より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

【お金を貯める方法】お金を貯めるには、システムをつくれ!

投稿日:

 

 

 

この記事では、お金を貯める方法を紹介します。

 

結論からいうと、お金を貯めるためのシステム(しくみ)をつくることが重要です。

 

「貯金」を単体で見るのではなく、まとまったしくみとしてとらえます。

 

今まで、貯金がなかなかうまくいかなかった人も参考になるはずです。

 

以下で詳しく解説していきます。

 

 

 

お金を貯めるのに必要なこと

 

 

 

 

お金を貯めるのに必要なことは、

①貯める額を天引きする。

②支出を減らす。

③収入を増やす努力をする。

 

 

お金を貯めるのに必要なのはこれだけです。

 

貯めるだけなら①と②だけでも十分です。

 

 

①貯める額を天引きする

 

これは貯金の鉄則です。

 

例えば、月に3万円貯めると決めたら、収入から3万円を天引きします。

 

残ったお金で生活をします。

 

これで必ず、毎月3万円ずつ貯まります。貯まらないということはありえません。

 

 

しかし、ついついお金を使ってしまうという人もいると思います。

 

 

そこで、「しくみ」をつくります。

 

例えば、給料の3万円分だけ別の口座に入れてもらうようにします。

 

そうすれば、その口座には手を付けにくくなるはずです。

 

この口座のことは忘れておきましょう。

 

まずは、月に貯める額を決めましょう。

 

1万でも3万でも5万でも、自分のペースでOKです。

 

 

②支出を減らす

 

これがお金を貯めるために最も重要なことです。

 

固定収入(給料など)があるなら、これだけ実行すればお金は自然と貯まります。

 

入ってくるお金が変わらず、出ていくお金が少なくなるのですから自然をそうなります。

 

早速、日々の支出を減らしていけばいいわけですが、これも単発で考えると続きません。

 

 

そこで、これもしくみ化しましょう。

 

例えば、1週間に1つ支出を少なくするための行動をとることにします。

 

コンビニで使う額を100円減らすなど、どんなに小さいことでもいいので必ず1週間に1つ実行します。

 

一人では怠けてしまいそうな人は、家族やパートナーを巻き込んで怠けられないようにしましょう。

 

あるいは、SNSに「今週の節約」を発信するなどして自分を戒めるのもいいです。

 

改善できそうなものをリストにして1週間ごとに実行していくでもいいと思います。

 

 

 

参考までに支出のチェックリストを示しておきます。↓

・家賃

・通信費

・水道光熱費

・教育費

・旅行費

・飲み代

・食費

・間食などの費用

・衣服費

・趣味代

・交際費

・その他ムダな契約によるお金

 

 

少しずつムダを削っていくイメージです!

 

削減した分は、さらに貯金に回します。

 

これで貯金が増えるスピードが増していきます。

 

順調に削減できたら、最初に決めた貯金額をより高く設定し直してもいいでしょう。

 

 

 

↓支出を減らすことに関しては、こちらの記事も参考にしてください。

生活費を本気で削るとどうなるか。生活費を削るべき理由。

 

 

 

③収入を増やす努力をする

 

①②だけで十分お金は貯まるので、すでにここまでで十分です。

 

しかし、収入が増えるに越したことはありません。

 

どうせ長期戦ですし、その間、勉強して自分の価値を高めていきます。

 

お金を増やすだけでなく、人生を豊かにするためにも成長していくことは必須です。

 

 

そこで、①②を実行しながら、収入を増やす努力をします。

 

収入を増やすと言っても、近い将来に向けた準備というイメージでいいです。

 

簡単に言うと、勉強です。

 

 

具体例を挙げておきます。↓

・自分の強みを生かしたスキルの勉強

・需要のあるスキルの勉強(語学・プログラミングなど)

・投資の勉強(株・不動産など)

・ブログ・SNSなどでの発信

・その他、副業の勉強・準備・実行など

 

 

近い将来に向けて、自分の価値をどんどん高めていきましょう。

 

この「自分の価値を高める」という発想はとても重要です。

 

 

 

 

お金を貯めるシステム

 

さて、今まで見てきたことをシステムとして、まとまりでとらえて実行していきましょう!

 

 

以下のようなことをやるんでしたね↓

・毎月の貯金額を決める

・貯金額を天引きする

・1週間に1つ支出を少なくする行動をとる

・削った支出を貯金に回す

・収入を増やすための勉強

 

 

 

システム化したものを図にするとこんな感じです。↓

 

 

 

 

このシステムをグルグル回していけば、お金は貯まっていきます。

 

もちろん、これは例ですので自分流にアレンジしてOKです!

 

 

個別の動きでなく、1つのシステムとして動かしていくとうまくいきます。

 

この考え方は貯金だけでなく、その他のことにも応用できますので参考にしてください。

 

 

 

 

こちらの記事も参考にしてください。↓

生活費を本気で削るとどうなるか。生活費を削るべき理由。

 

「貯金ゼロ」が23%! 30~40代で、貯金がほぼない人は48%!貯金を増やす方法は、浪費をなくすだけ!

 

 

 

投資の勉強に関してはこちら↓

【株式投資】最速で自分の目的を達成する勉強法!(初心者必見)

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

 

 

 

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.