より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】高配当投資の方法 連続増配株をひたすら買う!(具体的な銘柄紹介あり)

投稿日:

 

 

配当ねらいの投資をするのであれば、米国の連続増配株への投資がおすすめです。

 

配当ねらいの長期投資は、初心者でも比較的やりやすいと思いますので、興味があれば挑戦してみてください。

 

この記事では、米国株で配当ねらいの投資をする方法を紹介します。

 

 

具体的な方法としては、以下のようになります。

①連続増配株から投資する銘柄を選ぶ

②定期的に買い増す(配当は再投資)

 

つまり、連続増配株をひたすら買い増していくだけです。

とてもシンプルな方法です。(正直、これ以上説明することがないくらいです。)

 

簡単で効率的なので私だけでなく、このような手法で投資している人は多いです。

 

それでは、解説していきます。

(具体的な銘柄紹介もしています!)

 

 

 

なぜ連続増配株なのか

 

アミ
そもそも「連続増配株」ってなんでしょう?

 

 

連続増配株とは、「連続して配当を増やしている株」のことです。

米国株には、何十年も配当を増やし続けている企業が多くあります。

 

例えば、50年以上連続して増配している株として、

・P&G

・スリーエム

・コカ・コーラ

・ジョンソン・エンド・ジョンソン

などがあります。

リーマンショックをはじめ数々の経済的危機を受けても増配しています。

 

 

配当ねらいの投資をする場合、当然ながら、できるだけ配当がたくさんもらえる株に投資をすることになります。

つまり、配当利回りの高い株です。

 

しかし、長期投資することを考えた場合、途中で配当が減ったり、なくなったりすることも考えられます。

すると、配当収入(インカムゲイン)が一気に減ってしまうため、収入が安定しません。

 

そのため、長期的に見た場合、現在の配当利回りが高いこと以上に、安定的な配当を出してくれることの方が重要だと考えたわけです。

 

では、「安定的に配当を出してくれる」株とはどれなのかと検討した結果、米国の連続増配株という結論になりました。

 

一番の理由は、その実績です。先ほど一例を出しましたが、もう何十年も増配している実績がある株が単純に信頼しやすいということです。

(繰り返しですが、100年に一度といわれる金融危機リーマンショックでも増配しているのです。)

 

それに加えて、米国では株主への配慮が非常に重視されています。「株式会社は株主のもの」という認識が確立されています。日本では、この意識はそれほど高くないかもしれませんね。

 

 

 

株を選んだら、買い増していくだけ

 

 

ということで、連続増配株の中から投資する株を選び、それを買い増していきます。

10銘柄くらいに分散投資するのが一般的なようです。初めは少なくてもいいと思います。

 

米国株は、日本株とほとんど同じように買うことができます。

初心者には、楽天証券やSBI証券がわかりやすいと思います。

 

 

配当ねらいの長期投資は基本的に、ずっと保有するつもりで買いましょう。

(たまたま、ものすごく値上がりしたら売るのも可)

 

基本的にやることはこれだけです。

 

 

株の選び方ですが、以下のことをチェックするといいです。

・割安か

・配当利回りが高いか

※連続増配株から選ぶので安定性はそこで確保

 

 

株を買い増すタイミング

・定期的(例えば「月末」など自分で決める)

・割安なタイミング(株価が下落したときなど)

※できれば割安なタイミングで買えた方がいいですね。最初は定期的で可。

 

 

 

シン
それでは、具体的にどんな銘柄があるのか見てみましょう。↓

 

 

 

連続増配株の銘柄紹介

 


 

連続増配株には、具体的にどのようなものがあるのか紹介します。

 

銘柄選びの参考にしてください。いずれも有名なものばかりです。

(2019年4月現在のデータ)

 

 

紹介するのはこちら↓

・インテル

・アップル

・アルトリア

・フィリップモリス

・ベライゾン

・マイクロソフト

・IBM

・AT&T

・エクソンモービル

・マクドナルド

・ウォルマート

・アッヴィ

・ジョンソンエンドジョンソン

・コカ・コーラ

・スリーエム

・P&G

※下に行くほど、連続増配歴が長い

 

 

インテル

 

インテルは米国の半導体メーカーの大手企業です。

 

PER・・・12.42倍

配当利回り・・・2.62%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

アップル

 

アップルは米国の巨大IT企業です。

 

PER・・・16.41倍

配当利回り・・・1.47%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

アルトリア

 

アルトリアは、大手タバコ企業です。

 

PER・・・14.05倍

配当利回り・・・5.72%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

フィリップモリス

 

フィリップ・モリスは巨大タバコ企業です。

 

PER・・・16.81倍

配当利回り・・・5.33%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

ベライゾン

 

ベライゾン・コミュニケーションズは、世界最大級の通信サービス企業です。

 

PER・・・11.62倍

配当利回り・・・4.12%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

マイクロソフト

 

マイクロソフトは、世界的なソフトウェア企業。

 

PER・・・29.55倍

配当利回り・・・1.53%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

IBM

 

IBMは米国の大手IT企業です。この分野の老舗企業でもあります。

 

PER・・・10.33倍

配当利回り・・・4.37%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

AT&T

 

AT&Tは、世界最大級の通信サービス企業です。米国でベライゾンと2強です。

 

PER・・・9.71倍

配当利回り・・・6.34%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

エクソンモービル

 

エクソンモービルは、超巨大石油会社です。

 

PER・・・16.49倍

配当利回り・・・3.95%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

マクドナルド

 

マクドナルドは世界最大の外食チェーンです。

 

PER・・・25.44倍

配当利回り・・・2.46%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

ウォルマート

 

ウォルマートは、世界最大の小売りチェーンです。

 

PER・・・20.50倍

配当利回り・・・2.10%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

アッヴィ

 

アッヴィは、米国の大手バイオ製薬会社です。

 

PER・・・11.28倍

配当利回り・・・5.23%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

ジョンソンエンドジョンソン

 

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、ヘルスケア大手の会社。

 

PER・・・20.01倍

配当利回り・・・2.66%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

コカ・コーラ

 

コカ・コーラは世界最大級のソフトドリンク企業。

 

PER・・・22.10倍

配当利回り・・・3.42%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

スリーエム

 

スリーエムは、コングロマリット大手。ポストイットなどが主力商品の企業です。

 

PER・・・21.47倍

配当利回り・・・2.68%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

P&G

 

プロクター&ギャンブルは、日用品を扱う世界最大級の会社。

 

PER・・・25.34倍

配当利回り・・・2.85%

 

株価の推移↓

出所:ヤフーファイナンス

 

 

 

シン
今回紹介するのは以上です。気になったものはありましたか?

 

 

 

まとめ

 

まとめです。

 

米国株・高配当投資の方法(長期投資)

①連続増配株から投資する銘柄を選ぶ

②定期的に買い増す(配当は再投資)

 

 

株を選ぶ基準

・割安か

・配当利回りが高いか

 

 

株を買い増すタイミング

・定期的(例えば「月末」など自分で決める)

・割安なタイミング(株価が下落したときなど)

 

 

今回紹介した連続増配株の中で、気になるものがあったら、継続的にチェックしてみるといいです。

 

参考にしてください!

 

 

 

米国株投資に関しては、こちらも参考にどうぞ↓

【米国株】コカ・コーラは優秀!バフェット銘柄のPEGレシオ!

 

米国株・ポートフォリオの組み方【具体例を示します】【初心者も必見】

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.