より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

投稿日:

 

 

 

今回はバートン・マルキール著『ウォール街のランダム・ウォーカー』の内容についてまとめます。

 

『ウォール街のランダム・ウォーカー』は個人投資家に対する実践の手引書として、世界中で幅広く読まれている名著です。

 

1973年に出版されて以来、息の長いミリオンセラーとなっています。

 

世界で最も読まれている投資本のひとつと言って間違いないでしょう。

 

著者のバートン・マルキールはプリンストン大学を代表する経済学者であり、経済・金融問題に関するスペシャリストです。

 

また、アメリカを代表する投資信託運用会社であるバンガード社の社外取締役を長年務めた経歴をもちます。

 

 

『ウォール街のランダム・ウォーカー』のページ数は500ページ以上あり、濃厚な情報量になっています。

 

アミ
読むの大変そうですね。

 

ただ、主張はシンプルで、多くの人にとっては要点だけを読み取れれば十分であると言えます。

 

今回はこの本の内容をまとめましたので、参考にしてください。

 

 

この本の結論

 

 

 

この本の結論はとてもシンプルです。

 

先に結論を示すと以下のようになります。

 

個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンド・マネジャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックス投資をした方がいい結果を生む。

 

 

個人投資家は、個別の銘柄を選んで投資したり、アクティブ運用したりするのではなく、ひたすらインデックス投資をせよということです。

 

これは以前紹介した名著『敗者のゲーム』でもまったく同じことを言っています。

(こちら→『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

 

結局、長期で見た場合、インデックス運用が個人投資家にとって最適であるというのが『ウォール街のランダム・ウォーカー』でも強調されているわけです。

 

アミ
やっぱりインデックス投資は優秀なんですね。

 

インデックス投資は、高い運用手数料も、頻繁な銘柄入れ替えに伴う売買手数料もかかりません。

 

非常に安いコストで、常に市場平均並みのリターンを実現することができます。

 

実際、長期で見たときに、ほとんどのプロがインデックス運用による成績を上回ることができないことが多くの調査からわかっています。

(プロでも勝てないので、個人投資家はより難しいと言える。)

 

個人投資家はインデックス・ファンドやETFを利用して、素直に積み立てを継続していけばいいということになります。

 

これが本書の主要メッセージです。

 

 

テクニカル分析とファンダメンタル分析

 

 

 

インデックス投資は平均リターンを出し続けることができます。

 

一方で、この本では、株式投資で用いられる代表的な手法である「テクニカル分析」や「ファンダメンタル分析」では、平均を上回るリターンを出し続けることは難しいと述べられています。

 

世の中には多くのテクニカル派とファンダメンタル派がいると思いますので、この主張はちょっと衝撃的ですね。

 

でも、なぜ「テクニカル分析」や「ファンダメンタル分析」で平均を上回るリターンを出し続けることが難しいのでしょうか。

 

 

テクニカル分析

 

テクニカル分析とは一般的に、株価の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績のパターンから予想・分析しようとする手法です。

 

株価の動きには「上昇トレンド」「下落トレンド」などのパターンがあるとされ、それらを利用して利益を出そうとします。

 

テクニカル分析による株価の予測パターンは様々あります。

 

しかし、テクニカル分析に関しては徹底的なテスト調査が行われてきており、結論としては、過去の株価を分析したところで、将来の株価を予測するのに何の役にも立たないことがわかったと述べられています。

 

確かに、株価の上昇が数日にわたって連続することなどは時々見られる傾向ですが、それは全く特別な現象ではないのです。

 

というのは、裏表が等しい確率で出るコインを投げたとしても、表が何回も続けて出ることはよくあることで、株価の上昇や下降が連続して起こる頻度は、コイン投げで表や裏の連続が何の規則性もなく起こるのと変わらないと言えます。

 

株式市場の動きに特定のパターンがあることを頑固に信じている人は多いですが、これは単に統計上の幻想にすぎないと言います。

 

実際に、ランダムなコイン投げの結果をチャートとして描いてみると、描かれたチャートは通常の株価チャートと酷似するのです。

(本書では、50ドルスタートで、表が出たら50セント上がり、裏が出たら50セント下がるという架空の株式の実験をしている。)

