より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

米国企業ランキング!1位はやはり・・・

投稿日:

 

 

ドラッカー研究所が発表している「米国企業ランキング」の2019年版が出ていました。

 

ドラッカーは「現代マネジメント理論の父」といわれる方ですね。

『マネジメント』をはじめとして数々の著作もあります。

興味のある人はドラッカーの名言を聞くだけでもおもしろく、新たな気づきがあるかもしれません。

 

そのドラッカーの思想をもとにして、企業をランク付けしたのが「米国企業ランキング」です。

 

評価の方法は、市場シェア・特許件数・従業員評価など37の項目を基にスコアを算出し、それを「ドラッカーのコア原則を反映する5つの分野」に当てはめていきます。

 

総合的に米国で最も効率的に経営されている企業がわかるランキングとなっています。

 

ランキングの結果は以下の通りです。

 

1位  アマゾン

2位  マイクロソフト

3位  アップル

4位  アルファベット

5位  シスコシステムズ

6位  フェイスブック

7位  IBM

8位  ジョンソン・エンド・ジョンソン

9位  インテル

10位 スリーエム

11位 ヒューレット・パッカード

12位 ペプシコ

13位 マスターカード

14位 ウォルマート

15位 P&G

16位 ナイキ

17位 アクセンチュア

17位 アドビ

19位 エヌビディア

20位 イントゥイット

出所:2019ドラッカー研究所会社ランキング

 

 

 

ということで1位はアマゾンです。

「社会的責任」の分野がやや低いものの、「イノベーション」の分野は圧倒的で2位以下に大きな差をつけています。

 

たまにアマゾンについて本で勉強をするのですが、読んでいるだけでもわくわくするような挑戦をどんどんしている企業であることがよくわかります。

 

日本ではまだおこなわれていないサービスでも思い切ったものがけっこうあります。

 

アマゾンは配当が出ていませんが、アマゾンによって再投資されている方がおもしろそうと思えるほどです。

 

 

そして、2位にマイクロソフト、3位にアップルと続いています。

どちらも好調な企業で、株価も大きく上がっていますね。

 

 

 

ランキング上位に入っている企業はIT企業が多い中、J&J、3M、ペプシコ、P&Gなど米国株投資家にはおなじみの企業も入っています。

 

 

 

 

ただ、あらゆる「ランキング」がそうだと思いますが、企業のすべてを網羅できているわけではなく、調査の時期によっても影響があるでしょう。

 

ある資料で興味を引いたら、それを入り口としてさらに深掘りしていくことが重要になると思います。

 

特に投資対象に関しては自分が納得いくまで調べることが、長期的に保有する上で大切になります。

 

「高配当ランキング」「人気優待ランキング」など様々なランキングがありますが、それらが入り口になったとしても自分で検討しましょう。

 

今回は以上です。

 

 

アミ
以下の記事もどうぞ↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【最新刊】『金持ち父さんの「これがフェイクだ!」』を紹介!3つのフェイクが格差を広げている!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者18200を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.