より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

初心者

【初心者向け】配当で不労所得を得る!

更新日:

 

 

 

今回は初心者向けに配当ねらいの投資について述べていきます。

 

この記事でわかること↓

・そもそも配当とは?

・配当を得るまでの流れ

・10万円の配当をもらうのに必要な投資額

 

 

配当がほしくて株式投資に興味を持つ人は多いです。

 

実際、高配当株投資はとても人気です。

 

しかし、配当についてきちんと理解したうえでやるべきだと思います。

 

自分が何をやっているのかわからない状態というのは投資においては禁物です。

 

後で後悔する前に、概要だけでも先に学んでおきましょう!

 

 

そもそも配当とは何か?

 

 

「配当」とは、会社が得た利益の一部を株主へ支払うものです。

 

「株主」とは、株をもっている人のことです。

 

自分自身は保有している日本株と米国株から配当をもらっています。

(現在は米国株も日本株とほとんど同じように買うことができます。)

 

 

会社の経営にはお金が必要です。

 

株式会社は、株式を発行することで必要なお金を調達します。

 

「うちの会社に投資をしてくれたら、株式を渡します。そして、うちの会社が利益を出したらそれを配分します。」というようなイメージです。

 

 

株式会社は株主のものです。

 

つまり、株を保有するということはその会社の一部を保有することになるわけです。

 

そのため、利益の一部を配当として受け取る権利があるわけです。

 

 

配当は株を所有しているだけで得ることができる不労所得と言えます。

 

例えば、配当利回り3%の株を100万円分保有していれば、それだけで年間3万円の配当を受け取ることができます。

(実際は約20%の税金が引かれた額になる)

 

不労所得を得る方法は他にもあると思いますが、株の配当はその中でも最も手間のないひとつだと思います。

 

 

配当を得るまでの流れ

 

配当を受け取るには、配当を出している企業の株を「権利付き最終日」に保有している必要があります。

 

日本の場合は年に1回か2回配当を出していることが多いです。

 

 

例えば、高配当株として有名なJT(日本たばこ産業)は、6月・12月末に配当の権利が確定します。

 

例えば、2019年で見ると期末配当の権利付き最終日は12月26日でした。

 

この日の大引けまでに買えば、配当を受け取ることができます。

(権利付き最終日の次の日が「権利落ち日」で株を売ってもいい日となります。)

 

配当の受け取り方はいくつかありますが、使っている証券会社の口座に振り込まれるようにする人が多いと思います。

(株式数比例配分方式)

 

すると、権利日から約3か月後の2020年3月下旬に証券口座にJTからの配当が振り込まれます。

 

 

「権利付き最終日」などは検索すればカレンダーなどがたくさん出ていますので、事前に確認するようにしてください。

 

 

ちなみに2020年は以下の通り↓

(月末が権利確定の場合)

 

2020年 権利付き最終日
1月29日(水)
2月26日(水)
3月27日(金)
4月27日(月)
5月27日(水)
6月26日(金)
7月29日(水)
8月27日(木)
9月28日(月)
10月28日(水)
11月26日(木)
12月28日(月)

 

 

 

10万円の配当をもらうのに必要な投資額

 

 

年間10万円の配当を受け取るにはどれくらいの投資額が必要なのでしょうか。

 

受け取る配当額は保有する株によって違いますので、利回りで考えてみましょう。

 

配当利回りの3%の株に100万円投資すると、年間3万円の配当がもらえます。

 

しかし、実際は税金が約20%(20.315%)引かれた額を受け取ることになります。

 

そのため、実際に受け取るのは約2万4000円となります。

 

よって年間10万円の配当を受け取るには、配当利回り3%の株なら約417万円の投資額が必要です。

 

配当利回りが6%なら209万円の投資額が必要となります。

 

一般的には利回りが高いほどリスクも高いと考えられます。

 

投資をする前に自分の投資方針を明確にしておかなければなりません。

 

 

長期投資家は基本的にもらった配当を再投資します。

 

もらった配当を使ってまた株を買うということです。

 

こうすることによって複利の力を使い、より早く資産を増やしやすくなります。

 

 

おわりに

 

 

配当について理解を深めることができたでしょうか。

 

配当ねらいの投資にも、当然メリット・デメリットがあります。

 

その点についてよく理解したうえで自分の投資方針を検討したほうがいいでしょう。

 

 

 

こちら参考に↓

高配当株投資のメリット・デメリット

 

 

今回は以上です。

 

 

 

以下の記事も参考に↓

【要約】『ウォール街のランダム・ウォーカー』最も読まれている投資本!

【名著】『敗者のゲーム』 初心者必読の投資本です!

『株式投資の未来』まとめ【決定版】

【eMAXIS Slim 全世界株式】国際分散投資は有効か。

【米国株】S&P500でゆっくりお金持ちをめざそう!

つみたてNISAのメリット(資産運用を始めようという人は必読!!)

【米国株・ETF】VOOを紹介!着実に金持ちになるS&P500投資!

『インデックス投資は勝者のゲーム』を紹介!【S&P500に投資して永久保有】)

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者23000を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-初心者

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.