より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

ファンダメンタルを先に学ぶ理由 失敗しない長期投資

更新日:

 

 

あなたはファンダメンタル投資家ですか?テクニカル投資家ですか?

このように質問されても答えに詰まる人が多いかもしれません。実際、近年投資を始めたという多くの人が、このどちらも学ばずに投資信託や株に適当に投資しているように思います。しかし、成功している投資家は、このいずれか、もしくは両方を極めているものです。

失敗しないための唯一の方法は、学ぶことです。ただ、限られた時間をムダにはできません。忙しくて時間的な余裕のない人も多いかと思います。だから、できるだけ効率的に学んでいきたいものです。そのためには、学ぶことを絞ってそれに集中する必要があります。では、学ぶことを絞って集中するにはどうすればいいかというと、学ぶことの優先順位をハッキリさせることです。

長期投資をするのであれば、ファンダメンタル投資から学びます。テクニカル投資の知識もあったほうがいいですが、優先順位は後になります。

 

ファンダメンタルズ投資とテクニカル投資

 

 

ファンダメンタルズ投資とテクニカル投資は何が違うのでしょうか。両方とも、投資をする上では強い味方となる技術です。しかし、その性質はかなり違ったものですので、きちんと区別して理解しましょう。

 

ファンダメンタルズ投資とは

・その企業の実力や成長性に投資する。

・企業を評価するために財務諸表を使って分析をする。

・全体的な経済情勢やその企業の属する業界の動向についても調査する。

代表的な投資家:ウォーレン・バフェットなど

 

テクニカル投資とは

・その企業の株価の株価のパターンをもとに投資する。

・株価や出来高の動向を示すチャートを分析する。

・空売りも積極的に使う。

代表的な投資家:ジョージ・ソロスなど

 

ざっくりというと、ファンダメンタル投資は、企業の実力を見て、持続的な成長で利益を得ます。一方、テクニカル投資は、株価の変化を見て、変動の幅を利用して利益を得ます。

 

長期投資をするならファンダメンタルから

 

 

もうお分かりかもしれませんが、長期投資とよりなじみやすいのはファンダメンタル投資です。そもそも長期投資は、買った株を長く保有し、利益を得ようとする行為です。そのためには、持続的に成長が期待できる企業を見つける必要があります。

そこで必要なのが、ファンダメンタル分析で、具体的には企業の財務諸表を読み解く力です。これに加えて、全体的な経済や社会の動向に注視していれば、「これから成長著しい企業」や「これからも利益を出し続ける企業」を見つけることができるのです。

だぁら、長期投資をして持続的に資産を増やしたければ、優先的にファンダメンタルについて学ぶ必要があります。学んでいくと、目では見えないものが見えるようになり、投資の楽しさが倍増します。

もちろん、長期投資家でも、テクニカル投資ができる技術はあったほうがいいです。相互の投資法の弱点を補うことができ、より正確な投資ができるようになります。

 

逆に、自分は短期トレードをしたいのだという場合は、テクニカル分析の勉強は必須で、優先順位は高くなります。その人の目的によって、学ぶ対象や優先順位は変わってきます。

ここがわかっていないから、長期投資をやりたいのにテクニカル分析についての本ばかりを読んだり、トレードをやりたいのに四季報の読み方だけを熱心に学んでいたりする初心者がたくさんいます。「何が必要か」わかっていないのです。

 

自分で学ぶことの重要性

 

 

「専門家がおすすめしていたので、買いました。」

「この本に、これだけやっていればいいと書いてあったので、とりあえずそうしています。」

投資のきっかけとして、このような入り方をする人は多いかもしれません。しかし、このような状態にとどまり続けることは問題です!こういう人はうまくいかない可能性が高いです。市場は常に変化しているのに、自分は変化せず、それに対応することができないからです。実際、自分が買っている商品がどのようなもので、自分がやっている行為がどのようなものかをきちんと理解していないのです。これでは、成功しても失敗してもそれがなぜなのかさえ理解できません。
「専門家」や「本」を信じて買い、あとは「上がれ~」とひたすら祈っているだけの状態というのは、それがいくら長期投資でもギャンブルに近いものです。このような状態からは卒業しなければなりません。

 

着実な資産運用をするのであれば、長期投資がおすすめです。そのためには、優先的にファンダメンタルを学びましょう。

 

まとめ

 

まとめです。

自分がなにをやっているかわからない状態から脱却すべし!

ファンダメンタル投資は、企業の実力を見て、持続的な成長で利益を得る。

テクニカル投資は、株価の変化を見て、変動の幅を利用して利益を得る。

長期投資をするなら、優先的にファンダメンタルから学ぶ。

 

投資のリスクをおさえられるかどうかは、学び続けるかどうかにかかっています。そのための時間をつくれるかどうかが成功のカギです。

読んでいただきありがとうございました!

ファンダメンタル投資については、こちらの記事も参考にしてください。→簡単にできるファンダメンタル分析 最低限おさえておきたい3つ

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.