より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習 株式投資

不労所得を得るなら株式投資がいい理由

更新日:

 

不労所得は給料よりも重視すべきものです。今の時代は、不労所得を得たいと思うならその手段はたくさんあります。

 

この記事では、配当金をねらった株式投資で、不労所得を稼ぐことについて解説します。株式の配当は不労所得そのものです。私の場合、配当による不労所得が目的で株の長期投資をしているようなものです。

 

「いつもの給料に加えて、お小遣いがほしい!」というのもいいですが、私は、最終的には不労所得が、自分の生活費を超えることをめざすべきだと考えています。ちなみに副業は不労所得ではないので、混同しないでください。(これに関しては前回の記事。→不労所得に焦点を当てるべき理由

 

まず銀行預金以外で、1円の不労所得を稼ぐことを経験してから、その不労所得を膨らませていきましょう。そして、さらに、不労所得を生み出すポケットを増やしていきましょう。

 

 

不労所得は株式の配当がいい理由

 

不労所得を得るにはいくつかの方法があります。

 

①株式の配当

②不動産の家賃収入

③印税

④ビジネスを所有する

 

これらが代表的なところです。これらは、将来的にすべてチャレンジしてみる価値のあるものです。しかし、いきなり全部というわけにはいきません。まずは、ひとつのことからやってみるべきです。

 

③の印税は作家や歌手、研究者・エンジニアなどの志望であればいいのですが、そうでない場合、最初にとりかかるものとしてはハードルが高いです。1円でも、稼ぐまでに多くの時間と労力がかかると思います。いずれ自分の作品や商品をつくることを念頭に置くとしても、初めは他を攻めるのが得策だと思います。

 

④も必ずチャレンジすべき重要項目です。しかし、いきなりビジネスといわれてもイメージがつきにくい人がほとんどではないでしょうか。ちなみにここでは不労所得をテーマとしていますので、アフィリエイトなどは不労所得ではありませんよ。(何もしなくても収入が入ってくるアフィリエイトサイトを運営しているなら別ですが。)そのため、ビジネスを立ち上げるという場合、やはり収益化するまでに時間と努力が必要です。少しずつ、勉強と実践をくり返していくのがいいでしょう。

 

①と②は不労所得を得るうえで両方とも有力ですが、②の不動産は単価が高いです。銀行から借り入れしやすいというのが不動産のいいところですが、借入をするとなると気軽にはできないという人も多いかもしれません。

 

よって、少額でも始められ、とりあえず1円の不労所得を得る経験をしたいというのなら、株式を買って配当を得るのがいいと思います。

 

 

株の配当で不労所得を得る

 

株式投資は、株の値上がりによって儲けようとする人がたくさんいます。もちろん、これも株式投資の大きな魅力です。成長株をみつけて投資し、株の値上がりをねらうわけです。(短期的に株価の変動を利用して儲けようとするのは投資ではなくトレード(投機)ですのでごっちゃにしないでください。これに関してはこちら。→サラリーマンの短期トレードはムリゲーな理由

 

さて、株式投資にはもう一つ大きな魅力があります。それこそが配当です。株式の配当は銀行の普通預金とは、まさに「桁違いの利益」を生みます。例えば、配当利回り4%の株に100万円投資すれば(税金を考慮しなければ)年間4万円の収入になります。これは不労所得そのものです。日本株だと、企業によっては株主優待という制度があって、自社製品やクオカードなどがもらえるものもあります。

 

まずは高配当の株に投資して、配当を受け取る経験をしてみるのがいいのではないでしょうか。ただし、配当がねらいだということを忘れないでください。つまり、買った株は基本的にその後、よほどのことがない限り売る必要がないという前提です。長期で保有し、計画的に買い増していき、ずっと配当をもらい続けることが理想です。

 

私は配当で不労所得をつくることをテーマとして長期投資をしています。そのため、高配当で、今後も安定的に配当を出してくれるであろう株に投資をしています。この条件を高いレベルで満たしているのは、米国株の連続増配・高配当株です。

 

米国株投資に関してはこちら。→長期投資が一番確実! ~株初心者必見の投資スタイル~

youtubeでも解説しています。→米国株投資長期投資のすすめ

 

 

株式投資の副産物

 

まず、株式投資で配当を受け取る経験をすることは、不労所得を拡大するための足掛かりとなります。

 

そして、株式投資をすることによって、副次的なメリットもあります。それは勉強する習慣がつくことです。

 

投資をすると、お金が絡むことですから、勉強の意欲が高まります。勉強の習慣は、これからより多くの種類の不労所得を得ていく上で、非常にいい効果を生みます。勉強することで様々なことを知り、投資のリスクを下げることもできます。

 

「副次的なメリット」といいましたが、もしかしたらこれが最大のメリットかもしれません。それぐらい学習の習慣というのすべてを左右します。学習すれば可能性は開けます。学ぶことをやめたらそれより先にはいけません。

 

株式投資の勉強に関してはこちらも参考にしてください。→株の勉強をして投資家として成功しよう! ~絶対におさえておくべき3ステップ勉強法~

ファンダメンタルを先に学ぶ理由 失敗しない長期投資

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

まず1円の不労所得を得る経験をするなら、株式の配当を受け取るのは有力

高配当で、今後も安定して配当がもらえる株を選ぶ

投資を始めると、勉強の習慣がつく

 

不労所得で自由な人生を手に入れる足掛かりとなってもらえれば幸いです。

 

こちらも参考にしてください。→長期投資のプランの立て方 【初心者必見】プランを立てるときの注意点

 

-お金の学習, 株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.