 

コインを投げるとき、たとえ10回連続で表が出たとしても、次の一回で表が出るのは、それ以前の結果に関わらず50%の確率です。

 

これと同じように、チャートが次にどう動くかということは過去の動きからは予測不可能であり、過去の株価変動に基づいて将来の株価を予測することはできないということを意味します。

 

株価は過去の動きに関係なく「ランダムウォーク」するのです。

 

 

ただし、現実の株式市場においては、過去の株価の動きと現在の株価の動きに、相関があるという研究もあります。

 

しかし、これまでに発見されている相関はわずかで非常に小さく、投資家がこれを利用して利益を出せるほどではないのです。

 

この方法で利益を得ようとしても、取引に伴って発生する手数料がはるかに上回ってしまうというのが様々な研究の結論として出ています。

 

 

そして、テクニカル分析を使って、相場変動のタイミングを当てようとするアプローチは特に危険です。

 

ミシガン大学のセイバン教授は、1960年代半ばから90年代半ばまでの30年間に起こった大きな上げ相場の95%が、この期間のたったの90日に起こったということを明らかにしています。

 

30年間の約7500取引日のうちの90取引日は、全取引日の約1%です。

 

もしこの1%のタイミングを逃したら、この30年間に得られたはずのリターンをほぼすべて失うことになるわけです。

 

相場のタイミングを計ろうとすることはリスクが高いことがわかります。

 

 

いずれにしても、長期のインデックス運用というはるかに単純な戦略によって、テクニカル戦略と同等かそれ以上の利益が得られるのです。

 

 

アミ
「テクニカル分析」とか難しいことはわからないので、私みたいな人には朗報ですね。

 

 

ファンダメンタル分析

 

ファンダメンタル分析は、株式投資の基本として、学んだことがある人が多いかと思います。

 

ファンダメンタル分析とは一般的に、財務状況や業績をもとに企業の持つ本質的価値と、市場価格とのギャップを見出す分析方法です。

 

実際の価値よりも現在の株価が割安になっている銘柄を見つけ出そうとするわけです。

 

ファンダメンタル分析は企業の利益や資産、配当状況やそれらの見通し・予想から現在の株の価値を導き出そうとするアプローチであり、とても有効そうに思えます。

 

しかし、ファンダメンタル分析には単純にして大きな問題点があると言います。

 

それは、情報が必ずしも正しいとは限らないということです。

 

世の中の情報には様々なバイアスがかかっていることが多いです。

 

そして、単純に企業に関する情報は正しく分析することも非常に困難な作業です。

 

たとえ正しい情報による分析でも、何年も先の予測や見通しとなると不確定要素が多く、あとから修正されたり新たなマイナス情報が出てくることもあります。

さらに、災害や不祥事などの突発的なアクシデントもあります。

 

 

そして、企業の将来の収益を予想するのに、アナリストは通常、過去の軌跡をたどることをします。

 

「過去に実現された利益成長は、将来の利益成長を占う上で、最も信頼できる指標だ」というわけです。

 

しかし、過去の実績を分析したところで、それが将来の成長を予想するのに役に立つ保証はありません。

 

たとえ、世界中の企業の1980年~2000年までの成長率を知っていても、2000年~2020年に達成される成長を当てることはできなかったはずです。

 

実際に1990年代の高成長企業をいくら知っていても、2000年代の高成長企業を見つける助けにならないことがわかっています。

 

ということは、アナリストは業績予想という基本的な部分さえ満足に果たすことができていないと指摘しています。

 

個人投資家による分析となると、情報が大幅に少なくなるため、さらに不確定要素が強くなると言えるでしょう。

 

よって、ファンダメンタル分析も絶対ではないことを肝に銘ずるべきだと述べています。

 

 

ふつうの個人投資家にとっては、手間がかかり、かつ正確に分析するのが困難で損をするリスクがある道を選ぶよりも、初めからインデックス投資を行った方が、長期的に大きなリターンが得られるでしょう。

 

