より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

節約してよかったものベスト3!(投資額を増やして投資効果を高める!)

投稿日:

 

 

今回は私自身が節約して良かったと思うものベスト3を紹介します。

 

投資をする上でも、節約はとても重要です。

 

長期投資は、始めてしまうと実はあまりやることがありません。

例えば、インデックス投資なら自分で立てたプランに従って、定期的に積み立てを行うだけです。

 

その間、他の銘柄を衝動買いしないようにするなど、むしろ余計なことをしないようにすることが大事だったりします。

 

ただ、もちろんやるべきことはあります。

 

なかでも大切なのが投資額を増やすことです。

毎月、より多くの金額を積み立てられた方が長期運用では有利になります。

 

そこで投資額を増やすために支出の削減(節約)が重要になります。

 

意識していないと、けっこうムダなお金を使っているものです。

 

家計のムダな部分を削っていく作業は、やってみると掃除をするような感覚で気分がいいです。

いつの間にか楽しみながらやっているということも少なくありません。

 

アミ
家計のお掃除ですね。

 

それでは、やってよかった節約ベスト3を発表します。

以下で具体的に解説していきます。

 

 

3位 食費

 

第3位は食費です。

 

以前はほぼ毎日外食をしていました。

一人暮らしで自分で自炊することはまったくありませんでした。

 

コンビニを利用することも、とても多かったです。

必然的に細かな出費が増えることになります。

 

月の食費は10万円以上は余裕でいっていました。

エンゲル係数(家計の消費支出に占める食費の割合)がとても高かったですね。

 

もともと、買い物で散財するといったことはほとんどなかったので、「食べることにはお金をかけてもいいや」という意識がありました。

その考え自体は別にいいのですが、浪費が多かったことは事実です。

 

そこで食費を削っていったのですが、自分でルールをつくり、段階的にレベルアップしていきました。

 

具体的には、まずは食費を1日2000円以内にするということから始めました。

これでも多いかもしれませんが、最初はできるだけゆるくすることが習慣化のポイントです。

 

そうして1500円、1000円と段階的に下げていきました。

 

もともと食費が多かったこともありますが、現在は月約2~3万円くらいで大幅にカットできています。

 

お金のムダを削減できるとともに、不要な間食も減らすことができました。

 

いきなり大きく減らそうとすると反動が大きく続かないと思います。

そのため、少しずつやっていくことが重要です。

まず100円削るとか、そういう小さいことからでも十分です。

段階的にレベルアップしていきましょう。

 

ただし、食事は大切なことなので、とにかく安ければいいということではないと思います。

そこはきちんとバランスをとるべきです。

 

アミ
ダイエットにもなっていいかも。「食費削減ダイエット」。

 

シン
お姉ちゃん、やれば。

 

 

2位 格安SIM

 

第2位は格安SIMです。

 

格安SIMに乗り換える前は、携帯代が月1万円程かかっていました。

現在はネット代こみで3000円強です。

 

余裕で半分以下になりました。

しかも最初の半年間は携帯代が400円でした。

 

乗り換えて通信費を大幅に削減できて、とても気分がよかったです。

もっと早く乗り換えればよかったとしか言いようがありません。

 

ちなみに、スマホの使い勝手は一切変わりません。

 

「格安SIM(格安スマホ)の乗り換え方がわからない」という人もいるかと思いますが、【 格安SIM 乗り換え方法 】とでも検索すれば、いくらでも情報が出てきます。

 

私の場合は、ざっくりと以下の手順で乗り換えました。

①乗り換え先の会社を決める。

②今使っている携帯会社に電話して「NMP番号」を発行してもらう。

③乗り換え先の会社のHPで手続きする。

④SIMカードが送られてくるので、自分のスマホに入れて完了。

 

ちなみに②で電話したときに「今、手続きすると月の途中でギガがもったいないので、もうちょっと後の方がよくないですか?」みたいなことを言われますが、そのタイミングでやってしまうのがいいと思います。

もちろん、電話じゃなくても手続きできます。

 

わからないことは、検索して調べればすべてわかります。

自分で検索する力は情報社会において必須ですのでやりましょう。

 

シン
自分で調べる力は超重要ですね。

 

アミ
私もがんばろう。

 

1位 家賃

 

第1位は家賃です。

 

家計における家賃の割合は、最も高いもののひとつです。

大体、収入の4分の1~3分の1を占めています。

 

東京で一人暮らしの家賃の平均は75000円だそうです。

つまり、年間90万円です。

 

やはり若手のサラリーマンだったら手取り年収の4分の1は超えちゃいそうですね。

 

私自身も以前75000円の部屋を借りていました。

支出を削ることをやり出してから、どうにもこの家賃が気になるようになりました。

 

しかも東京だと75000円では広々とした快適な部屋というわけでもないことが多いと思います。

 

ここを削れれば家計は大幅に改善します。

なんとかできないかと考えた結果、親戚の家に居候することにしました。

 

一軒家でとても快適に過ごさせてもらっています。

月に3万円を家に入れています。

 

食費を削減しやすくなったのもこれのおかげです。

 

家賃を改善することは真剣に考えるべきだと思います。

ムダに高い家賃は多すぎです。

 

本気で考えれば家賃を改善することはできると思います。

・より安い物件を探す

・シェアハウス

・居候

・実家

etc

 

家賃は手を入れるのにパワーがいるところかもしれませんが、その分リターンは大きいです。

 

アミ
実家ってありがたいわよね~。

 

まとめ

 

 

 

節約して良かったと思うものベスト3を発表しました。

 

1位 家賃

2位 格安SIM(格安スマホ)

3位 食費(外食・コンビニなど)

 

いずれにしても、ムダな支出を削減していくことは重要です。

ムダに食べ過ぎたり飲みすぎたりすることが不健康であるように、ムダなお金を浪費するのも健康的ではありません。

 

少しずつでも浪費を削減して投資資金に回していくことで、資産形成のスピードを高めていきましょう。

 

 

今回は以上です。

 

 

シン
こちらの記事もどうぞ↓

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

【米国株・ETF】VTIを紹介!ETFの代表的存在!楽天VTIでもおなじみ!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株】投資をした方がいい理由→毎月10万円で1800万になる。

【米国株】時間をかければ誰でも億り人になれる!?

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者00人を超えました!ありがとうございます!)

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.