より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

高配当株に長期投資する! 父・米国株に挑む!連続増配戦術AT&T

更新日:

 

 

 

長期投資で資産を膨らませようという場合、米国株ETFに投資をするというのは優れた投資法のひとつです。

正直、これだけやっていれば、ほぼ確実に利益を出すことができるのですが、多くの人は「もっと早く!お金持ちになりたい」と別の投資に手を出します

今日も、また一人その衝動に動かされた投資家が誕生しようとしています・・・。

 

 

ヒロヤス
シン、投資のことで、ちょっと相談があるんだけど。

 

お父さん、なんだい?
シン

 

ヒロヤス
米国株ETF(VTI)への投資は続けるけど、やっぱり個別株にも投資してみたいんだ。

 

でたー。全部ETFに投資していた方がリターンはいいかもよ?
シン

 

ヒロヤス
うん。それでもやってみたい。

 

いいんじゃない。投資は自分で決めることだから!でもよく考えてからね!
シン

 

 

ということで、父ヒロヤスは米国株ETFに加えて、個別株にも投資することに決めたようです。どんな投資をするつもりでしょうか。

 

 

前回の記事もご覧ください。→年金と貯金だけじゃ物足りない!NISAを使った資産運用シミュレーション

 

 

 

連続増配株に長期投資する

 

 

長期投資をする場合は、プランをしっかり立ててね。
シン

 

ヒロヤス
わかってるよ。何に投資するか大体は考えてるんだ。

 

何に投資するの?
シン

 

ヒロヤス
米国株の連続増配株だよ。

 

ほう。投資の勉強はしてるみたいだね。
シン

 

ヒロヤス
一応ね。この記事を読んだ。↓

長期投資が一番確実! ~株初心者必見の投資スタイル~

youtube長期投資のすすめ 着実にお金を増やす方法

 

なるほど。
シン

 

 

米国株には、もう何十年も連続して増配している企業がたくさんあります。

「増配」とは、配当を増やすということです。

 

連続増配で有名な企業をほんの一部挙げてみます。

 

会社名 連続増配年数
P&G 62年
スリーエム 60年
コカ・コーラ 56年
ジョンソン・エンド・ジョンソン 56年

(2019年現在)

 

50年以上増配を続ける「配当王」と呼ばれる銘柄のなかでも有名なものを挙げてみました。

まあ、コカ・コーラを知らない人は子供でもいませんよね。

 

 

50年~60年もあれば、その間に経済的なピンチはたくさんありました。

なかでも、70年代の石油危機、80年代のブラックマンデー、00年代のドットコムバブル崩壊やリーマンショックなどを受けても、増配を継続というすごさを改めて感じます!

 

50年以上と言わなくても、10年・20年以上、増配を続けている優良企業もたくさんあります。

 

 

 

高配当株に投資する

 

 

具体的に投資する銘柄は決まっているの?
シン

 

ヒロヤス
最終的には10銘柄くらいに分けて投資しようと思ってるんだけど。1つはもう決めてるんだ。

 

なに?
シン

 

ヒロヤス
アメリカの大手通信会社のAT&Tだよ。

 

ほう。どうして?
シン

 

ヒロヤス
単純に、配当利回りが高い。増配も30年以上している。

 

まあ、確かに。
シン

 

ヒロヤス
定期的に買い増していって、配当をもらい続けようと思っている。

 

 

 

AT&Tはアメリカ通信大手2強のひとつです。ライバルはベライゾン。

近年、タイムワーナー(アメリカの大手メディア・エンターテイメント企業)を買収するという大型の投資をしています。

これから動画の時代がくる!」というメッセージで、それは多くの人が同意するところであると思います。

ただ、競争も激しいうえに、この買収の成果に対して疑問視する声もあります。

 

 

配当利回りは、6%を超えています。(7%弱)(2019年2月現在)

 

 

配当利回りは高ければその分、インカムゲインが大きいわけですからお得です。今の数字が高ければいいというわけではありませんが、連続増配銘柄であれば、今後も安定的な配当が期待できます。

ただ、成長株かというと、かなり微妙で、AT&Tは配当ねらいの銘柄になるでしょう。

 

 

AT&Tの10年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

成長株とは言いづらい。よくいえば安定的。

そして、ひとつ注意しておきたいのが、AT&Tのかかえている負債です。その額は約20兆円です。(2019年2月現在)

高配当のままであるのには、理由があるわけです。

 

 

しかし、いずれにしても、配当利回りは重要な指標です。

 

 

配当利回り6%以上ということは、大手銀行の普通預金の6000倍以上の利回りなのですから、ヒロヤスさんの言っていることも有力な考えなわけです。

 

 

 

ヒロヤス
連続増配銘柄で、どれも安定的な配当が期待できるなら、できるだけ配当利回りの高いものにしようということ。配当も再投資していく。

 

そこまでやる気があるなら、やってみればいいと思うよ!
シン

 

ヒロヤス
どうなるか結果を報告すれば、このブログの読者のためにもなるしね。

 

実験台がんばって!成功を祈るよ。
シン

 

ヒロヤス
いやな言い方だな。

 

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

米国株の連続増配株に長期投資するのは有力な投資方法のひとつ。

配当は再投資して、複利の力を使おう。

AT&Tはインカムゲインねらいの銘柄。

今後も安定的に配当が期待できるかが重要。

利回りの数字はこだわる価値がある。

 

 

 

他にはどんな銘柄に投資するつもり?
シン

 

ヒロヤス
うーん、コカ・コーラやジョンソン・エンド・ジョンソンを考えているけど、もう少し考えるよ。

 

勉強や分析に時間を投資することはとても大切だからね!
シン

 

アミ
長期投資はプランがとても重要なのよね!

 

お姉ちゃん、今回は出番なしだったね。
シン

 

アミ
そんな気がしたから、最後に滑り込んできたわ!

 

ヒロヤス
アミに負けないように、勉強頑張るよ。

 

 

 

米国株の連続増配銘柄への投資についてはこちらも参考にしてください。↓

長期投資が一番確実! ~株初心者必見の投資スタイル~

 

 

長期投資のプランに関しては、こちらの記事を参考にしてください。↓

長期投資のプランの立て方 【初心者必見】プランを立てるときの注意点

 

 

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.