より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】なぜこんなに上がっているのだろう?疑う投資家たち。

投稿日:

 

 

 

 

米国株は直近の1か月程で大きく上昇しています。

 

全体的に上がっているため、インデックス投資をしている人を含めて、米国株投資家は保有株の価格が上昇していることが多いと思います。

 

しかし、「株価が上がってくれ~」と願っていた人も、いざグングン株価が上昇すると「なんか怪しい・・・」とひっかかりを感じるようになります。

 

基本的に人間は得ることよりも失うことをより恐れます。

 

利益を得たい気持ちと損失を避けたい気持ちだったら、圧倒的に損失を避けたい気持ちが勝ることが心理学の実験でわかっています。

(損失は利益の2.5倍も苦痛に感じる)

 

アミ
確かに1万円のおこづかいをもらううれしさと、1万円落としたときのショックだったらそっちの方が強いかも。

 

そのため、せっかく大きな含み益が出たのだからこれを失いたくないという気持ちが強くなってくると、「一気に下がるのでは?」「ひょっとして暴落がくるのでは?」と心配になりやすくなります。

(一方で、「もっと上がるかも・・・」という気持ちもあるので難しいのですが。)

 

 

 

 

しかし、米国株はなぜ上がっているのかという理由がわかれば根拠のない不安は和らぐでしょう。

 

思考停止せずに理由を考えてみることも大切です。

 

 

大きく関係していそうなのが、FRBによる利下げです。

 

FRBは6月から現在(2019年11月)までに合計で0.75%の利下げを行っています。

 

2019年に入っても米中の問題で株価が下がり景気後退は懸念されていました。

 

そんな中、FRBは景気後退の予防的な意味も含めて利下げを行ってきました。

 

金利が下がれば、預金や債券の魅力は低くなります。

 

かといって、日本や欧州はマイナス金利なので米国以上に金利が低いわけで、他国の債券も魅力的なものが見つかりにくいです。

 

そうすると投資資金は株に向かうことになり、とくに世界で一番強い米国株に資金が集まり株高になったと考えることができます。

 

6月からのFRBの段階的な利下げのことを思い出せば、単純ですが一応の説明はつきます。

 

預金や債券よりも株の方が投資的な魅力があるということです。

 

 

しかし、好調な株価の上昇に対してひっかかりを覚えるように、慎重な投資家が割と多い印象です。

 

私自身も現金比率を落とさず地道に積み立てを続けようと思います。

 

このあとどうなるかはわかりませんが、全体が油断してお祭りモードになるようならいよいよ危なくなる可能性もあります。

 

どんな時でもそうなのですが、今一度自分の投資方針を確認し、それを貫くための冷静さを備えておくことが必要だと思います。

 

今回は以上です。

 

 

アミ
こちらの記事もどうぞ↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【最新刊】『金持ち父さんの「これがフェイクだ!」』を紹介!3つのフェイクが格差を広げている!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者15000を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.