アミ
ファンダメンタル分析もよくわからないし手間なので、私みたいな素人はインデックス投資がいいですね。

 

 

以上から、一般的な個人投資家にとっては、テクニカル分析もファンダメンタル分析もあまり役に立たないと言えるかもしれません。

 

結論として、多くの個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンド・マネジャーが運用する投資信託に投資するよりも、インデックス投資をすることが最適であるとなります。

 

 

インデックス投資をする上で重要なこと

 

 

それでは次に、インデックス投資をする上で重要なことについてまとめていきます。

 

インデックス投資を実践する上で特に重要なのは、投資期間分散です。

 

 

投資期間

 

まず投資期間についてですが、投資の期間を長くとるほどリスクは小さくなります。

 

米国の研究データによって、株式のリターンは短期的には大きな振れ幅がありますが、長期的には平均的に年率6%程のリターンに収束していくことがわかっています。

 

これは以前に紹介している『株式投資の未来』や『敗者のゲーム』でも言われていることです。

 

『株式投資の未来』では1802年から2003年までの200年間の米国株のデータによって、株式のリターンは長期では6.5~7%の年率リターンに収束することが述べられています。

 

『敗者のゲーム』でも、1926年~2012年までのデータで見ると、株式の年率リターンはインフレ調整後で約6%であることが述べられています。

 

そして『ウォール街のランダム・ウォーカー』でも、投資期間が長くなるほどリスクが小さくなることが述べられています。

 

 

〇投資の期間と年率リターンのちらばり方(1950~2017年)

1年→  -37.0%~52.6%

5年→  -2.4%~28.6%

10年→ -1.4%~20.1%

15年→  4.2%~18.9%

20年→  6.5%~17.9%

25年→  5.9%~17.3%

 

 

上の表は1950~2017年における「投資期間」と「株式リターンのちらばり」の関係を示しています。

 

幅広く株式に投資したとき、投資期間が1年の場合、リターンは-37.0%~52.6%と非常に大きなばらつきがあります。

 

しかし、投資期間が5年になると、リターンは-2.4%~28.6%とばらつきの幅は小さくなっています。

 

投資期間が20年になると、リターンは6.5%~17.9%でさらにリターンの幅は小さくなります。

 

1950~2017年平均リターンは10%程ですが、投資期間が長くなるほど平均に向かってリターンの幅が収束していることがわかります。

 

このように、投資期間が長いほどリスクが小さくなることがわかります。

 

そのため、投資家にとって年齢やライフサイクルを考慮して投資方針を決めることが重要になります。

 

 

 

また、ドルコスト平均法を使うことで、間違ったタイミングで資金を多くつぎ込んでしまうリスクを減らすことができます。

 

ドルコスト平均法は、同じ投資対象に一定金額を一定期間ごとに投資していく方法です。

(例えば、同じインデックスファンドを毎月月末に5万円分買う。など)

 

これによって取得価格を平準化することができます。

 

 

世界一の投資家であるウォーレンバフェットは、次のようにドルコスト平均法のメリットを説明しています。

 

第一問

あなたは死ぬまで毎日ハンバーガーを食べ続けたいと思っているが、牛肉の生産者ではありません。

牛肉の値段は高い方がいいですか、それとも安い方がいいですか。

答えは言うまでもなく、安い方がいいでしょう。

 

第二問

あなたは今後五年間の収入のある部分を貯蓄し続ける予定で、それを株式投資に振り向けます。

株価は高い方がいいですか、それとも安い方がいいですか。

今度は、多くの人は答えを間違います。

自分たちは当分株式を買い続ける立場なのに、株価が上昇すれば元気になり、下落すれば意気消沈するのです。

これでは、これからハンバーガーを買いに行くのに、値上がりを歓迎するのと同じで、まったく馬鹿げています。

株価が上がって喜ぶのは、今から売ろうとしている投資家だけで、買い続けようとするなら下がり続ける方を喜ぶべきなのです。

 

 

ドルコスト平均法のメリットを享受するには、投資を持続しなければなりません。

 

周囲が相場に対してどれだけ悲観的だとしても、継続しないと効果がでません。

 

