より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

株の勉強をして投資家として成功しよう! ~絶対におさえておくべき3ステップ勉強法~

更新日:

 

「株式投資って、どのように勉強すればいいのだろう?」

 こんな疑問をもっている人は多いと思います。そして、多くの人はここで間違った方向に進んでしまいます。スタートから間違っているわけですから、うまくいくわけがありません。この記事では、株式投資で成功するための勉強方法を紹介します。「株の勉強なんて、しても意味ない。」という人もいるみたいですが、勉強はめちゃくちゃ大事です。いや、むしろ、勉強し続けることが最も重要だと断言します。

 

 この記事を読むと、ムダな時間と労力をかけずに、最短距離で成功するための勉強方法がわかります!だれでもできる3ステップですので、サクッと学んでいきましょう。ただし、とても重要なことなので、しっかり理解していただけたらと思います。

 

 

 

ステップ①・・・目的(ゴール)をハッキリさせる

 

 まずは目的をハッキリさせましょう!

 

 「あなたはなぜ株式投資をするのですか?」

 「株に投資をしてどうなりたいのですか?」

 

 これらの質問に明確に答えられない人は、目的が定まっていません。つまり、ゴールが見えていないことになります。ちょっと考えてみてください。マラソンでゴールがどこにあるかもわからないまま走り出したらどうなりますか?確かにその人はがんばって走っていますが、いったいどこに向かっているのかわかりませんね。

 こうして時間とエネルギーをムダに浪費してしまいます。これが「やってはいけない努力」の典型的な例です。こんな努力の仕方をしていたら成果は当然出ません。「勉強なんてしても意味ない!」と思ってしまうかもしれませんね。

 

 成功するためには、目的(ゴール)を明確に設定することが必須です。以下の質問に答えてください。

Q1、あなたは、なぜ株式投資をするのですか?

例)お金を増やすため。

 

 

Q2、いつまでに、どのような、成果がほしいですか?

例)5年後までに、500万円分の資産を積み上げて、年3%以上の利回りで運用していたい。

 

 

 自分の答えを紙に書いてください。必ず書いてください。Q2に対して書いたものが、あなたの株式投資を行う目的です!そこにむかって努力していくのです!(もちろん、あなたが決めたものであるならどんな目的でもいいのですよ!)

 目的は人によって全然ちがうのです。そのため、「誰にでも当てはまる投資法」というのは基本的にはありません。人によって全然ちがう場所にゴールを設置しているのですから。

 

 そのため、人によって学ぶべきものも、その優先順位もまったく変わってきます。「5年後までに、500万円分の資産を積み上げて、年3%以上の利回りで運用していたい。」という人と、「1年で1億増やしたい。」という人の勉強方法が同じわけがありません。前者は着実な長期投資について学んでいく必要があるでしょうし、後者は積極的にリスクをとる短期トレードについて学んでいく必要があるでしょう。

 

私も書籍やブログを読んでいて、「ん?そもそも、そんなことする必要なくね?」とか「損切ルールって。おいおい。」とか疑問に思うことがたくさんあります。しかし、これはその書籍やブログの意見が間違っているのではなく、書籍やブログの著者と私の「目的」や「投資スタイル」が違うからなのです。すべての人に対して正しい投資法など存在しません!スポーツで考えてみてください。いろいろなスタイルの選手がいるはずです。ひとりひとり体格や強みも異なるのに、全員がまったく同じ思想で、まったく同じトレーニングをしていると思いますか?

 このへんを曖昧なままにして、走り出してしまう人が非常に多いのです。「とにかく、動け!」という教えは非常に重要です。ただし、ゴールがどこにあるかは最初に確認しておくべきなのです。

大切なのは、自分の目的(ゴール)に適した方法をとることです。これについては事項でお話しします。

 

 さて、これであなたの目的(ゴール)がハッキリしましたね!「1年後」や「5年後」というふうに、ゴールにたどり着くまでの目標時間も設定されています!

