より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

お金の学習

投資教育を子どものために!学校では教えてくれない金融リテラシー

更新日:

 

 

 生きていく上でめちゃくちゃ重要なのに、学校では教えてくれないことはたくさんあります。その筆頭に、金融リテラシーがあります。「金融リテラシー」とは、お金に関する知識や情報を正しく理解し、自ら判断する能力です。

 日本の金融リテラシーに対する教育は遅れているといわれています。どれくらい遅れているのかと確認するまでもありません。義務教育において、投資教育をはじめ、金融リテラシーに関する教育はほぼ行われていないのですから。

 情報社会となり、物理的に一番働いた人がたくさんの収入を得るという時代はとうに終わっています。金融リテラシーの格差によって、お金の格差が広がっていくでしょう。学歴の格差なんかよりも、金融リテラシーの格差がものをいいます。

 学校の勉強だけ頑張っていればいい時代はとうに終わりました。あなたやあなたの子どもは大丈夫でしょうか?

 この記事を読んでいる時点で、あなたは金融リテラシーに関する関心が高い人だと思います。自分自身と子どものためにも、真剣に考えてみませんか?

 

金融リテラシーの現状

 

 

 社会に出ると、税金や社会保険をはじめ、お金に関する制度に日本国民全員がかかわります。しかし、これらについて学校で詳しく教わった覚えはありません。多くの人が、「よくわからないまま、なんとなく」これらの制度と関わっているのが現状ではないでしょうか。

 また、物を買う(契約する)・的確にその判断をくだすといったトレーニングもしません。収入を増やす・支出を減らす・資産運用をするといったことも学びません。だから、大人になっても「投資(資産運用)ってよくわからない」「収支のバランスを考えられない」という人がたくさんいます。金融リテラシーが十分ではないと言わざるを得ません。

 繰り返しになりますが、生きていく上で必須の能力である金融リテラシーについて、学校では教わりません。最近は、わずかながら金融教育を推し進めている部分もなくはないですが、実態の改善につながるレベルではまったくありません。

 では、日本の教育制度が悪いのかというと、そのようにいうつもりもありません。公教育では人間としての基礎的な部分を伸ばします。そのために教えなければならないことは山ほどあります。その中で、金融教育を実践レベルで充実させるのは相当難しいでしょう。よほど思い切った国の施策がない限りは、公教育では金融リテラシーを十分なレベルにはぐくむことはできません。(もちろん対策は期待しますが)

 では、学校で教えてくれないからしかたがないのでしょうか?確かにもっと教えてほしいとは思いますが、教えてくれないなら自分で学ぶしかありません。子どもの教育を考えた場合に、動けるのは親だけです。親が子どもに教育するしかありません。

 このように各家庭に金融教育が託された場合、やはり金融リテラシーの格差は広がりそうです。それに伴って、お金の格差も広がっていくでしょう。

 

人生100年時代の金融リテラシー

 

 

 人生100年時代と言われています。かつてのような終身雇用の時代は終わりました。不確実性が高く、変化の激しい世の中になっています。また、退職してからも長い人生が続きます。健康に長く人生を楽しみたいですね。

 そのためにも、お金の心配はできるだけ少なくしておきたいところです。だからこそ、投資をはじめとした資産運用の能力が生きるうえで必要なのです。正直、英語学習よりも、断然こっちの方が生きる力に直結します。

 国も個人の資産運用を後押ししています。NISA(ニーサ)などの制度はすっかり有名になりました。将来、年金制度だけでは不安なのがわかっているのです。

 今の子どもたちは、少ない人数でたくさんのお年寄りを支えることになります。そして、自分が高齢者になると、より少ない若者によって自分が支えられることになるわけですが、こんな状況では心配になりますよね。

 やはり、個人の資産運用は必須です。そして、これは早く始めた人が圧倒的に有利です。

 

子どものためにも、あなたが学ぶ

 

 

 ほとんどの人がこの重要な(というか生きるうえで必須な)能力を身につけないまま、社会に飛び出していくのはある意味、非常に危なっかしいことです。勉強をとても熱心に頑張る子はいますが、金融リテラシーを高める勉強をしている子はほとんど見当たりません。

 現状では、子どもの金融リテラシーは親にかかっているといっても過言ではありません。レアケースを除き、子どもが自ら資産運用などについて勉強しだすことはないでしょう。

 そのため、まずはあなたが勉強を始めるしかありません。まず、自分自身のために金融リテラシーを身に着け、資産運用を始めましょう。そこで、あなたが得た知識や経験をあなたの子どもに伝えていくのです。それは生きた知恵です。

 日本は、家庭でお金の話をすることが極端に少ないと言われますが、その通りかもしれません。もっとふつうに話されていい話題です。少なくとも私は、税金・保険・契約の仕方・家計・投資などについて、小さいうちからもっとたくさん教えてほしかったと思っています。

 あなた自身のためにも、あなたの大切な人のためにも今から勉強を開始しましょう!そして、行動に移しましょう!

 投資の勉強方法についてはこちらの記事を参考にしてください。→株の勉強をして投資家として成功しよう! ~絶対におさえておくべき3ステップ勉強法~

 

まとめ

 

 

 まとめです。

 これから個人の資産運用は必須。そのために、金融リテラシーが必須。

 金融リテラシーは学校では教わらない。

 金融リテラシーの格差がお金の格差を広げる。

 まず、あなたが学び・実践し、子どもに伝える。

 

 日本の子どもたちの金融リテラシーが少しでも高まっていくことを期待しています。読んでいただきありがとうございました。

-お金の学習

Copyright© 自由システム , 2019 All Rights Reserved.