より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

自己投資

成果をあげる人の特徴!

更新日:

 

 

だれもが成果をあげたいと思っています。

 

しかし実際には、なかなか成果があげられない人がいる一方で、次々に成果をあげる人もいます。

 

成果をあげられる人や組織にはどんな特徴があるのでしょうか。

 

この記事では、この点に関してヒントになるドラッカーの名言を紹介します。

 

ドラッカーは多くの企業家・経営者に影響を与え続けている現代経営学の巨人です。

(こちらも参考に→ドラッカーの名言まとめ①

 

シン
ドラッカーの言葉は端的でとてもわかりやすいです。

 

名言って読んでるだけでも勉強した気になるよね。
アミ

 

シン
何かヒントを得たら実行に移そうね。

 

それでは、「成果をあげるには?」という視点で読んでみてください。

 

 

時間の管理

 

成果をあげる者は、仕事からスタートしない。

時間からスタートする。

計画からもスタートしない。

何に時間をとられているかを明らかにするところからスタートする。

次に、時間を管理すべく、時間を奪おうとする非生産的な要求を退ける。

『経営者の条件』(p46)

 

成果をあげるヒントは時間からスタートすることだと述べています。

 

より多くの実働時間が重要だということです。

 

そのために、時間を奪うものを明確にし、それを取り除いていくことです。

 

アミ
私も非生産的な飲み会に行くのはやめるわ

 

具体的な行動でいいんじゃない。
シン

 

 

集中させる

 

時間と労力と資源を集中させるほど、実際にやれる仕事の数と種類が多くなる。

『経営者の条件』(p139)

 

「集中」は成果をあげるためのキーワードだと思います。

 

ここでは時間・労力・資源の集中を述べています。

 

一点突破は成果をあげる人の特徴ですね。

 

アミ
なるほど。私はあっちこっち気が散っちゃうところがあるな。

 

時間や労力を集中させていくって発想は重要だね!
シン

 

 

強み

 

不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。

自らの強みに集中するべきである。

まったくの無能を平均以下の水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーを必要とする。

『明日を支配するもの』(p199)

 

「強み」はドラッカーが強調するもののひとつです。

 

そしてここでも「集中」という言葉が出てきています。

 

迷ったときは、自分の強みにフォーカスするのが良さそうです。

 

「なにが強みなんだろう?」と思う人は、好きなものに焦点を当てるといいです。

 

「何が好きなんだろう?」と思う人は、1日中やってても飽きないものを考えるといいです。

 

シン
「強み」もキーワードですね。

 

私は、お菓子作りなら飽きないかな。
アミ

 

 

弱みを無効化する

 

マネジメントとは、人に関わるものである。

その機能は人が共同して成果をあげることを可能とし、強みを発揮させ、弱みを無意味にすることである。

『新しい現実』(p259)

 

強みに特化した場合、個人では弱点が残ります。

 

そこで組織をつくって、チームとしてお互いの弱みを無効化するわけです。

 

組織とはそのためにあります。

 

そして、それを可能にするのが有能な経営者によるマネジメントです。

 

アミ
お互いのいい部分を出し合って弱みを消すのね。

 

言われてみれば当然な気もするけど、これができている組織はどれくらいあるかな?
シン

 

 

優れた仲間

 

鉄鋼王アンドリュー・カーネギーが自らの石碑銘に刻ませた「おのれよりも優れた者に働いてもらう方法を知る男、ここに眠る」との言葉ほど大きな自慢はない。

成果をあげるための優れた処方はない。

『経営者の条件』(p104)

 

アンドリュー・カーネギーのこの言葉も有名です。

 

今の経営者も、「自分は優れていないけど、仲間が優秀」というような発言をする人は多いです。

 

実際、優れた人を仲間にし、チームとなることで大きな力を得るのでしょう。

 

アミ
なるほど。いっぱい助けてもらえばいいのね。

 

でも簡単に言うと、そういうことだよね。
シン

 

 

優先順位

 

優先順位の決定には、いくつか重要な原則がある。

すべて分析ではなく勇気にかかわるものである。

第一に、過去ではなく未来を選ぶ。

第二に、問題ではなく機会に焦点を合わせる。

第三に、時流に乗るのではなく独自性をもつ。

第四に、無難で容易なものではなく、変革をもたらすものを選ぶ。

『経営者の条件』(p151)

 

優先順位をつけることはとても重要です。

 

時間は有限であり、すべてのことを行うことはできません。

 

そして、その優先順位を決めるための重要な4つの原則を述べています。

 

すべて「勇気にかかわるものである」と言っているところもポイントですね。

 

アミ
優先順位をきめてテキパキ動いていきたいわね。

 

そのときの選択の仕方がとても重要。僕は「変革をもたらすものを選ぶ」ってところが特に好きだな。
シン

 

 

ひとつ実行する

 

いかがでしたか?

 

なにか気づきを得られたのではないでしょうか。

 

大事なことは、具体的な行動につなげることです。

 

読んで得たものから、なにかひとつ実行しましょう。

 

今すぐ紙に書いて実行することをおすすめします!

 

 

 

ドラッカーの名言に関してはこちらも↓

ドラッカーの名言まとめ①

 

 

こちらの記事も参考に↓

不安をなくし、行動する勇気を持続させる方法!【脳にポジティブな言葉を継続的に与える】

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

 

 

 

-自己投資

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.