より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

投稿日:

 

 

個人投資家にとっては、個別銘柄を選択して投資をするよりも、インデックス投資をしていったほうがいい成果を生みやすいと言われています。

 

実際にインデックスファンドはプロが運用する投資信託よりも、多くの場合いい成績を残しています。

 

株式投資に興味はあるけれど、なかなか勉強する時間がとれないとか、銘柄分析をする時間や労力が取れないという人はたくさんいます。

 

そのような状態で無理に個別銘柄を選んで投資をしていっても、いい成果は出ないだろうと容易に想像できます。

 

株式市場はプロ同士が利益を競い合っている場であることを忘れてはいけません。

 

しかし、インデックス投資によって市場の平均点を着実に出し続けていけばプロに負けることもありません。

 

「平均点」といってもそれは「プロの平均」なので非常に優秀な成績です。

 

多くの個人投資家にとっては、着実なインデックス投資を長期で行うことが最も効果的な投資法になります。

 

しかも現在は非常に低コストのインデックスファンドが出ており、投資しやすい環境になってきました。

 

インデックスファンドであれば、設定次第で買い付けから再投資まで自動でできるのでほとんど手間もかかりません。

 

もちろんETFでの運用もありです。

 

 

「インデックス」と一口に言ってもいろいろありますが、中でも過去の実績が明確であり、広く人気のあるものとしては米国の代表的株価指数であるS&P500があります。

 

ウォーレンバフェットをはじめ、多くの著名な投資家がS&P500での運用を推奨しています。

 

それだけS&P500は安定した好成績を示してきました。

 

仮に1969年にS&P500のインデックスファンドを1万ドルを購入し、分配金も機械的に再投資して2018年まで持ち続けたとします。

 

すると当初の1万ドルは約109万ドルに増えた計算になります。

 

個人投資家が行き当たりばったりな投資をして実現できるリターンではないことは容易に理解できます。

 

ヘタな儲け話にも手を出さず、ひたすらS&P500でインデックス投資を継続した人は最終的には大きなリターンを手にしたことになります。

 

気をつけることと言えば余計なことをしないということくらいで、この間とくに手間がかかっているわけでもありません。

 

 

 

 

S&P500のインデックス投資をしたいという場合、低コストなETFやインデックスファンドを利用すれば簡単に実現することができます。

 

例えば私自身はバンガード社のVOOというETFを保有しています。

 

VOOは信託報酬が0.03%という最も低コストなETFです。

 

ETFの場合は総じて信託報酬は安いのですが、自動的な再投資ができず、配当を自分で再投資をすることになります。

 

 

一方、配当再投資も機械的にやってくれるのがインデックスファンドのメリットです。

 

低コストのものでいうと、業界最安級をめざし続けると宣言しているeMAXIS SlimシリーズのeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)などがあります。

 

さらに、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドというものが新たにできました。

 

信託報酬は0.0938%という安さになっています。

 

 

ETFやインデックスファンドを選ぶ場合は、コストや運用会社、自分の投資方針を熟慮してからにしましょう。

 

細かい点もありますが、始めにここをきちんと考えておくことで、気持ちよく投資を続けていきやすくなります。

 

もちろん、S&P500でなく、より広く米国株に投資することもできますし、アメリカ以外の国にも広く国際分散することもできますので、分散の範囲をどこまでにするのかも考えどころです。

 

とはいえ、個別株を選択して投資をすることに比べれば考えることははるかに少なく、一度決めてしまえばほとんど手間がないのがインデックス投資です。

 

しかも長期で継続投資を実行すれば着実なリターンを生んでくれるので、個人投資家の有力な選択肢となっています。

 

中途半端な投機に走るのであれば、インデックス投資をしたほうが着実にお金持ちに近づけるでしょう。

 

今回は以上です。

 

 

 

シン
こちらの記事もどうぞ↓

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

景気後退が近いと言われている中、投資を始めてもいいのか?

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者10300を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.