り方を変えられるほどの技術とそれを実行できる力をもつ巨大企業が出てきたことは確かで、こういった変化は止められないのではないかと思います。

 

いずれにしても、現在これだけ大きな歴史的な転換点にいるということです。

 

今後もリブラから目が離せなそうです。

 

アミ
私の知らないところですごいことが起こっていたんですね。

 

シン
最新情報はチェックしておきたいね。

 

今回は以上です。

 

 

シン
こちらの記事もどうぞ↓

【米国株】フェイスブックを紹介!仮想通貨リブラも説明!

【米国株】逆イールドをわかりやすく説明!不景気の予兆!?

【長期投資のプラン】下落してから「どうしよう」では遅いです。

株で不労所得をつくる投資戦略!

小額投資は意味がない!?←いや、意味あります。

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者00人を超えました!ありがとうございます!)

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.