より良い自分を求めるすべての人のために

自由システム

株式投資

投資成績が良かった人

更新日:

 

 

 

少し前にSNSなどで話題になっていましたが、ネット証券会社のフィデリティの調査によると、投資成績が良かった人の属性は、

 

1位、亡くなっている人

2位、運用しているのを忘れている人

だったということです。

(2003年~2013年)

 

 

一生懸命に売買をした人は、運用していることすら忘れている人に負けているわけです。

 

「亡くなっている人」、「運用しているのを忘れている人」、これらの人の特徴は明白です。

 

つまり、

余計なことをしない

です。

 

 

多くの人は投資において本当に余計なことをしてしまいます。

 

余計なこととは、余計な売買です。

 

目先の高配当や優待につられて買ってしまうこともありますし、「おすすめの株」などをみると欲しくなってよくわからないまま買ってしまったりします。

 

投資においては「何を買うか」が非常に重要なので、投資理由が自分の口で説明できないものへの投資は後の負担になり、結果的にリターンを押し下げることが多いです。

 

特に個別株で投資範囲を広げ過ぎてしまうと自分のコントロールできる範囲をオーバーしてしまいます。

 

初心者の場合はこんなことも考えずにどんどん手を広げてしまう傾向があります。

 

そのように、リターンを押し下げる銘柄をポートフォリオに組み込んでいきます。

 

淡々とインデックスを積み上げた人とリターンの差が広がっていくのもわかります。

 

そして、むやみに買った株をむやみに売ることもリターンを押し下げます。

 

狼狽売りとかは典型的でわかりやすいですね。

 

インデックス投資ならずっと複利で運用していくので、基本的に途中で売ることはないです。

 

長期投資において売るということ自体があまりいいことではないとも言えます。

 

そのために売る必要のない長期保有できるインデックスに投資をしているわけです。

 

 

 

たとえ成長し続ける銘柄に投資をしていても、売ってしまうとその後の成長を取り損なうことになります。

 

一度売ってしまうと、そこでストップしてしまいます。

 

また買えばいいのですが、一度売った株をさらに高値で買うのは心理的抵抗が大きくなかなかできることではないと思います。

 

10万円で買った株を12万円で売り、その後、14万円、15万円で買い戻すのはかなり抵抗があり、実際多くの人はできないでしょう。

 

S&P500などのインデックスならずっと持っていればいいわけなので、永久保有戦略なら売りの判断が必要ではありません

 

 

売買の回数が増えると、その分だけ手数料が嵩むということもあります。

 

コストは投資成績にダイレクトに影響することであり、できるだけ抑えるのが鉄則です。

 

実際に1991年~2016年の米国ファンドのデータをみると、コストが最も低いファンドは投資額が約8.5倍になりましたが、コストが最も高いファンドは約6.3倍にとどまりました。

(コストが高い順に4つのグループに分けて、コストが最も低いグループと最も高いグループを比較)

 

100万円を投資していたとしたら、850万円になるか、630万円になるかの違いなので非常に大きいですね。

 

この違いを生み出しているほとんどの要因が経費率(コスト)の違いからきているということです。

 

時間を味方につける複利の力はものすごいのですが、余計なコストがかかっているとパワーが削られてしまいます。

 

そのため、みんな投資信託の0.1%のコストに対して神経を使っているのです。

 

 

 

以上のように余計な売買をする人とひたすら保有し続ける人のリターンの差が開いていくのはよくわかります。

 

 

そもそも短期的な売買をするとなると、少なからずプロと戦うことになることになります。

 

長期にわたって勝ち続けることはとても難しいことでしょう。

 

専業の投資家やトレーダーとしてやっていくという人は別ですが、サラリーマンが資産形成するという目的ならば適さないことの方が多いでしょう。

 

まず、サラリーマンの場合は銘柄分析や取引に使える時間がかなり限られています。

 

仕事をしながら、分析と取引を的確にこなしていくのはとても大変です。

(しかも、その状態でプロと戦うことになります。)

 

しかし、初心者ほど無謀にもこのような投資をしてしまいがちです。

 

買ったはいいが管理ができない人は実に多いことでしょう。

 

 

今回は以上です。

 

 

こちらの動画(youtube)も参考にしてください。寝ながら聞けます。
↓チャンネル登録や共有をしていただけると、動画更新の励みになります。

(チャンネル登録者3万を超えました!ありがとうございます!)

 

ツイッターでも情報発信をしているので、こちらのフォローもお願いします!

 

 

-株式投資

Copyright© 自由システム , 2020 All Rights Reserved.