より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

「オリンピックで儲かる株」は実際どうなった?ボランティアも熱いけど、投資も熱い!

投稿日:

 

 

 

いよいよオリンピックが来年に迫ってきました。ボランティアには目標よりも約2倍の応募があり、応募者に対する面談が開始されました。

人生で一回あるかないかのイベントですので積極的にかかわりたいと思っている人が多いのもよくわかります。

 

マユミ
私もボランティアに応募したのよ。

 

そうだったんだ。がんばってね。
シン

 

アミ
ねえ、ちょっと思いついたんだけど。

 

なに?
シン

 

アミ
オリンピックに関連する株を買えば、儲かるんじゃないの?

 

マユミ
私も、それ思ったわ。

 

おそっ!みんなが何年も前に、1回は考えたであろうことだよ!
シン

 

アミ
最近、投資を始めたんだからしょうがないでしょ!実際、儲かるの?

 

儲かる人は儲かる。損する人は損する。
シン

 

アミ
ハッキリしないのね。

 

どんな投資でも、これが事実さ。
シン

 

 

ということで、東京でオリンピックが開催されることが決まってから、オリンピック関連の株に注目した人も多いかと思います。実際注目されていた銘柄の株価はどのように動いたのでしょうか。今回はいくつか見てみたいと思います。

 

 

 

オリンピックで儲かるといわれた銘柄

 

 

オリンピックで儲かる業種には、どんなものがあると思う?
シン

 

アミ
建設業でしょ!いろいろ設備を整える必要があるから。

 

マユミ
やっぱりスポーツ関係でしょ。オリンピックなんだから。

 

なるほど、他には?
シン

 

アミ
観光業は儲かるんじゃない?人がたくさん集まるわけだし。

 

マユミ
アミちゃん頭いいー!

 

いや、ごく普通の発想だよ。OK。そのあたりの注目銘柄が、実際どのように変化したのか見てみよう!
シン

 

 

 

東京での開催が決定されてから、注目を集め、推されるようになった銘柄には以下のようなものがあります。

 

 

業界 企業名
建設業 清水建設
スポーツ ゴールドウイン
観光業 エイチ・アイ・エス

 

 

数年前に、雑誌やネット記事でよく見かけた銘柄を挙げてみたよ。
シン

 

 

これらの企業の株価は現在までどのように動いてきたのでしょうか。

 

 

 

オリンピック関連注目銘柄は実際どうなったか

 

 

それでは、上で挙げた銘柄の株価推移を順番に見てみましょう。

 

 

清水建設

 

清水建設は、1804年創業。大手ゼネコンの一角です。社会と建造物の持続可能性(サステナビリティ)を追求し、『スマートソリューション・カンパニー』をめざしています。

 

1804年って江戸時代です。歴史のある企業ですね。

 

資本金:約743億円

従業員数:約10,670人

(2018年現在)

 

 

過去数年間の株価は ↓

 

清水建設 5年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

 

2017年の後半までは、上昇しています。オリンピック関連の事業もあって利益を上げていました。

 

ただ、この間は株式市場全体が上がっていたので、オリンピックによる特別な上昇と言えるかは微妙。

 

もちろん、オリンピックはこれからですから、今後さらに動いていくことも考えられるでしょう。

 

 

清水建設は、オリンピック後のことも当然見据えています。人口減少をしていく国内だけでなく、積極的に海外展開を考えて投資先を広げていくものと思われます。

 

 

 

マユミ
大きな会社だから、私も知っていたわ。

 

 

 

ゴールドウイン

 

ゴールドウインは、1951年創業。各種スポーツ用品の製造・販売を行う企業です。

 

現在、この業界において非常に注目されています。

 

資本金:約70億円

従業員数:約1570人

(2018年現在)

 

 

過去数年間の株価は ↓

 

ゴールドウイン 5年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

すごい伸びです。2015年から見ても株価は、ざっと6倍程になっています。

 

オリンピックが後押ししたということもあるでしょうが、この企業に注目が集まったのには他に理由があります。

 

それは、合成クモ糸繊維です。

 

 

ゴールドウインは、合成クモ糸繊維の研究を進めていたスパイバーというベンチャー企業と業務提携をしていました。スパイバーは人工合成クモ糸繊維の生産を成功させ世界を驚かせた企業です。

低コストで、人工的にクモの糸のような繊維をつくる技術をもっているということです。これを実用レベルで成功させたのは他になかったわけですね。

 

クモの糸は、実はとても頑丈なのです。鉄鋼の4倍、耐熱性は300度を超えるそうです。

 

この技術を使った商品(ムーン・パーカなど)の開発にともなって、一般的にも広く認知されるようになりました。

 

それに伴って、株価も急上昇しています。

 

 

技術革新を重視する投資家も多いので、数年前からけっこう注目されていました。買っていれば、儲かっていたといっていいですね。

 

 

 

アミ
すごーい!知らなかったわ。くそっ、買っていれば…

 

 

 

エイチ・アイ・エス

 

エイチ・アイ・エスは、1980年に設立された旅行・ホテルなどの事業を行う企業です。

 

旅行好きの方は、利用することも多いのではないでしょうか。

 

 

資本金:約110億円

従業員数:約17,000人

(2018年現在)

 

 

過去数年の株価推移は ↓

 

エイチ・アイ・エス 5年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

過去5年で見ると、横ばいといった感じですね。

 

それでも、2012年から見ると4倍程になっています。ただ、この間は、アベノミクスで株式市場全体が上がっています。

 

 

オリンピックの開催で本格的に売り上げが伸びたり、オリンピックのアピール効果によって観光需要が増加したりすることで、株価の上昇を期待する声もあります。

オリンピックの波及効果がどこまで得られるか注目です。

 

 

アミ
これから伸びる可能性もあるってことね。

 

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

オリンピックは大きなお金が動き、経済効果もあります。たくさんの需要も生み出します。

 

ただ、オリンピック関連だからといって、なんでも買えば儲かるというわけではないということがハッキリと言えそうです。

やはり、その企業の強みや成長性、割安性などはきちんと分析する必要があります。

 

ゴールドウインなどは、何年も前から買いを推奨する情報がありました。しかも、ごく普通の雑誌やネット記事にです。

それらの情報を入手して分析し、きちんと持ち続ける判断ができていれば、現時点で、大きな利益を得られた銘柄が存在することも確かなようです。

 

 

いずれにしても、自分で分析できる能力を鍛えていくことが重要です。

長期投資の場合は、ファンダメンタル分析の勉強からすることをおすすめします。

 

 

ファンダメンタル分析に関しては、こちらの記事を参考にしてください。↓

 

ファンダメンタルを先に学ぶ理由 失敗しない長期投資

 

簡単にできるファンダメンタル分析 最低限おさえておきたい3つ

 

ソフトバンクG株・サンバイオ株 急伸と急落から学ぶファンダメンタル投資

 

 

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.