もし下落相場でやめてしまうと、またとないバーゲン価格で追加の株が入手できるというこのアプローチの最大のメリットを逃すことになります。

 

 

以上から、個人投資家は長期的な視点をもって、着実にインデックス投資を継続していくことが必要となります。

 

リスクは投資期間に依存するのです。

 

シン
「長く」「着実に」が大切ですね。

 

 

 

分散

 

インデックス投資をする上で重要なもうひとつのポイントは分散です。

 

分散の重要性については、投資の世界では古くからいわれていることです。

 

この本でも、分散投資はリスクを軽減し、長期的に投資目標を実現する可能性を高めてくれるだろうと述べられています。

 

したがって、なるべく多くの銘柄に分散投資することが推奨されています。

 

 

インデックスで、とても人気が高く有名なのが米国のS&P500です。

 

S&P500は米国の優良企業で構成されるインデックスです。

 

確かにS&P500には多くの優良な多国籍企業が含まれているため、十分な分散をしているとも言えます。

 

しかし、より確実に分散のメリットを得るために、広く国際分散投資をするべきだと述べられています。

 

研究調査の結果によると、国際分散ポートフォリオは、アメリカ株だけで構成されたポートフォリオよりもリスクが小さくなっていることがわかりました。

 

アメリカ以外の国、特に新興国の経済は必ずしもいつもアメリカと同じ方向には動かないため、国際投資分散によって、さらに大きなリスク低減効果を享受できると言います。

 

 

そして、さらにポートフォリオを盤石にしたいなら、一部をREITに投資することも有効だと述べられています。

 

REIT(リート)とは不動産投資信託のことです。

 

REITが勧められている理由としては、REITは歴史的に株式に比肩する値上がり益と配当利回りを上げてきたことです。

 

また、不動産はインフレリスクに最も強い資産とも言われています。(米国)

 

不動産という投資対象を加えることによって、一層大きな分散効果が得られ、ポートフォリオ全体のリスクを低下させることができます。

 

 

さらに、年齢や自分のリスク許容度に応じて、債券をポートフォリオに組み込むことで、リスクを調整することができます。

 

一般的には年齢が高いほど、保守的なポートフォリオを組むべきだと述べられています。

 

『ウォール街のランダム・ウォーカー』では、年代別の具体的なポートフォリオの例が示されていますので、興味のある人は実際に読んでみることをおすすめします。

 

 

いずれにしても、コストの低いインデックスファンドやETFを利用して、幅広い分散投資をすることが重要です。

 

シン
分散は投資の基本ですね。

 

 

まとめ

 

 

 

まとめです。

 

『ウォール街のランダム・ウォーカー』の主要メッセージは

多くの個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンド・マネジャーが運用する投資信託に投資するよりも、インデックス投資をすることが最適である。

ということです。

 

ふつうの個人投資家にとっては、テクニカル分析やファンダメンタル分析を駆使して投資を行うよりも、着実にインデックス投資をしていった方が、苦労もなくリターンを得ることができるでしょう。

 

 

そして、インデックス投資をするときに重要なのは以下の2点です。

・投資期間をできるだけ長くとる。

・国際分散する。

 

投資期間が長くなればなるほど、株式のリターンは平均に収束し、リスクが低くなります。

 

ドルコスト平均法で、悪いタイミングで資金をつぎ込んでしまうリスクを減らすこともできます。

 

 

そして、国際分散をすることによって、ポートフォリオのリスクを低くすることができます。

 

自分の投資プランに応じて、REITや債券を加えるとさらに分散の効果が得られます。

 

アミ
勉強になりました。

 

 

『ウォール街のランダム・ウォーカー』では、群集心理によるバブルの歴史、行動経済学、最新の投資理論など、ここでは述べきれていない内容についてもわかりやすくフォローされています。

 

また、豊富な具体例やデータも掲載されていますので、実践の書としてとても参考になると思います。

 

興味をもったら、実際に本を手に取って読んでみてください。

 

今回は以上です。

 

 

 

アミ
こちらの記事もどうぞ↓

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者10700を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.