 

 

 

ステップ②・・・目的(ゴール)までの見通しをもつ

 

 次に、目的(ゴール)までの見通しをもつことが大切です。

 ゴールまでどのような道順でいくのか、どのような手段を使っていくのかなどをある程度確認しておくわけです。

 

 ゴールは自分で設定したのですから、「自分の目的に合った方法」で進んでいくことが必須です。では、どうやって「自分の目的に合った方法」を見つけるのでしょうか。それは、ズバリ「すでに自分の進みたい道を進んでいる人の方法を研究する」ことです。

 自分がまだ行ったことのない場所に行くときに、すでにそこに行っている人に聞くのが最も有益です。あなたの師匠を見つけましょう。その師匠が実行している方法論について学ぶのです。

 

 これによって、あなたはより確実にゴールにたどり着くことができるようになるでしょう。「自分の目的に合った方法」がしっかり意識できていないと、無意味な時間を浪費することになってしまいます。例えば、「5年後までに、500万円分の資産を積み上げたい。」という目的なのに、『ソッコーで〇億円稼ぐ方法!』という本を読んでも、待っているのは大きな失敗です。

 そのため、師匠選びはとても重要です。最初は2~3人くらいの人を参考にしていくことをおすすめします。1人だけだと本当にその人が自分に合っているのかわかりにくいからです。師匠から学び、「自分に合った方法」でゴールへ向かっていきましょう。

 

 さあ、これで目的(ゴール)までの見通しをもつことができました!視界がスーッと晴れましたね!

 

 

 

ステップ③・・・「学習する→実行する」をくり返す

 

 目的が決まり、見通しがもてたら、いよいよゴールに向かって進んでいきましょう。

 進み方は、「学習する→実行する」をひたすら繰り返していくことです!

 

 重要なことは学び続けることです。私の好きな言葉に、「投資は危険ではない。無知なことが危険なのだ。」というものがあります。本当にその通りだと思います。無知だと投資がよくわかりません。わからないから誰かの言うことをなんとなく信じるしかありません。これこそが危険(リスク)なのです。リスクを減らすには学ぶことです。

 時代は刻々と変化していきます。だから学び続け、成長し続けなければいけないのです。学びをやめた瞬間に、それが最大のリスクになることを忘れないでください。

 

 では、何を学べばいいのでしょうか。学ぶべき対象は「小さな問題」と「大きな問題」の2つがあります。

 「小さな問題」とは、今、目の前の問題です。「次になにをしよう?」といった目前の問題です。これは師匠の方法をさらに勉強することによって解決していきましょう。

 「大きな問題」とは、「自分が入り込んだ株式投資というゲームの世界は、どんなルールや言語によって動いているのだろう。」という問題です。未知の国に入り込んで、その国のルールや言語がまったくわかっていなかったら、成功できるわけがないし危険ですよね。だから、株式投資に対する基本的な「考え方」や「基本用語」については並行して学んでいく必要があります。最初はみんな知らないものです。少しずつ学んでいきましょう。これについても、師匠がどう学んだのかを参考にすると良いです。

 

 無知なことは危険です。しかし、そうかといって、すべてを理解してから動こうとしていては、一歩も動けなくなります。なので見通しがもてたら、すぐに実行しましょう。もしかしたら失敗するかもしれません。しかし、そこでやめずにやり続けることで、「失敗」が「経験」という資産に変わります。学習する→実行する」を続けることで、成功・失敗どちらも資産に変えることができる無敵状態になります。あきらめてしまったら、その瞬間に、失敗がただの負債になってしまいます。

 もしかしたら途中で、学ぶことが多すぎてくじけてしまいそうになるかもしれません。しかし、あせらずひとつひとつやっていきましょう。「巨大なゾウを食べるにはどうするか。答えは、一口ずつ。」これも私が大好きな言葉です。

 

 さあ、これであなたは、着実に目的(ゴール)に向かって進んでいくことができるでしょう!

 

 

 

 

まとめ

 

 まとめです。

 株式投資の勉強は以下の3ステップで!

 

ステップ①・・・目的(ゴール)をハッキリさせる

ステップ②・・・目的(ゴール)までの見通しをもつ

ステップ③・・・「学習する→実行する」をくり返す

 

 これであなたは、ムダな時間と労力をかけずに最短距離で成功するための勉強方法を理解できました。

 株式投資だけではなく、自分を成長させるしくみとして参考にしていただけたら幸いです。

 

 さあ、「わたしは進み続ける!そのために学び続ける!」と強く決意し、成功への一歩を踏み出しましょう!私自身も努力し続けていきます!いっしょに投資を楽しみましょう!

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

具体的な勉強法についてはこちらの記事を参考にしてください。→株で勉強する基礎は2つだけ!

 

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.