より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

株は怖い?なら、預金も怖い? 株は怖くないです。

更新日:

 

 

 株は怖いものですか?

 あなたはこの質問にどう答えるでしょうか。

 「株は損をするから怖い。」

 「株には手を出さないほうがいい。」

 もしかしたら、このように思っている人が多いかもしれません。では、この質問はどうですか?

 

 預金は怖いものですか?

 「は?怖いわけないじゃん。」

 「怖いとかじゃなくて、みんなしてるでしょ!」

 こんな答えが多いのではないでしょうか。でも、それは本当でしょうか?

 もし、あなたが上の2つの質問にただのイメージだけで答えているなら注意が必要です。お金に対して、もう一歩だけ踏み込んで考えてみませんか?

 この記事を読み終わるころには、「株は怖くない!もちろん、預金も怖くない!」と思えるようになるでしょう。

 

株は怖くない!

 

 

 株は怖いと思ってしまう一番の原因は、多くの場合、損をすると思われているからではないでしょうか。株式投資をギャンブルのようにとらえてしまっているのです。しかし、株式投資はギャンブルではありません。「投資」と「投機」をしっかり区別して理解してください。

 投資とは

 お金を資本に投じること。株式投資であれば、企業の価値や成長にお金を投じます。比較的、長期に株を保有します。(長期投資)

 投機とは

 お金を機会に投じること。株式投資であれば、株価の値動きを見て、その変動でもうけようとする。短期間で株の売買を行います。(短期トレード)

 

 パソコン画面に張り付いて、常に株価をチェックしているようなものは投機(短期トレード)です。確かにこれはギャンブル性が高く、無知な素人が手を出したら損をする可能性が高いかもしれません。

 

 一方、投資(長期投資)は企業の成長とともに利益を受け取り続けることができる資産運用です。経済というのは、好況・不況を繰り返しながら成長していくものです。この成長の波に乗っかるイメージです。

 しっかりとした準備と計画のもとに投資を行えば、時間とともに資産を増やしていくことができます。全然、怖くありません。

 「投資」と「投機」を区別できていない初心者が、ちょっと株が値下がりしたら、「損切りしなきゃ!」と、慌てて損をしてしまうのです。計画性がなく、自分が「投資」をしているのか「投機」をしているのかもわかっていない状態です。

 

預金は損しない?

 

 

 大手銀行の普通預金の金利は0.001%程です。つまり、100万円預けていたら、1年で10円の利子がつくということです。

 10円。

 株を怖いというお方、じゃあ、これもけっこう怖くないですか!?

 100万円借りて、1年後に100万+10円で返せばいいのなら、私はかなり借りたいです!預金しているということは、0.001%の金利で銀行にお金を貸していることに他なりません。(銀行はそのお金を別の人(企業)に貸してもうけています。)資産運用として、かなりものたりなくないですか?

 とはいえ、「10円でも、預金であれば減ることはない!」と思っている人もいるかと思います。しかし、そうとも限りません。確かに「100万円」という額は変わらなくても、その価値が変わってしまうのです。

 どういうことかというと、インフレになるとお金の価値が下がります。インフレとは物価が上がることです。極端な例で説明すると、100円だったものが、200円になるような状態です。

 すると、同じ100万円でも、100円のときは1万個買えたのに、200円になったら5千個しか買えませんね。これは「100万円」というお金の価値が下がったことに他なりません。

 ご存知の方も多いかと思いますが、政府・日銀は2%のインフレをめざしています。インフレをめざす理由は、簡単にいうと、景気の回復をねらうためです。「物価が上がる→企業の儲けが増える→従業員の給料が上がる→物が売れる・・・」という、好景気の循環をつくりだそうというわけです。

 話をもとに戻します。100万円を0.001%で運用し、物価が2%上昇すれば、実質的にあなたの100万円の価値は下がるわけです。これはお金が減っているのと同じです。もちろん急激に減るリスクは小さいと思います。しかし、少なくとも「預金=お金が減らない」ではありません。

 

あなたに投資は関係ない?

 

 

 

 大手銀行の普通預金の金利は0.001%程ですが、平均的な日本株の配当利回りは2%程です。つまり、100万円投資すると、2万円の配当がもらえるということです。(配当利回りは、投資する銘柄によって異なります。)ものすごい差ですね。2千倍です。

 銀行に0.001%の金利でお金を貸すのであれば、企業に2%で貸す(投資する)のも悪くないと思いませんか?(銀行に預金して、銀行が別の企業に貸すことを間接金融。企業に直接貸すこと(投資すること)を直接金融といいます。)

 実際に国も個人の投資を後押ししています。2018年には積み立てNISAという制度もスタートしました。NISA(ニーサ)は簡単にいうと、株による儲けに対する税金を一定期間免除するという制度です。年金制度の不安などもありますから、このような優遇措置をとって、個人の資産運用を促しているのでしょう。

 ひとついえることは、これからの時代において、資産運用の能力(ファイナンシャルリテラシー)は必須です。投資なんて私には関係ないと思わないでください。あせらなくてもいいので、これをきっかけに投資の勉強を開始しましょう!

 投資の勉強に関してはこちらの記事も参考にしてください。→株の勉強をして投資家として成功しよう! ~絶対におさえておくべき3ステップ勉強法~

 

まとめ

 

まとめです。

 投資と投機はちがいます。株は怖くありません。

 預金にも少なからず、リスクがあります。

 預金だけでなく、投資をして、効率的に資産運用しましょう。

 これからの時代、資産運用能力は必須。

 

 少しずつ投資について学んでいっていただけたらと思います。私もがんばります!

 

-お金の学習
-

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.