より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

【お金持ちの特徴】あなたのお隣さんは億万長者かもよ。

投稿日:

 

 

お金持ちの多くは早くから資産を形成している傾向があります。

 

「お金持ち」というと人それぞれでイメージが違うかもしれませんが、1億円の資産をもっている人をお金持ちだとしましょう。

 

現在の日本ではおよそ50人に1の割合で資産1億円をもつ人がいるそうです。

 

やっぱり少ないなと思う人もいれば、意外といるんだなと思う人もいるかと思います。

 

ただ、資産1億円をもつ人はメディアに出てくるような超セレブだけでなはなく、ごく普通の住宅街に住むサラリーマンも相当数含まれているのです。

 

一方で、意外と高価な車や装飾品を所有している人は大して資産を形成できていなかったりします。

 

 

 

ごく普通のサラリーマンで資産一億円に達している人の共通点はいくつかありますが、ひとつは早い時期から資産運用を開始していることです。

 

株式投資をしている人は特に多いようです。

 

『となりの億万長者』というアメリカで長期間にわたって億万長者の特徴について調査した本がありますが、億万長者の実に95%が株を所有していることが述べられています。

 

 

アメリカでも、質素な生活をしている労働者で、はたから見たらとてもそんなお金持ちに見えない億万長者が相当数存在しています。

 

そういった人の多くは、資産の一定割合を株式として保有して長期保有しています。

 

過去のデータから株式の成長性をよく知っているわけです。

 

これは特別なデータではなく、資産形成について学ぼうと思えばだれでも手に入れられる知識です。

 

そうして、ムダ使いするのではなく、早い時期から資産を買い、キャピタルゲインや配当を得られるようにするのです。

 

ムダ使いしてしまえばそこで終わりですが、投資することで時間を味方につけて少しずつ資産を形成していくのです。

 

名著『金持ち父さん貧乏父さん』でもお金持ちと貧乏人の特徴を非常にわかりやすく述べられています。

 

金持ちは、資産を買う。

貧乏人は、負債を買う。

 

「資産」とは持っていることでお金を生み出すものです。

 

例えば、株や不動産などが該当します。

 

「負債」とは持っていることでお金が出ていくものです。

 

例えば、持ち家や車などです。

 

お金持ちは資産を買い、それによってさらに資産を増幅するのです。

 

 

このように見てくると、「お金持ち」と「資産」の関係性は非常に強いといえます。

 

そして、ごくふつうのサラリーマンでも早期に資産形成をはじめ、計画的に支出をコントロールすれば、億万長者になることはあり得るということです。

 

 

お金持ちは、倹約家が多いということも知られていますが、意外とあなたの近所に住むお隣さんが億万長者であるかもしれないのです。

 

今回は以上です。

 

 

 

シン
こちらの記事もどうぞ↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【名著】『7つの習慣』を紹介!世界で最も読まれている自己啓発書!

 

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者13000を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.