より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

お金の歴史 最低限知っておきたいお金の教養

更新日:

 

 

「お金って何ですか?」

 こう質問されて答えられますか?お金は、誰もが日常生活で当たり前に使っています。しかし、意外と「お金」がどういうものなのかわかっていない人が多いのです。というのも、お金について、学校ではほとんど何も教わりません。よくよく見たら、ただの紙であるお金になぜ価値があるのでしょうか。

 この記事を読むと、お金の歴史と「お金とは何なのか」ということがサクッと理解できます。お金がどういうものか理解できると、お金を思い通りに操ることができます。最低限の教養として、「お金」についての理解を深めましょう。

 

お金が誕生する前

 

 

お金の本質をつかむために、お金の歴史を簡単に振り返ってみましょう。

 お金(通貨)がなかった時代はモノを物々交換していました。しかし、これは非常に不便な点が多かったのです。

 例えば、自分はりんごをもっていて、魚が欲しいとします。

 まず、魚をもっている人を見つける必要があります。何とかして見つけます。見つけられたとしても、魚をもっている人が、自分のもっているりんごと交換することを認めてくれなければなりません。なんとか交渉します。

 りんごは食べ物ですから長くはもちません。日が経つにつれてその価値は下がっていき、最終的には腐ってしまいます。だからノロノロしていたらダメです。早く交換してくれる相手を見つけ、取引を終わらせる必要があります。だから、「魚が欲しかったけど、交換できなかった。すまん、息子よ。」なんてことは普通にありました。

 その後、「じゃあ腐る前に、わりとみんなに需要のある米にとりあえず交換しておくか。これなら交換できる可能性が高まるな。」などと、みんな考えて試行錯誤しました。それでも食料である以上傷んでしまうし、保存に手間がかかります。少量ならまだしも、量が多くなると運ぶのも大変です。手際が悪いと取引の機会を逃します。やはり「・・・すまん、息子よ。手に入らなかった。」ということが多発しました。

 いずれにせよ、物々交換の社会は非常に不便だったのです。

 

お金の誕生(それ自体に価値のあるお金)

 

 

 

不便だった物々交換の社会で試行錯誤が繰り返され、ついに、お金(貨幣)が登場します。

 気づいた方もいるかもしれませんが、先ほど「腐る前に、みんなに需要のある米にとりあえず変えておくか。」という例を出したのですが、ここですでにお金(貨幣)の発想が生まれているのです。「米であれば、みんなが必要としていて、あらゆるものに交換しやすい。」と考えて、米を今のお金のように使っているわけです。米でなくても、貝殻・塩・布・家畜などもありです。このようにそれ自体に価値のある貨幣を物品貨幣といいます。今のお金と違って、米であれば魚と交換できそうになくても、「じゃあ、食べちゃうか。」ということも可能です。米自体に食料としての価値があるからです。

 しかし、物品貨幣ではどうしても取引に不便さが残ります。先ほども言った通り、保存にも手間がかかります。みなさんが、米で給料をもらい、米をもって買い物に行くことを考えてみてください。管理も取引も大変そうですよね。

 そこで、金属(金や銀)の貨幣がつくられるようになりました。これなら傷みにくく、保存しやすいです。人々は金貨や銀貨で取引をするようになりました。今の我々の感覚にも近いと思います。しかし、金貨や銀貨を使っていると問題が起こったのです。どういう問題かというと、金貨や銀貨を削るやつがいたのです。金貨を削れば金が、銀貨を削れば銀が手に入ります。金属はそれ自体に価値がありますから、こういうことも起こるのです。

 

お金の誕生(それ自体に価値のないお金)

 

 

すると、「お金って、紙でもよくない?」ということになりました。金属自体を取引に用いなくとも、代わりに紙のお金を使えばいいということです。ただし、ただの紙では金属のような価値がないため、だれも何も交換してくれません。そのため、「この紙は、いつでも金や銀と取り換えることができる」という保証をつけました。これならみんなが安心して紙のお金を使うことができます。実は、数十年前まで、我々はこの「金に価値を保証されたお金」を使っていました。ちなみに、このような制度を金本位制といいます。近代国家では、金本位制のもとで中央銀行(日本だと日本銀行。自分のお札を見てみてください。「日本銀行券」と書いてあるはずです。)が、紙のお金を発行していきました。

