より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

初心者

【初心者の思い込み】株式投資のイメージは?

投稿日:

 

 

 

学校や家庭で投資について教わることはなかったと思うので、ほとんどの人が大人になっても投資の知識があまりありません。

 

そのため投資というものに対して、誤解や思い込みがけっこうあるように思います。

 

「投資」と「投機」がごっちゃになっていたり、ひとくくりに「投資はギャンブル」などと思われていることもあります。

 

とにかく損するから手を出すなと教わった人もいるようです。

 

さて、そういったものを乗り越えて投資をやってみようと思った人でもそんな環境の中育ってきたので、投資に対して勘違い・思い込みをしたまま始めてしまう人は多いです。

 

 

初心者の思い込みの中で割と多いのが以下の2つです。

 

①株式投資とは、日本の個別株を買うこと

 

②株式投資とは、安く買って高く売ること

 

 

①についてですが、何となくそう思っていた人は多いのではないでしょうか。

 

株式投資とは、どこかの日本企業の株を買うこと。

 

上場一部企業がいいとか、マザーズがいいとか。儲かりそうな銘柄はどれでしょう?という感じです。

 

しかし、個別株への投資というのは株式投資の中でも難易度の高い投資対象です。しかも、日本株。

 

株式投資の原則に分散することがあります。

 

個人投資家が個別株に投資して広く分散することは難しいです。

 

しかも、日本株は世界の株式の約8%を占めるにすぎません。

 

分散投資しようと思ったら、インデックスファンドで簡単に全世界株に分散投資できます。しかし、インデックス投資は一般的にはあまり知られていません。

 

また、世界の株の55%を占めている米国株も日本株とほとんど同じように投資できますが、外国株に投資するという発想は初めからない人がほとんどです。

 

色々といいましたが、簡単に言えば、インデックス投資や米国株もあるよということです。

 

しかも、そちらの方が日本の個別株よりも難易度はかなり優しく、成功しやすいと思います。

 

初心者がいきなり難易度の高い日本の個別株へ投資をするなら、失敗する人が多くなるのも当然と言えるかもしれません。

 

加えて②です。

 

「株は安く買って高く売る」というのは投資をやったことがない人でも持っているイメージだと思います。

 

確かにそうなのですが、これは売りを前提としているため、短期的な売買やトレード的な行為を連想しやすいです。

 

しかし、短期的な売買こそ、もっとも難しい部類のことでしょう。

 

しかも、それを働きながら片手間にやるとしたらなおさらです。

 

素人ならむしろ損して当然とさえ思えてきます。

 

個人投資家にとっては長期保有(永久保有)がもっとも効果的な戦略です。

 

米国株と違って、日本経済はバブル崩壊以後長期で低迷しました。

 

そのため、米国株のような長期なら報われるということも根付かなかったのかもしれません。

 

 

長々と書きましたが、「日本の個別株を安く買って高く売る」という難易度の高い戦略だけでなくて、「米国株を中心としたインデックスを永久保有する」というとても簡単な戦略がありますよということです。

 

初心者はまずこの戦略を学ぶと失敗が少ないと思います。

 

今回は以上です。

 

 

以下の記事も参考に↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

『インデックス投資は勝者のゲーム』を紹介!【S&P500に投資して永久保有】)

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者25000を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-初心者

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.