より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

お金を貯める唯一の方法  ~1000万円貯めよう~

更新日:

 

 

 「みんなどれくらいお金を貯めているのだろう?」

 だれでも、一度はこんな疑問をもったことがあるかと思います。ただ、こんなことはあまり気にしなくてもいいです。

 問題は、これからあなたがいくらお金を貯めたいかです。まあ、とりあえず1000万くらい貯めてみましょう。

 お金はだれでも簡単に貯めることができます。それでは具体的な方法を見ていきましょう!

 

お金を貯める唯一の方法

 

 

 

 お金を貯めるにはどうすればいいでしょうか?

 結論をいうと、支出を徹底しておさえることです。これ以外ありません。

 単純に考えて、お金が貯まるには、収入が増えるか、支出が減るかのどちらかです。(両方でもいいですが。)

 収入を増やすのは、だれにでもすぐにできることではありません。しかし、支出をおさえることは、だれにでもすぐにできます。

 もし、あなたが自分の力で飛躍的に収入を増やしていけるのならば、この先は読まなくてもいいかもしれません。そうでないのなら、まずは支出をおさえてお金を貯めましょう。出ていくお金が減れば、手元に残るお金が増える。シンプルですよね。

 「なんだ、そんなことか。」「ふつうかよ。」

 こんな声が聞こえてきそうですが、ふつうのことを徹底してやればお金は貯まるのです。特別なことはいりません。

 ただ、この普通のことが徹底できていない人がとても多いのです。こういう人は、いつまでたってもお金は貯まりません。世の中、簡単にお金を使えてしまいますからね。あなたは本当に大丈夫ですか?

 

支出をおさえる → 自動的にお金が貯まる!

こちらの記事も参考にしてください。→生活費を本気で削るとどうなるか。生活費を削るべき理由。

 

あなたの浪費をチェック

 

 

 

 支出は「消費」と「浪費」に分かれます。

 

 消費=生活するのに必要なお金

 

 浪費=生活するのに必要ではないが、使っているお金(無駄遣い)

 

 「支出をおさえる」とは、浪費をなくすことにほかなりません。ということで、浪費はすべてカットしましょう。代表的な浪費は以下の通りです。チェックしてみましょう。

 

①飲食代

②買い物

③旅行

④固定費

 

①飲食代

 行きたくもない飲み会はすべて断りましょう。お金だけでなく時間もムダで最悪です。友達とご飯を食べに行くときも、よく考えてください。安くておいしいお店はたくさんあります。何杯もアホみたいに飲むのはやめましょう。

 特に、独身の方は飲食代(食費)の割合が高いと思います。食費は1日1000円以内にしましょう。「1000円なら余裕!」と思った人もいるかもしれませんが、飲み会に行けば一発アウトなのでけっこう難しいですよ。そうはいっても、飲み会に行くこともあると思いますので、前後の数日で食費をカバーしましょう。

 

②買い物

 ムダな買い物をしていないか確認してください。最低限の衣服代くらいはかかるかと思いますが、あとはほぼ浪費だと疑ってかかるくらいでいいと思います。買う前に、「本当に必要か?」「支払うお金以上のリターンが得られるか?」と自問するクセをつけましょう。

 

③旅行

 驚くほどあっさりと、大量のお金を使えてしまうのが旅行です。世の中には旅行がめちゃくちゃ好きな人がいます。めちゃくちゃ好きなら問題ありません。しかし、たいして好きでもないのに旅行をしている謎の人がいるのも事実です。「連休にやることがないから旅行」なんて最悪です。旅行の100分の1くらいのコストで楽しめるものが世の中にはたくさんあります。人に誘われることもあるでしょうが、あなたの大切なお金と時間を使う価値があるのかよく考えてください。価値がないならバッサリ断ってください。

 

④固定費

 定期的にかかっている固定費もすべて見直しましょう。代表的なものにスマホ代があります。格安スマホにすることで格段にコストを下げることができます。

 行かないジムのお金、無意味な塾のお金なども考えられます。ムダなものにお金を使わないでください。

 

 これらのことをきちんと見直したら、もうすでにお金が貯まり出しています!

 

実際のやり方 ~お金を貯めるコツ~

 

 

 

 さて、お金を貯めるには支出を徹底しておさえること、つまり浪費をすべてカットすることが重要でした。

 これを実行するには、ちょっとしたコツがあります。それは、「先に貯める額を決めてしまう」ことです。

 例えば、「1年間で100万円貯める」と決めたら、もう最初から、100万円はないものとして考えます。残りのお金で生活するのです。こうすると強制的に浪費をカットすることに役立ちます。1年で100万なので、10年で1000万貯まります。簡単ですね。

 先に貯金額を決めているのですから、「貯まらなかった」なんてことはありえません。

 実際は必ずこのようにやってください。まず、先に貯める額を決めてしまうのが重要です。これをしないと、ほとんどの場合失敗します。

 ですから、まず、自分の収入に合わせていくら貯めるのか決めましょう。「1年で100万」を一つの目安にしてほしいと思います。

 

守りだけじゃない!お金の増やし方

 

 

 

 貯める額を決め、徹底的に浪費をカットする。これで確実にあなたはお金を貯めることができます。

 基本的にはこれで完了ですが、さらに攻めたいという人は、投資にチャレンジしましょう。

 貯金をするとお金は貯まるのですが、大手銀行の普通預金の利息は0.001%ほどです。つまり、100万円預けて1年で10円の利子です。これでは物足りませんね。

 そこで、投資をしてより積極的にお金を運用していくのです。ただ留めておくのではなく、お金にも働いてもらうイメージです。

 ちなみに、日本株の平均的な配当利回りは2%くらいです。つまり、100万円投資して1年で2万円の配当がもらえます。お金の増え方が段違いなのがわかりますね。株式投資などに興味をもったら、ぜひ勉強してチャレンジしてみてください。

 株式投資の勉強の仕方はこちらの記事を参考にしてください。→株の勉強をして投資家として成功しよう! ~絶対におさえておくべき3ステップ勉強法~

投資をすることで、浪費の防止にもつながります。ムダなものにお金を投じるのではなく、お金をさらに増やしてくれる資産にお金を投じましょう!

 

まとめ

 

 まとめです。

 お金を貯める方法は、支出を徹底的におさえるのが一番確実です。

 

 まずは、貯める額を決めましょう!

 浪費はすべてカットしましょう!

 さらに攻めたい場合は、投資の勉強をしましょう!

より具体的にはこちらの記事を参考にしてください。→生活費を本気で削るとどうなるか。生活費を削るべき理由。

 

 これで確実にお金が貯まりますので、継続していきましょう!

 読んでいただき、ありがとうございました。

 

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.