より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

S&P500インデックス投資の割合を増やしていきたい!

投稿日:

 

 

S&P500の過去のパフォーマンスは優秀です。

 

私自身もS&P500のインデックス投資をしていますが、連続増配株を中心に個別株にも投資しています。

 

最近は、個別株の方に多く投資をしていました。

 

しかし、長期投資を前提としている限り、S&P500のリターン実績は際立っています。

(しかも簡単。)

 

ということで、しばらくはS&P500の積み立てをより意識していきたいと思っています。

 

アミ
難しいことはわからないけどS&P500ってすごいんでしょ?

 

シン
プロでも運用成績で勝つのが難しいからね。

 

 

 

個別銘柄

 

さて、先日の記事で、米国株・フィリップモリスを紹介しました。

 

(こちら→【米国株・高配当】フィリップモリスを紹介!配当利回り5%以上!

 

 

 

 

フィリップモリスは米国の大手タバコ企業です。

20世紀後半の配当を含めたリターンが最も大きかったシーゲル銘柄No1の銘柄です。

 

フィリップモリス10年チャート

フィリップモリス10年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

配当利回り約6%の高配当利回りで、連続増配は48年になります。

 

株価が高値から下がっていたこともあって、新たに投資してみました。

 

大きく下がるようなら追加で投資していきます。

 

これで米国の「連続増配銘柄」は、

・コカ・コーラ

・スリーエム

・AT&T

・ベライゾン

・アップル

・フィリップモリス

 

以上が保有銘柄となっています。

 

今後も株価の動きによって、割安なタイミングで買えるようなら買いたいと思います。

 

S&P500比率を増やしたい

 

ただ、最初にも書いたように、個別株の割合が高くなってきたので、しばらくはS&P500の積み立てを積極的にやっていこうと思います。

 

シーゲル先生を参考にして、ポートフォリオの50%程をS&P500にしてもいいと思っています。

(参考→米国株・ポートフォリオの組み方【具体例を示します】【初心者も必見】

 

 

S&P500の過去のリターンを改めてザックリと数字で確認してみると、

 

S&P500リターン

出所:Wikipedia

 

1970~2016年の間に、S&P500に25年間投資し続けると、

年平均12.22%のリターンで、一番悪い25年でも9.07%のリターンがありました。

 

15年間の保有で一度もマイナスリターンがありません。

 

ちなみに、1970年に1ドル投資していると2018年には約116ドルになっています。

100倍以上ですね。

 

アミ
すごい!

 

このように圧倒的なパフォーマンスを出してきているため、ウォーレンバフェットをはじめとして、著名な投資家もS&P500の優秀さを評価しています。

 

個別株の分析をすればするほど、S&P500の優秀さが際立ってくるようなことも多いです。

 

S&P50010年チャート

S&P50010年チャート(出所:ヤフーファイナンス)

 

素直に、この右肩上がりの成長に乗っかっていくのは長期投資の有力な選択肢です。

 

ということで、しばらくはS&P500インデックスの比率を高めていきたいと思っています。

 

今回は以上です。

 

こちらの記事も参考に↓

米国株に投資すればいい。長期投資の答えは出ている。(インデックス)

 

【S&P500】初心者も上級者もやるインデックス投資!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者3500人を超えました!ありがとうございます!)

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.