より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習 年金

副業と資産運用は必須の時代になりました。

投稿日:

 

 

先日、「年金制度の健康診断」ともいわれる財政検証の結果が公表されました。

 

財政検証とは、少なくとも5年ごとに、国民年金及び厚生年金の財政の現況及び見通しの作成を行うことです。

 

出所:厚生労働省HP

 

およそ25年後には、所得代替率が50%になることがわかります。

 

所得代替率とは、公的年金の給付水準を示す数値で、モデル世帯(夫婦二人)の年金月額が現役世代の男性の平均月収の何パーセントになるかで示します。

 

モデル世帯は、サラリーマンの夫が平均賃金で40年間働き、妻は40年間専業主婦の世帯とされています。

 

2019年は、現役世代男性の平均月収約35万7000円に対し、モデル世帯の年金額は21万円で、所得代替率は61.7パーセントと試算されています。

 

これが25年後には50%まで下がるのです。

 

「年金が減るのでは?」となんとなく思っている人も多いかもしれませんが、このようにハッキリと数字で出ているのです。

 

しかも、2052年には国民年金の積立金がなくなり、完全賦課方式に移行し、所得代替率は38~36%となっています。

 

老後2000万円不足問題が大きな話題になりましたが、こうやって見ていくと年金の厳しい現実がわかります。

(こちら参考に→【年金破綻】金融庁が「老後2000万円必要」「地方移住も選択肢に」と提言!

 

アミ
年金だけでは生活できないですね。

 

このような状況の中で、国としても「副業の解禁を推進してますよ~」「NISA・積み立てNISAをつくりましたよ~」「イデコもありますよ~」と対応をアピールしているわけです。

 

ということで、もはや国レベルでも副業と資産運用はやってくださいと後押ししているわけです。

 

本業と副業を並行してやっていくことはますますスタンダードになっていくでしょう。

 

金銭的な意味だけでなく、充実した生活を送るためにも本業以外の活動があることは重要です。

 

そのため、副業は積極的に自分の強みや好きなことを活かせるようにしたほうがいいでしょう。

 

スキルや経験が必要なら、数年間の準備期間があってもいいと思います。

 

今すぐ行動を起こすことが重要ですね。

 

資産運用に関しても、始めている人は多いかと思います。

 

長期で資産を運用していくことが重要です。

 

これから始めようという場合は、まず積み立てNISAを使っていくのがいいかと思います。

(こちら参考に→つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

 

シン
つみたてNISAから入ると長期投資の感覚が身につきやすいと思います。

 

 

 

ということで、本業に加えて、副業と資産運用は必須ともいえる時代になりました。

 

さらに付け加えるとしたら、支出をコントロールする能力です。

 

若いときにバブルを謳歌していた人が、歳をとって支出をコントロールできず破産老人になるということもあるわけです。

 

お金がない人もお金がありすぎる人も支出をコントロールできないと破産しやすいのです。

 

やばいと思った人は、今日から着々と進めていきましょう。

 

 

今回は以上です。

 

 

アミ
こちらの記事もどうぞ↓

【暴落こそ資産拡大のチャンス】有力投資家は資金比率をコントロールしている!

【人生100年時代】学び続けないと生き残れない。

【米国株】暴落がくるのか!?政策金利にも注目!

【米国株】保有する米国株の中で唯一含み損が大きい株は?

小額投資は意味がない!?←いや、意味あります。

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

 

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者00人を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-お金の学習, 年金

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.