より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】米国は株主還元の意識が高い。

投稿日:

 

 

 

米国企業は株主還元の意識が高いと言われています。

 

そういった文化ができているわけです。

 

株主還元の代表的なものといえば配当ですが、米国企業は日本企業と比較して配当に関して熱心です。

 

配当性向は総じて高いですし、連続増配年数や増配率を見てもわかります。

 

日本の企業は内部留保が多いということもよく言われていることですね。

 

(もちろんすべての企業を一概には言えませんが。)

 

他の株主還元といえば、自社株買いがあります。

 

自社株買いは企業が自分の会社の株を買うことによって、市場に出回る株数が減ることで、その株の価値が高まります。

 

株価が上がることによって投資家の利益につながります。

 

米国企業の配当と自社株買いを含めた総還元性向に対する意識は総じて高いといえます。

 

総還元性向(株主還元性向)とは、企業が得た利益をどれくらい株主に還元しているかを表す指標で、「配当性向」よりも幅広く株主利益を示すものとして注目されています。

 

総還元性向=(配当+自社株買い)÷純利益

 

 

 

 

株を保有するということは、その企業の一部を保有することになります。

 

ただふつうの個人投資家は経営には関わりません。(所有と経営の分離)

 

投資をするからには、株主利益のことをしっかりと考えている企業にしたいものです。

 

自分は米国の連続増配株にも投資をしていますが、それは何十年も株主利益の期待に応えてきた実績が信頼できるからです。

 

しかもそれらの株のほとんどが株価上昇によって含み益を出しています。

(米株全体が好調であることもありますが。)

 

長期投資はずっと持ち続けられるものを買うのが基本ですが、株主利益を尊重してきた実績は大切だと思っています。

 

何を言ってるかではなく、何をやっているか(行動)をみれば、その人の実態がわかります。

 

人や企業や社会を見る目を鍛えていきたいところです。

 

今回は以上です。

 

 

 

以下の記事も参考に↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

『インデックス投資は勝者のゲーム』を紹介!【S&P500に投資して永久保有】)

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者25000を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.