より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

初心者 株式投資

【インデックス投資】インデックスは素人の味方!最適な投資先です!

投稿日:

 

 

 

資産運用への関心が高まっているようです。

 

背景には、人生100時代の資産形成年金の問題貯金をしていても利子がつかないなど、様々なことがあります。

 

また、NISA・つみたてNISAやイデコといった税金の優遇制度が浸透したこともあるでしょう。

 

超人気ユーチューバーであるオリエンタルラジオの中田さんも資産運用についての動画を出し始めたので、それだけ需要があるということでしょう。

 

 

さて、長期の資産運用を行う上では、多くの個人投資家にとってはインデックス投資が最適であるというのが大方の結論です。

 

これは『敗者のゲーム』『ウォール街のランダム・ウォーカー』『株式投資の未来』などをはじめとして、多くの長期投資の名著に共通している結論であると言えます。

 

長期で見た場合、インデックス投資はほとんどのプロを打ち負かす成績を出しています。

 

特定の投資対象に賭けるよりは、広く分散投資して市場全体を投資対象とするインデックス投資が結局は資産形成の近道なのです。

 

 

『敗者のゲーム』の著者であるチャールズ・エリスは、インデックスは「投資のドリームチーム」であると言っています。

 

インデックス投資をするには、ETFかインデックスファンドを利用すればいいだけです。

 

選ぶポイントは手数料が安いものであることです。

 

わずかな手数料も長期で見れば大きな差になります。

 

例えば、米国のバンガード社のETFは手数料が極めて安いです。

 

S&P500に連動する「VOO」やアメリカ株に広く分散する「VTI」などは定番のETFと言っていいと思います。

 

 

 

また、現在は非常に手数料の安いインデックスファンドが出ているので、そちらでの運用も人気です。

 

インデックスファンドの積み立ては少額からでもでき、再投資も自動でやってくれるので、ほぼ手間がかかりません。

 

つみたてNISAを利用して投資することもできます。

 

 

 

 

 

インデックス投資のもう一つのポイントは、広く分散することです。

 

先ほど例に挙げた「VOO」や「VTI」はアメリカ株を対象としたETFですが、原則的にはアメリカ株だけでなく、より広く国際分散投資したほうがリスクは低くなります。

 

確かに、米国のトップ企業は世界で活動する多国籍企業なので、それだけでも国際分散効果があるといえるのですが、より確実に分散の効果を得るためには、素直に国際分散されたポートフォリオを組んだ方がいいかもしれません。

 

『敗者のゲーム』『ウォール街のランダム・ウォーカー』『株式投資の未来』などの名著でも、「国際分散を怠るアメリカ人は多い」と指摘されています。

 

どうしても自国の株への投資が多くなってしまう「国内バイアス」があるのです。

 

しかし、長期にわたってよりリスクを下げ、分散の効果を十分に享受するには国際分散をしたほうがいいと言われています。

 

もちろん、日本人が日本株のみに投資をするというのは分散の原則から考えれば、それだけリスクを高めていることになるのです。

 

 

 

 

 

最後に付け加えておくと、インデックス投資のリスクを考える上で最も重要なのが投資期間をどれくらい長くとれるかです。

 

投資期間を長くとれるほど、リスクは小さくなります。

 

自分のリスク許容度やライフプランに合わせて、資産の比率を調整しましょう。

 

 

アミ
こちらの記事も参考に↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者11700を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-初心者, 株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.