より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

クレジットカードは節約になるのか。

投稿日:

 

 

節約のためにクレジットカードを使うことをすすめているのをよく目にします。

 

現金ではポイントが貯まらず、クレジットカードを使えばポイントが貯まるからというのがメインの主張であることが多いです。

 

これはまさにその通りで、クレジットカードの方がお得ということになります。

 

ただし、これは合理的な経済活動をした場合の話です。

 

1%の還元率でポイントが貯まるとすると、1万円の使用で100円分ポイントが貯まりますが、購買意欲が高まってしまい1回でもムダな買い物をしてしまえば余裕で吹き飛ぶ額です。

これでは節約になっていません。

 

人間は感情があり、100%合理的な経済活動をするわけではありません。

 

カードを持つことで、つい使いすぎてしまい逆に出費が増えてしまうこともあるのです。

むしろ、こういうことの方が多いのではないでしょうか。

 

たまたま現金が不足しているというときでも、クレジットカードを持っていれば買い物ができます。

便利な反面、お金を使いやすくなります。

 

現金でのやり取りがないため、自分の使った金額が把握できていないということもよくあります。

 

節約しようと思ったのに、それでは本末転倒です。

 

アミ
確かに便利だけど使い方には注意が必要ね。

 

シン
特にお姉ちゃんみたいな人はね。

 

節約の基本は、使うお金を減らすこと

 

そのため、節約を考える場合は基本に忠実に使うお金を少なくすることを考えないといけません。

ムダな支出を減らしていくのです。

 

そのために、自分がどのくらいお金を使っているのかきちんと把握する必要があります。

 

月の支出をすべて書き出してみましょう。

節約するには自分の支出を可視化することが効果的です。

 

もちろん、家計簿をつけることも効果的です。

今は便利な家計簿アプリもたくさんあるので、それらを利用している人も多いです。

 

いずれにしても節約の基本は、ポイントをうまく貯めたり、割引券を使ったりすることではなく、使うお金を減らすことです。

 

アミ
安くなってるからお得だ!って、つい買っちゃうことありますよね。気をつけよう。

 

シン
ポイント2倍だし!なんてことも、よくあるよね。

 

1日単位で減らせるもの

 

自分の支出を書き出して可視化したら、削れるムダな部分が見えてくると思います。

 

例えば、コンビニでお金を使いすぎているとか、光熱費が高いなどです。

 

そのうち、食費などの1日単位でいくら使ったかカウントできるものは1日単位でチェックしていきます。

 

例えば、食費を月3万円までにしたいとしたら、3万円÷30日で、1日当たり1000円を超えないようにします。

 

すると毎日チェックすることになるので、節約の意識が保たれます。

人間は3週間継続すれば、習慣化されると言われています。

 

1か月単位のチェックでは、習慣化することは難しいので、毎日チェックすることが必要です。

 

そのうちに自然とムダ使いが少なくなっていきます。

効果がとても高いので試してみてください。

 

習慣化のコツは、最初にハードルを上げ過ぎないことです。

ゆるくていいので、それを絶対に守るようにします。

 

最初の節約金額はわずかでいいので、少しずつ削っていくようにしましょう。

 

アミ
私、めっちゃゆるくしないと続かないな。

 

シン
10円削るくらいからがんばって。

 

固定費

 

固定費を削減するのも節約の基本です。

 

固定費は毎月一定額のお金を払うものです。

家賃、通信費、水道光熱費、保険料などがあります。

 

代表的な通信費であるスマホ代は格安SIMにすることで大幅に安くすることができます。

半額以下になると思うので、まだやっていない人は真っ先にやってみてもいいと思います。

 

保険料に関しても見直しを考えてみることが必要です。

本当に必要かどうか、必要だとしてももっと保険料を抑えることができないかどうか一度時間をとって検討します。

 

通信費や保険料をはじめ、固定費は一度契約してから料金プランもあやふやでそのままにしているということも少なくありません。

節約を意識し始めると、このようなあいまいな出費がとても気持ち悪くなってきて、自然と見直したり調べ直したりするモチベーションが高まってきます。

 

固定費は、一度手続きすればその後ずっと料金が改善されるので絶対に手を入れるべきところです。

 

アミ
私も格安SIMにしました。他の固定費も見直してみよっと。

 

クレジットカードで加点する

 

さて、上で見たような支出の見直しを行っていくと、自分の使った金額をきちんと把握できたり衝動買いをしなくなったりするなど、支出をコントロールする力がついていきます。

 

そうなったら、クレジットカードを使ってさらにお得にお金を扱うこともありだと思います。

 

先にも書いたように、クレジットカードはポイントが貯まるのでその分だけお得になります。

 

また、現金だとATM手数料がかかることもあると思いますが、クレジットカードだとその出費はありません。

 

使い方に注意できれば、クレジットカードは節約の味方になります。

 

 

最初はスマホ代や水道光熱費などの固定費だけクレジットカードを使用するというのもありだと思います。

 

最近は支払い方法がクレジットカード払いに限定されているサービスも増えていますね。

 

シン
「楽天経済圏」などでお得にポイントを利用している人も多いです。

 

まとめ

 

まとめです。

 

・節約の基本はお金を使わないこと。ポイントを貯めたり、割引を利用することではない。

・食費などは1日単位で制限する。

・気になる固定費はすぐに見直す。

・クレジットカードを節約の味方にする。

・クレジットカードは固定費の支払いのみ利用することも可。

 

支出をコントロールする力を身につけて、クレジットカードを節約の武器として利用しましょう。

 

 

今回は以上です。

 

 

シン
こちらの記事も参考にどうぞ↓

【節約】投資額を増やすには支出を減らす!格安SIMにしてますか?

節約してよかったものベスト3!(投資額を増やして投資効果を高める!)

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者00人を超えました!ありがとうございます!)

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.