より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

お金持ちになる方法 ~2つのことをやるだけ~

更新日:

 

 

お金持ちになるには、たった2つのことをやるだけです。2つだけなら、できそうじゃないですか?実際、だれにでもできることだと確信しています。

2つのこととは、

①支出を減らす

②資産を増やす

 これだけです。そして、これ以外にはないといえます。お金持ちになりたかったら、すぐにやり始めたほうが圧倒的に有利です。お金を増やすときに、複利の力を利用するからです。今すぐ、お金持ちになると決意しましょう。この記事が、お金持ちへの一歩を踏み出すきっかけとなってもらえたら幸いです。

 

お金持ちへの道

 

 

単純に考えてお金持ちになるには、収入が増えて、支出が減ればいいわけです。入ってくるお金が増えて、出ていくお金が減れば、手元に残るお金が増えるというわけです。

 支出を減らすのはわかりやすいですが、収入はどうやって増やせばいいのでしょうか。それは、資産を買うことによって増やします。「資産」とはなんでしょうか?重要なことなのでこれをしっかり理解してください。「資産」の対義語が「負債」です。

・資産=もっていると、あなたのお金が増えるもの

・負債=もっていると、あなたのお金を減らすもの

 お金持ちは自分のお金を資産に使います。逆に、貧乏人は自分のお金を負債に使います。

 

お金持ちになる人が進む道

資産を買う→お金が増える→資産を買う

貧乏人のままの人が進む道

負債を買う→お金が増えない→何とかやりくりする

 

お金持ちは収入を得たら、株や不動産などの資産を買い、それによってさらにお金を増やしていきます。一方、貧乏人は、家や車などの負債を買い、ローンや他の浪費によっていつまで経っても、お金が増えません。

 あなたは、お金持ちになる人が進む道を選ばなければなりません。今日から支出を減らすことをはじめましょう。(支出の減らし方については、こちらを参考にしてください。→お金を貯める唯一の方法  ~1000万円貯めよう~

 そして、資産を増やすための投資について学びましょう。(投資の勉強法については、こちらを参考にしてください→株で勉強する基礎は2つだけ!

 

真のお金持ちとは?

 

 

真のお金持ちとは、どのような状態の人かわかりますか?

 1億円稼いでいればお金持ちかというと、必ずしもそうとはいえません。1億円かせいでいても、それをそっくり支出してしまっていたら、支出を補うためにまた必死になって働く必要があります。

 真のお金持ちとは、不労所得が支出を上回っている状態の人です。

 資産を買う意味もここにあります。例えば、株を買うと配当で定期的にお金が入ってきます。不動産であれば家賃収入が入ってきます。このように資産を買うと収入が増えるわけですが、これがただの収入ではないことに気づいてください。配当や家賃収入は、あなたが何もしなくてもかってに入ってきます。つまり、不労所得なのです。
 収入というと給料をイメージする人が多いかと思います。しかし、お金持ちは給料ではなく、資産によって生み出される不労所得に焦点を合わせているのです。自分が他のことをやっている間に、資産がかってにお金を生みだしてくれる状態。これが金持ちの正体です。

 そして、お金持ちの人ほど生活は質素で倹約家です。ムダな浪費を増やすことがいかに害であるかを知っているからです。つまり、支出をコントロールする力をきちんと身に着けているのです。

 お金持ちは、支出をコントロールし、資産を増やして不労所得を増やします。不労所得が支出を上回ると生活費のためにあくせく働く必要などありません。これが真の金持ちであり、経済的自由な状態です。

 (具体的な資産の増やし方はこちらを参考にしてください。→長期投資が一番確実! ~株初心者必見の投資スタイル~

 

もっと早く経済的自由になるには?

 

 

支出を減らしながら、基本的には毎月の給料から投資(資産を買う)をすることになると思います。これを継続することで、着実にお金持ちに近づいていくでしょう。

 しかし、毎月の給料からでは投資の元手が少なく、お金持ちになるには時間がかかります。それでも十分だという人もいると思います。しかし、もっとはやく大きな資産を所有して、経済的自由になりたいと思う人もいるかと思います。

 ただ、労働者のままではそれは無理です。ごく一部の超高給取りであれば早期リタイアも可能でしょうが、そうでないなら多くの場合、定年まで働かなければ支出を上回る不労所得を得られるほどの資産を築くのは難しいです。(生活費としていくら支出する必要があるのかにもよりますが。)

 もっと早く、経済的自由にありたければ、多くの収入を得て元手を稼ぐ必要があります。それには、ビジネスか短期トレードしかありません。

 ビジネスで取り組みやすいものとして、ネットビジネスが考えられます。ビジネスというと、自分とは関係のないものと思い込んでしまっている人も多いのですが、お金持ちになるために真剣に考えてみるべき対象です。ひとついえることは、一昔前に比べて、今の時代はビジネスを行うハードルが格段に下がっているということです。短期トレードは、株やFXが考えられます。大きな元手を得るための王道でもあります。

 ただ、ビジネスにしても短期トレードにしても、きちんと時間をかけて学習し、実力をつける必要があります。いきなり仕事を辞めることが難しい人も多いと思いますので、まずは仕事をしながら勉強を始めることをお勧めします。勉強とは自己投資に他なりません。あなたが勉強に費やした時間は資産となるわけです。楽しみながら勉強をしてほしいと思います。そして、長期的な計画を立てて、ビジネスや短期トレードに挑戦してみるのも良いかと思います。しかし、中途半端な気持ちであれば、成功することはまずありませんのでよく考えてください。

 

まとめ

 

まとめです。

お金持ちになる方法は、支出を減らし、資産を買う。これをくり返しましょう。

 

お金持ちは資産を買う。貧乏人は負債を買う。

 

お金持ちは支出をコントロールできる。貧乏人はコントロールできない。

 

資産からの収入は、不労所得である。

 

真のお金持ちとは、不労所得が支出を上回っている状態(経済的自由)の人である。

 

 お金持ちをめざして、一歩ずつ着実に進んでいきましょう。読んでいただきありがとうございました。

-お金の学習
-

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.