より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

【高配当株】住友商事!日本の人気高配当株!

投稿日:

 

今回は日本の高配当株である住友商事を紹介します。

 

2019年の中間配当で創業100周年の記念配当が出たこともあって、注目度が高まった印象です。

 

配当利回りは5%程あります!

 

アミ
創業100周年ってすごいですね。

 

シン
それでは住友商事について見ていきましょう。

 

住友商事

 

 

住友商事は日本を代表する大手総合商社のひとつです。

本社は東京都千代田区にあります。

 

世界66の国と地域で事業を展開するグローバル企業でもあります。

クライアントは10万社にのぼるそうです。

 

主な事業分野は金属、輸送機・建機、インフラ、メディア・デジタル、生活・不動産、資源・化学品の6分野です。

 

これら6つの事業はバランスよく利益を出し、それぞれが企業の柱になっています。

 

特に近年は全体の利益を伸ばし、それにともなって株価も伸びた印象です。

 

シン
次に株価や業績について見てみましょう。

 

 

株価

 

住友商事の株価は2019年8月11日現在で、約1541円です。

 

住友商事10年チャート

住友商事10年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

長期ではおおむね横ばいから微増といったところです。

2016年後半以降、株価を高めました。

 

やはり配当による利益をねらって投資する人が多いかと思います。

 

近年の業績は以下のようになっています。

住友商事業績

出所:住友商事IR

 

近年の推移を見ると、利益を着実に増やしていることがわかります。

 

それにともなって、ROEも10%以上を確保しています。

ROE(株主資本利益率)は企業の収益性を計る指標で、株主資本が企業の利益にどれだけつながったかを示します。

(ROEの目安として10%というのがよく言われている。)

 

シン
ROEが高いほど、株主資本を効率的に活用して利益を出していることになります。

 

アミ
とりあえず、目安の10%という数字だけ覚えておきます。

 

 

配当

 

2019年の1株当たりの年間配当は90円です。

配当利回りは約4.8%です。

 

2019年度は創業100周年の記念配当が中間配当に上乗せされました。

(権利確定は3月・9月)

 

一株当たり配当金

住友商事IR

 

記念配当を除いても増配しているので、3年間連続で増配したことになります。

配当には意欲的な様子がうかがえます。

 

年によって異なるのですが、近年の配当性向は概ね30%前後と言えます。

 

アミ
配当利回り高いですね。

 

シン
配当がきちんと維持されるか注目ですね。

 

他の総合商社

 

住友商事を含めて、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、豊田通商、丸紅、双日の7社が日本の7大商社です。

 

商社は配当が充実している印象があるのですが、7大商社の配当利回りを確認しておきましょう。

 

社名 配当利回り
三菱商事 4.7%
三井物産 4.8%
伊藤忠商事 4.0%
豊田通商 3.1%
住友商事 4.8%
丸紅 5.1%
双日 5.2%

 

豊田通商以外はすべて4%以上の配当利回りです。

やはり総じて高めです。

 

高配当株は基本的に飛躍的な株価の上昇を期待するわけではないので、どれだけ安く買うかが肝になります。

 

興味があったら株価を追ってみておいて、株価の下落時など割安なタイミングをねらってみるのもいいかと思います。

 

まとめ↓

 

今回は以上です。

 

シン
こちらの記事も参考に↓

【高配当株】JTを紹介!配当利回り6%

【長期投資】株価が大幅下落したときの準備はできているか。

株で不労所得をつくる投資戦略!

長期投資で成果を出すための3つの視点!

小額投資は意味がない!?←いや、意味あります。

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者00人を超えました!ありがとうございます!)

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.