より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

米国株

インデックス投資の有効性!「優れた計画」の敵は「完璧な計画」

投稿日:

 

 

 

インデックスファンドが、長期的にはほとんどのプロの運用を上回るパフォーマンスを示すことはこれまでにも述べてきました。

 

1970年以降、米国の355本の投資信託のうち、年に1%以上市場に勝ったは10本で2.9%の割合です。(10本のうち2%以上上回れたのは二本のみ)

 

そして、この間に281本(約80%)が事業から撤退しています。

 

「枯れ草の山で針を探すな。枯れ草を買え」というように、長期にわたって市場に勝つ投資信託や銘柄を選びだそうとするよりも、コストの安いインデックスファンドで株式市場そのものに投資したほうが賢明かもしれません。

 

十分に分散されたポートフォリオは、全世界株式のインデックスファンドに投資すればそれで完成します。

(アメリカ株式全体や先進国株式全体もあり得る。)

 

 

多くの個人投資家は長期的に安定したパフォーマンスよりも、短期的に優れたリターンをもとに選択をしてしまう傾向があります。

 

直近のリターンが優れたファンドがあればそれに投資したくなるかもしれません。

 

しかし、ファンドのパフォーマンスは大抵の場合、平均に回帰することがわかっています。

 

2006~2016年におけるアクティブ運用のアメリカ株投信で検証すると、最初の5年間で優れた成績を出したファンドで次の5年間もその地位にとどまったのは約13%でした。

 

逆に最初の5年に最低リターンレベルであったファンドで、次の5年に優れたパフォーマンスを出したのが17%でした。

 

ちなみに、最初の5年に優秀なパフォーマンスを出したファンドのうち10%は、5年後には消滅していました。

 

直近のパフォーマンスで長期的なリターンが判断できるならば持続性が見られるはずですが、それはありませんでした。

 

期間をさらに5年ずらして検証してもおおよそ同じような結果が得られます。

 

つまり、投資信託のリターンには「平均回帰」の強力な力が働いていることがわかります。

 

直近で市場平均を大きく上回るパフォーマンスを出しても、長期的には平均に回帰することになります。

 

そうなると、コストの面から考えてもインデックスファンドのリターンが上回る可能性が高いと考えられます。

 

 

つまるところ、広く市場をカバーするコストの低いインデックスファンドを取得し、永遠に保有することが大多数の投資家にとっては最適の戦略になりそうだということです。

 

コストが低いことがいいということは異論の余地がないことですが、その面から見てもインデックスファンドに有利性があります。

 

特に今後株式のリターンがこれまでよりも振るわないと予測するのであれば(直近10年の米国株は調子すぎ?)、コストはより重要となります。

 

経費率、購入手数料、銘柄の回転にかかるコスト、税金などのコストがパフォーマンスに与える影響はあなどれません。

 

そして、市場平均を上回ろうと勝てるファンドや個別株を見出そうとすることは枯れ草の山から針を見出すほどの確率です。

 

だからこそ、分散、コスト最小化、方針の堅持といった基本を徹底し、S&P500や株式市場全体に連動するインデックス投資を重視することが有効かもしれません。

 

「優れた計画の最大の敵は、完璧な計画を夢見ることだ」という言葉がありますが、市場平均に勝とうと完璧な計画を夢見ると、確実に市場平均に負けないという優れた計画を犠牲にしてしまいます。

 

また、投資の世界にも流行りがありますが、「短期的なマーケティングに成功した戦略が長期的な投資戦略として最適だったためしはない。」と言われています。

 

インデックスファンドの父であるジョン・ボーグルは『インデックス投資は勝者のゲーム』の中で、

「伝統的な時価総額加重のインデックスファンドは、株式市場のリターンの公平な分け前を獲得することを保証し、さらには長期的には市場に存在する他の投資家の少なくとも90%を上回る結果をもたらすことがほぼ確実である。」と述べています。

 

改めて投資の基本を確認し、自分の投資方針を振り返る時間をとりたいですね。

 

 

今回は以上です。

 

 

こちらの記事もどうぞ↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者20400を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-米国株

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.