より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

高校で資産形成の授業が行われるようになる?

投稿日:

 

 

 

学校で資産形成について教わることは少ないです。

 

学校で家計管理や資産運用について学んだ記憶がある人はどれくらいいるでしょうか。

 

株や債券、投資信託などの金融資産について学んだという人はほとんどいないのではないかと思います。

 

 

しかし、2022年度から始まる新学習指導要領では、家計について学ぶ家庭科の授業で資産形成に触れることが示されています。

 

生涯を見通した経済計画を立てるには、教育資金、住宅取得、老後の備えの他にも、病気や事故、失業などのリスクへの対応策も必要であることについて理解し、預貯金、民間保険、株式、債券、投資信託等の基本的な金融商品の特徴(メリット、デメリット)、資産形成の視点にも触れながら、生涯を見通した経済計画の重要性について理解できるようにする。

出所:高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説 家庭編

 

人生を見通した計画の重要性について学ぶ上で、リスクへの備えや様々な金融商品の特徴と資産形成の視点について学習するということですね。

 

資産形成については社会的な関心事になっているように思います。

 

高齢社会の中で、このままでは将来経済的に苦しくなる人の割合が多くなってしまうかもしれないという現実的な課題があります。

 

資産形成に関する課題を乗り越えていくには、金融リテラシーを高める教育が必須です。

 

家庭科の授業で株や債券の話が出て資産形成について学ぶというのは楽しそうでどんな授業が行われるのか見てみたい気もします。

 

 

 

ちなみに、現行の学習指導要領でも「資産管理」についてすでに示されています。

 

~生涯にわたる短期、長期の生活設計を行う上で必要な病気や事故などの不測の事態に備えたリスク管理の方法など、個人の資金管理の基本的な考え方を理解させる。その際、ローン、クレジット、の利用などに加えて、貯蓄、保険、株式などの基本的な金融商品などにも触れる。

出所:学習指導要領解説 家庭編

 

資産管理の基本を理解する上で、ローン・クレジット・貯蓄・保険・株式などについて触れることが示されています。

知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

 

いずれにしても、社会的な状況を受けて、より積極的に資産形成について学んでいく必要性があるということが新学習指導要領において強調されたという印象です。

 

とはいえ、教える側の先生も授業を行うのが簡単ではないかもしれません。

 

家庭科では衣・食・住について幅広く取り扱いますし、実習などもありますよね。

 

教える先生によって専門性が異なっているのが実際のところだと思います。

 

研修や出前授業といった金融庁による教育現場へのサポートがあるようですが、どこまでの実践的な教育が行われるようになるのかに注目です。

 

 

資産形成は個人個人の収入や適性・ライフスタイルによって、プランが変わってくるものです。

 

自分で収入を得たり家計管理をしたりした経験が少ない高校生に対して実感をもたせることは難しく、単に本を読み辞書的な意味を教えるだけでは効果があまり期待できないような気がします。

 

そうはいっても金融リテラシーを高めるための教育がより行われるようになるのは前向きにとらえられることで、早い時期からライフプランや資産形成について学べる環境がさらに広がっていくといいと思います。

 

今回は以上です。

 

 

 

アミ
以下の記事もどうぞ↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【最新刊】『金持ち父さんの「これがフェイクだ!」』を紹介!3つのフェイクが格差を広げている!

 

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者16500を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.