より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

【高配当株】JT決算発表!連続増配はストップか。

更新日:

 

 

日本の高配当株として人気なJTの決算発表がありました。

 

予想はしていたものの決算内容はよくありませんでした。

 

そして、連続増配がストップしてしまうかもしれません。

 

配当目当ての投資となりますので、これはけっこう大きなことですね。

 

今回は決算内容を確認していきたいと思います。

 

出所:JT 2019年度決算説明会資料

 

 

 

 

 

 

 

 

売上は前年比-1.8%となりました。

 

海外たばこ事業が健闘したもののその他はマイナスとなっています。

 

特に医療事業のマイナスが大きかったです。

 

純利益は前年比-9.7%となりました。

 

為替の影響を受けたこともありますが、厳しい結果となっています。

 

一株利益(EPS)は215.31円→195.37円と減少しています。

 

 

 

JTは、国内たばこ・海外たばこ・加工食品・医療の4つの事業を柱としています。

 

 

国内たばこ↓

出所:JT 2019年度決算説明会資料

 

外国たばこ↓

出所:JT 2019年度決算説明会資料

 

医療↓

出所:JT 2019年度決算説明会資料

 

食品加工↓

出所:JT 2019年度決算説明会資料

 

 

このようにほとんどの事業で売上収益が減少しました。

 

 

一方でキャッシュフローは増えています。

 

出所:JT 決算短信

 

営業キャッシュフローは5404億円で約17%ほど改善されています。

 

買収に伴う支出がなくなったことが大きく影響しています。

 

投資キャッシュフローが大幅に抑えられていることがわかります。

 

とりあえず、現金は確保しているということになります。

 

 

しかし、2020年度の見通しも厳しいものとなっています。

 

出所:JT 2019年度決算説明会資料

 

 

 

こうしたなか、配当の増配がストップしてしまう可能性が濃厚となりました。

 

2020年の配当予想を154円としています。

 

つまり、2019年と同じです。ここまで、連続増配を続けてきましたが、途切れることになりそうです。

 

出所:JT 経営計画2020

 

 

減配とはなっていないものの、収益状況が厳しいことを表れています。

 

JTは配当ねらいで投資をしている人がほとんどですので、これはけっこう大きな影響が出るかもしれません。

 

配当性向も2019年は79%に達しており、2020年は現状維持の154円でも90%に達します。

 

 

 

JT株の魅力は何といっても高配当であるということでしょう。

 

現在の配当利回りは約6.6%です。

 

さらにこれまで16年連続増配をしてきていました。

 

業績に心配な面があっても根強い人気があったのはこのためです。

 

6%を超える日本の高配当株で、有名ブランドをもち、連続増配をしてきた実績もあるとなるとJT以外にはありません。

 

しかし、増配がストップするとなるといよいよ慎重にならざるを得ないかと思います。

 

 

100株保有で年間15400円(税引き前)の不労所得というのは破壊力抜群です。

 

JTに集中的に投資をしている方もいますが、リスクと引き換えに多くのキャッシュフローを得ているかと思います。

 

以前として人気のあるJTですが、投資判断がますます難しくなったことは確かです。

 

今回は以上です。

 

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者3万を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.