より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

高配当株・グロース株のメリット

投稿日:

 

 

株式投資において、高配当株とグロース株どちらがいいのかということはよく議論されることです。

 

それぞれにメリットがあるので、投資家が自分の方針によって選択していくことになります。

 

高配当株投資とグロース株投資の目的はざっくりというと以下のようになると思います。

 

高配当株投資  → 不労所得を増やすことをめざす

 

グロース株投資 → 総資産を増やすことをめざす

 

 

それぞれの投資のメリットを具体的に見ていきましょう。

 

 

高配当株

 

 

 

株に投資する目的は、「配当を得ること」と「値上がり益を得ること」だと思います。

 

高配当株への投資は「配当を得ること」を重視しています。

 

配当は定期的に入ってくるため、投資のリターンが目に見えてわかりやすいですね。

 

株数が増えるにつれてもらえる配当額も増えていくので、モチベーションを維持しやすいと思います。

 

長期投資は継続することが大切なポイントでもあるので、これはけっこう重要なことです。

 

株価の上下はわかりませんが、配当はもらえる日が事前にわかっているので、長い投資生活の中で「来月に配当が入るな!」と楽しみができます。

(これは株主優待も同じですね。)

 

また、配当ねらいの投資は株価の上下に一喜一憂しにくくなるという面もあります。

 

もともと配当ねらいなので、日々の株価の変化にいちいち気を取られる必要はありません。

 

買い増しを考えている場合は、株価が下がった方が安く買えるため有利とも言えます。

 

株価が変化しても1株からもらえる配当は変化しません。

 

長期投資をする上で精神的に負担が少ないことは重要だと思います。

 

株価が気になってその他のことが手につかないというようではいい時間の過ごし方とは言えません。

 

 

また、引退生活を送る人にとっては配当による不労所得で使える生活費が増えることになります。

 

自分年金をつくるつもりで高配当株に投資をしている人も多いと思います。

 

もちろん、配当再投資してさらに株数を増やすこともできます。

 

 

高配当株投資メリット↓

・株数に応じて配当額が増えていきモチベーションを維持しやすい

・配当をもらえる日がわかっており、定期的な楽しみがある

・日々の株価の動きに気を取られることが少ない

・使える現金(不労所得)が増える

 

 

 

グロース株投資

 

 

 

グロース株投資は「値上がり益を得ること」に重点を置いています。

 

株価の成長によって効率的に総資産を増やすことをめざします。

 

配当はもらうときに約20%の税金を取られますので、再投資の効率が悪くなります。

 

一方、株価の値上がりはその時点で税金がかかるわけではありません。

 

税金を先に払うのか先送りするのかのちがいが出てきます。

 

例えば、1年で5%株価上昇するグロース株と株価は変わらない配当利回り5%の高配当株の再投資を比べてみましょう。

(投資額は100万円)

 

投資年数 グロース株 高配当株
1年目 1,050,000円 1,040,000
2年目 1,102,500円 1,081,600
3年目 1,157,625円 1,124,864
4年目 1,215,506円 1,169,858
5年目 1,276,281円 1,216,652

 

 

このように総資産に差が出ることがわかります。

 

グロース株の方は税金を先送りした額で再投資するのでこうなります。

 

当然、年数が長くなるほどこの差は大きくなります。

 

上の運用を20年間続けると、グロース株は2,653,287円、高配当株は2,191,112円となります。

(約46万円の差です。)

 

グロース株を利確した後でも、約33万円の差が出ます。

 

投資額が大きくなったり投資期間が長くなればより大きな差となります。

 

配当は、今現金がもらえるが税金が発生。

値上がり益は、今現金はもらえないが税金は発生しない。

ということですね。

 

 

銘柄によっては、5倍、10倍と成長することもあるので、一気に資産を増やすことがあり得るのもグロース株の特徴です。

 

 

グロース株のメリット↓

税金を先送りして、効率的に運用できる。

株価の急成長で資産が増えるスピードが速いこともある。

 

 

 

ただ、配当がいつにいくらもらえるかがわかっている一方で、値上がり益はいつどれくらいになるかまったくわかりません。

 

また、グロース株の銘柄選びは初心者・中級者には比較的難しいと思います。

 

本当に株価が長期的に成長し続けるかどうかはわかりません。

 

そのため、ETFやインデックスファンドを使って投資をするというのは有力な手段になるかもしれません。

 

例えば、VOOならS&P500の成長に乗ることができますし、QQQなら上位の最先端企業の成長に乗ることができます。

 

 

まとめ

 

高配当株投資メリット↓

・株数に応じて配当額が増えていきモチベーションを維持しやすい

・配当をもらえる日がわかっており、定期的な楽しみがある

・日々の株価の動きに気を取られることが少ない

・使える現金(不労所得)が増える

 

グロース株のメリット↓

税金を先送りして、効率的に運用できる。

株価の急成長で資産が増えるスピードが速いこともある。

 

 

どちらにもメリットがあり、投資家それぞれが自分の方針に基づいて判断していくことになります。

 

また、どちらか一方ではなく両方をとるということも考えられます。

 

メリットに焦点を当てましたが、いずれのとうしにしてもリスクがあることは同じで、どこまでリスクがとれるのかもそれぞれの投資家で異なります。

 

自分の投資方針→それに合った投資対象を選ぶという順番は間違えてはいけません。

 

今回は以上です。

 

 

 

アミ
以下の記事もどうぞ↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【最新刊】『金持ち父さんの「これがフェイクだ!」』を紹介!3つのフェイクが格差を広げている!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者17300を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.