より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

投資のコストをあなどるな!【最重要ポイントのひとつ】

更新日:

 

 

 

長期投資においてコストは最重要ポイントのひとつです。

 

投資信託においては経費率(コスト)こそが重要で、コストの低いファンドはコストの高いファンドよりも優れたパフォーマンスを示していると言われています。

 

専門家によっては、投資家は「経費率(コスト)をファンド選択の第一の基準とすべきだ」とも言っています。

 

実際に1991年~2016年の米国ファンドのデータをみると、コストが最も低いファンドは投資額が約8.5倍になりましたが、コストが最も高いファンドは約6.3倍にとどまりました。

(コストが高い順に4つのグループに分けて、コストが最も低いグループと最も高いグループを比較)

 

100万円を投資していたとしたら、850万円になるか、630万円になるかの違いなので非常に大きいですね。

 

この違いを生み出しているほとんどの要因が経費率(コスト)の違いからきているということです。

 

時間を味方につける複利の力はものすごいのですが、余計なコストがかかっているとパワーが削られてしまいます。

 

資産運用する場合は経費率(コスト)には十分注意しましょう。

 

最近はETFやインデックスファンドを利用して非常に安いコストで資産運用ができるようになっています。

 

納得のできるものを選び抜きましょう!

 

 

 

 

長期投資家は投資にかかるコストを最小化するとともに、日々流れる膨大な情報に踊らされないようにする必要があります。

 

インデックスファンドの父といわれるジョン・ボーグルは、「インデックスファンドを通じて市場全体を保有したら、あとは何もしないことである。最後までやり遂げるだけである。」と述べています。

 

長期投資はとてもシンプルな作業です。

 

今回は以上です。

 

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者19800を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.