 その後、金本位制が廃止されていきます。なぜかというと、金本位制ではその国がもっている金の量までしか、お金を発行できません。国がもっている金以上に発行したら「金によって保証する」というのがうそになりますからね。で、お金の発行量が限られると、経済成長が限られるのです。「くそ、お金がもっと発行されていれば、取引がもっと成立して、どんどん経済が発展していくのに・・・」という状態だったのです。そこで、「これからは金による保証がなくても、お金を発行するよ」となったのです。現在は、政府・中央銀行がお金の発行・流通量を管理しています。これを管理通貨制度といいます。つまり現在、我々が使っているお金は、金に価値を保証されていません。いってしまえば、数字の書かれた紙です。これをみんながなんの疑問もなく使っているのは、「政府・中央銀行が発行しているのもだから大丈夫」という信用、「今まで使ってきているんだし、これからも大丈夫」という信用をしているからです。

 さらに、政府・中央銀行が発行するのではないお金も使用されるようになりました。例えば、「○○ポイント」です。われわれはポイントを使って買い物をします。あれは企業などが、独自に生み出しているお金とみることができます。たとえ日本銀行券を全然もっていなかったとしても、ポイントをたくさんもっていれば生活できます。

 そして今日、発行主体がない通貨も使われるようになりました仮想通貨がそれです。ビットコインなどの仮想通貨は、「政府」「中央銀行」などのそれを発行する主体がいません。かわりにブロックチェーンというしくみで管理が行われています。

 

お金とは何か(お金のもつ機能)

 

 

お金の歴史についてみてきました。では一体「お金とは何なのか」についてまとめておきましょう。

 お金は、価値の基準を示す道具です。お金ができたことで、みんなが一目でわかる「モノの価値を示す基準」ができたのです。ここ非常に重要です。

 そして、お金は以下の3つの機能を果たします。

 1つ目は、「価値尺度」です。お金によって、りんごや魚の価値を数値で簡単に示すことができます。もちろん、りんごや魚だけでなく、商品であればなんでも数値化できます。例えば、労働の価値は給料で数値化されています。つまり、お金は価値尺度としての機能をもっています。

 

 2つ目は、「価値貯蔵」です。お金は、りんごなどの食料とちがって腐りませんから価値を長く保つことができて便利です。このように「価値」を簡単に保っておくことができるのです。つまり、お金は価値を貯蔵する機能をもっています。

 

 3つ目は、「交換手段」です。食料より持ち運びも便利なお金を媒体として人々はモノを交換できるようになりました。取引もスムーズになり経済が発展します。知らない人同士でも簡単に取引ができます。つまり、お金は交換手段としての機能をもっています。

 

 この3つが、お金のもつ機能です。

 お金の発明によって、人々の生活は激変しました。経済も桁違いに発展しました。人間の経済史上、最大の発明と言っていいでしょう。

 

 まとめ

 

まとめです。

物々交換の社会は効率が悪く大変だった。

お金が誕生したおかげで、飛躍的に便利になり、経済も発展した。

お金は、価値の基準を示す道具である。

お金は、「価値尺度」「価値貯蔵」「交換手段」の3つの機能をもっている

 

 特に、お金は価値の基準を示す道具であるというところは大切なポイントです。

ただし、お金の機能は完璧ではありません。このことが、現在、資本主義を大きく揺るがしています。これについてはこちらの記事を参考にしてください。→資本主義が限界にきている理由 最低限知っておきたい経済の教養

 

 お金について少し詳しくなった気がしませんか?だれかに話してみましょう。アウトプットになるし、物知りになった気分を味わえます。

 お金の本質をつかむと、それまでと見方が変わることがあります。興味を持ったらぜひ自分で深掘りしてみてください。

 読んでいただき、ありがとうございました

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.