より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

自己投資

自分を変える方法!

更新日:

 

 

今回は自分を変える方法について書きたいと思います。

 

新年も近づいてきて、2020年をどんな一年にしたいか考えている人もいると思います。

 

一方で、今年やりたかったことが全然できず後悔している人もいるかもしれません。

 

自分を変えたいと思いながらなかなか実現できないということが多いと思います。

 

自分を変えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

結論からいうと以下のようになります。

 

行動を継続する。

 

これにつきます。

 

何か変化を起こすには、具体的な行動が必要です。

 

「行動」がなく変化は起きません。

 

しかし、ひとつひとつの行動は小さなもので、1日でできる行動は小さなものです。

 

そのため、「継続」が必要になります。

 

小さな行動の積み重ねが大きな変化につながるのです。

 

 

しかし、継続が大切なのはわかっていても、それを実践することが難しいわけですよね。

 

本を読んだり、講演を聞いたりして、一時的にやる気が高まることはよくあります。

問題はそれが持続しないことです。

 

 

これを解決するには「習慣化」ができればいいのですが、具体的にどうすればいいのかというと、以下の2つが効果的です。

 

・目標を紙に書く。見る。

・音声を聞く。

 

具体的に説明していきます。

 

 

目標を紙に書く。見る。

 

 

 

まずやることは目標を紙に書くことです。

 

難しく考えなくていいので思いついたことをぽんぽん書いていきます。

 

大きなことでも小さなことでもいいです。

 

大体10コくらいを目安に書いてください。

それ以上でもいいです。

 

例えば、年収〇〇万円、副業で〇万円稼ぐ、資格をとる、転職する、資産1億円達成する・・・など、仕事・副業・趣味なんでもいいです。

 

書いたら、その紙を毎日見ます。

 

最低でも朝と夜は見るようにします。

そのため、紙は寝床に置いておきましょう。

 

しかし、寝床だけでは続かない可能性があります。

そのためカバンの中にも入れておきましょう。

パソコンにも貼りつけておきましょう。

その他、目につくところにも貼りつけておきます。

こんなのはいくら場所が増えても手間ではありません。

 

目標を毎日見ることで、自分の頭に目標が確実に刷り込まれモチベーションが維持されます。

 

(置いてあるだけで見なっくなってしまうことがあるので、紙は定期的に書き直し、設置し直した方がいい。)

 

やってみればわかりますが効果は高いです。

 

 

さあ、これでOK・・・と思ったら大間違いで、いろんなところに目標を書いた紙が設置されていても、それを見なくなってしまう可能性があります。

 

そうなったら何の意味もありません。

 

 

そこで、設置されている紙とは別に、目標は毎日書くようにします。

 

「目標」といっても先ほどのように思いついたものをぽんぽん書いていくだけです。

 

朝ごはんを食べながらでも、お昼休憩でも、会議の休憩時間でも3分あればできます。

 

そして、10個くらい書いたものの中から、一番簡単そうなのを選びます

 

そして、その選んだものを達成するためにできることをどんなに小さなことでもいいので1つ、その日のうちに必ずやります。

(もしかしたら選んだものが、そのまますぐに達成できてしまうことかもしれませんがそれでももちろんいいです。)

 

 

結局この作業は「やることリスト」をつくっていることになります。

 

「目標」というと中~長期的なものが多いと思いますが、それだと大きすぎて何から手を付けていいかわからず、結局何も行動しないということはよくあります。

 

そこで一番簡単そうなものを選ぶことによって、自分の目標を分解し、優先順位を明確にしたことになります。

 

優先順位が決まれば余計なことを考えず、ひとつのことに集中できます。

 

 

目標を毎日見ることでモチベーションが維持され、目標を毎日書いてその中から1つ選ぶことでその日やることが決まり行動できます。

 

繰り返しですが一日にできる行動は小さなものですが、毎日繰り返すことで大きな変化につながります。

 

「目標を紙に書く。見る。」は、継続するためのしくみと言えます。

 

これで確実に変化が起きていきます。

 

変化に必要な「行動」を積み重ねているのだから当然です。

 

 

音声を聞く。

 

 

 

「目標を書く。見る。」を実行すれば、行動が積み重なり徐々に変化が起こります。

 

しかし、1つだけの方法ではうまくいかないことも考えられますので、保険をかけてもうひとつ同時に実行しましょう。

 

というかこちらの方がより簡単で、しかも効果が高いかもしれません。

 

それは、やる気の高まる音声を聞くことです。

 

耳からも怠けを攻略していきます。

 

音声教材でもいいし、YouTubeでもいいです。

 

自分のやる気が高まったりポジティブな気持ちになれるものを聞きます。

 

何でも自分が気に入ったものを聞くようにすればいいです。

 

これも毎日聞きます。

 

音声教材のいいところは音を出してしまえば、自動で聞くことができることです。

 

とにかく音を出すボタンだけおしましょう。

 

通勤時間などを利用することもできます。

 

 

これは効果が非常に高いです。

 

人間はすぐに忘れますが、さすがに毎日耳から連続パンチを受けていれば変わってきます。

 

思考が変わってくると行動が変わってきます。

 

というより無意識に変わってしまうものだと思います。

 

朝と夜聞けば1日中やる気が維持されます。

 

せっかく便利なツールがあふれているので積極的に利用しましょう。

 

 

自分の場合

 

 

 

 

結局のところ、行動が持続しないのは「やる気の谷」があるからです。

 

私の場合、以前は夜に「よし、やるぞ!」とやる気が高まったとしても、次の日の朝にはやる気が完全に無になるというのが、お決まりのパターンでした。

 

朝がとても弱かったことも影響しているかもしれません。

また、仕事が忙しいと、いつの間にかうやむやになってしまいます。

 

これでは、いつまで経っても、行ったり来たりしているだけです。

 

しかし、多くの人が実際にこれに近いパターンに陥っています。

 

その原因は、意欲の谷をつくってしまうことです。

 

これによって、「行ったり来たり」をくり返してしまうのです。

 

私の場合は、朝が谷です。ここですべてが戻ってしまうのです。

 

そこで、そのタイミングで紙をみたり、音声を聞いたりしてポジティブな言葉を脳に大量投入するのです。

 

すると、1日中意欲を持続できるようになります。

 

仕事で疲れてるときにも効果は高いです。

 

 

そして人間は毎日やっていると習慣化します。

 

人間は習慣に動かされていると言ってもいいくらい、習慣の力は強力です。

 

私は今年の夏に熱が出てつらくてもブログは書きました。

 

理由はありません。習慣に動かされただけです。

 

毎日、歯を磨くのも習慣です。

お風呂に入るのも習慣です。

それを「努力」とは思っていないはずです。

 

このように習慣化してしまえばあとは自動で動きます。

 

 

まとめ

 

 

 

今回は自分を変える方法ということについて書きました。

 

自分を変えるには、

行動を継続する。

これにつきます。

 

しかし、習慣化するまでは、継続は難しいです。

 

そのため、効果が高いのは、

・目標を紙に書く。見る。

・音声を聞く。

 

 

資産形成でも継続が最重要ですが、その他のことも結局は行動の積み重ねです。

 

変化を起こしたいと思っている人は参考にしてください。

 

今回は以上です。

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者22500を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-自己投資

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.